中学聖日記の感想とネタバレ!第3話!【るなが、キモくてストーカー疑い?!】

中学聖日記の感想とネタバレ!第3話!【るなが、キモくてストーカー疑い?!】

前回は、怪我をした晶を聖が助ける場面でした。

聖の部屋に行った晶。

2人はどうなるのか?

中学聖日記第3話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

中学聖日記第3話の感想!

中学聖日記の第3話の感想をお送りします。

とうとうどっちつがずの恋が少しずつ動き出してきましたね。

聖が、晶を好きになっている気持ちを先輩である千鶴に告白。

でも、先輩の千鶴は、生徒と付き合ったら終わると言うのです。

晶と聖は、母の愛子が倒れたことを聞いて一緒に電車に乗るです。

そして、その電車の中で何となく二人の雰囲気がよくなり手も触れてしまいます。

「おー!とうとう距離が近づいた!やった!」と思いました。

今まで、近づくのか?離れるのか?どっちなんだ?と見ているこちらをイライラさせるばかりの二人の関係がやっと実を結んだ感じです。

でも、今回はこの二人の関係に邪魔ものが、、、、。

それが、岩崎るな

こいつは、本当に邪魔でした。

るなが、あざとすぎて見ているだけでもイライラします。

彼女の行動は、異常なものばかりです。

晶が、るなのことを好きでないと言うと、「好きでなくていいから付き合って。」と言うのです。

もう異常ですよね。

何目的なの?と思ってしまいます。

さらに、聖と晶が、一緒の電車に乗って晶を最後まで送っていったことを知り嫉妬の炎を浮かべるのです。

そして、行った行動が、告げ口でした。

さすが、中学生と言ったところですが、言った相手が悪意があるとしか思えません。

告げ口をした相手が、貧血で倒れて治ったばかりの晶の母親です。

病気が治ったばかりなのに、また変なことを聞くことで疲労でまた倒れてしまう可能性もありますよね。

岩崎るなは、相手のことを全く思いやれていない行動しかできないと思われても仕方がないですよね。

ストーカーでは?とも疑りたくなる行動です。

重要そうな役だと思いますが、このストーリーからは早くいなくなって欲しいですね。

ちょっと今回は、辛口でしたね。

それほど、このキャラクターが嫌いだと分かってもらえましたか?

中学聖日記第3話の感想でした。

スポンサーリンク

中学聖日記第3話のネタバレ!

中学聖日記第3話のネタバレポイントはこちら!

  • 晶慌てて聖の家から去る!
  • 同情?しつこい?仕方なく晶とるなが付き合う。
  • 千鶴様へまたまた相談!
  • 勝太郎は、聞こえないふりをしていた。
  • 千鶴に聖は、本当の思いを告白。
  • 勝太郎と律が、、、。

ネタバレポイントを参考にこちらをご覧ください。

晶慌てて聖の家から去る!

晶(岡田健史)は、コンビニ行くと聖の家から出ます。

数分経ち、玄関のチャイムが鳴ります。

玄関を開けると、そこには勝太郎が。

晶だと思っていた聖は驚きます。

勝太郎は、聖に会いたかったと言って家の中に入りました。

聖は晶のことを説明しますが、勝太郎はほとんど気にしていなくて聞いていませんでした。

晶は、聖(有村架純)の家の前に勝太郎がいることを知りとっさに隠れるのです

勝太郎は、聖を抱きしめます。

晶は、二人の様子を見て聖の中に入る余地がないことを知ります。

翌朝、起きると母親の愛子(夏川結衣)が「何があったの?」と聞きますが、答えようとはしません。

聖が勝太郎と一緒に部屋を出ると、ドアノブには飲み物がかかっていました。

聖は、慌てて飲み物を家に置いてくると勝太郎に言います。

翌日、聖は学校で晶を見かけます。

聖が話かけるも晶は何も言わず教室に入っていきます。

勝太郎は、マンションの前で律(吉田羊)と彼女が抱き合うのを目撃します。

勝太郎に律が、「ちょうど、今さよならしたところ。」と言います

同情?しつこい?仕方なく晶とるなが付き合う。

聖は、3泊4日の勉強合宿の話をします。

1日10時間以上勉強する合宿に生徒たちからはクレーム嵐。

晶は、勉強天国だと呼ぶのです。

また掲示板に写真がアップされます。

晶のはちまきが聖の車に結ばれてる写真です。

写真を見て、るなは、「頭に来た!」と言って晶を追いかけます。

「黒岩は私とリア充(=わたしとつきあえばいい)すればいいと思う。」と告白しました。

「俺は、岩崎のこと好きにならないと思う」と晶が言いますが、るなは「それでもいい」と言うのです。

そして、二人は付き合うことになります。

聖は、少し安心していることに気づくのです。

やっぱり何かあると千鶴へ相談!

その日の夜、千鶴(友近)がやってきます。

晶がすぐに彼女ができたことろに、「そんなにすぐ変わる?(=心変わりする?)」と言うのです。

千鶴は、「先生、好き好き好き、彼女で来たんで。じゃ!ターン早すぎ。」と言うと、聖は、「別に良いんだけど、あの時間は何だったのって、ポカンとしちゃいました。」と言うのです。

勝太郎が来た時のことを言います。

千鶴と、聖は、晶がコンビニに行き、勝太郎が来た時の再現VTRのように演技をします。

そして、千鶴は、「勝太郎が気づいていなかったんだ。」と言うのです。

晶は、「黒岩君が部屋にいた時のことですよね。」と言うと、千鶴は、「ピンポーンと勝太郎が来ちゃったよね。」と。

晶は、「しかもあたし黒岩君って。」と言うと、納得する千鶴。

千鶴の表情に、晶は、「今笑いました?どうせこの馬鹿面白いくらいに思っているんですよね。」と言うと、千鶴は、「心の声漏れていました?」と言うのです。

呆れる晶は、「でも、勝太郎さん気づいてないみたいで。」と言うのです。

「その鈍さある意味天然。でもね、結婚する相手は、鈍くて天然がいい。そうでないと、生活がピリピリしてい大変。」と言うのです。

勝太郎は、実は聞こえていた!

勝太郎は、仕事中に律に、あることを相談します。

それは、晶が、「黒岩君、、、。」と言ったことです。

その時、勝太郎は、すぐに聞こえないふりをしたのです。

原口に相談します。

教員部屋では、掲示板の書き込みで話題がいっぱい。

教頭の塩谷三千代(夏木マリ)から、質問をされます。

「あなた、やましいことは?」

「もちろんない」と答える聖。

別の日に、聖は、晶が何かを描いている姿を目にします。

近づくと、勉強合宿の用紙を描いていたのです。

そこへ、彼女のるながやってきます。

「私が、黒岩を合宿に誘ったんだ。」と言うのです。

黒岩は、実はとても理数系に強かったのです。

とても難しい問題が出された理科の問題でも94点をたたき出すほどの優秀さ。

聖は、そんな晶を高校に進学させたいと相談を今度すると言うのです。

勝太郎の自宅に行くと、律がいた、、、、。

数日後、聖が何も言わずに大阪の勝太郎のところにやってきました。

すると、律がいました。

聖が驚きます。

しかし、勝太郎は、聖に、「律が、失恋してタコパタコパと繰り返し言った。」と。

そして、律の念願のタコスパーティーが始まるのです。

いつの間にか、ビール缶は10本近く無くなります。

律は酒に酔いながらも自分の年下の彼女の恋話を話すのです。

勉強合宿で宴会!

とうとう3泊4日の勉強合宿が始まりました。

昼間はしっかり勉強。

しかし夜になると、教師たちは宴会になるのです

教頭は酔っ払い始めるのです。

みんなが迷惑に思う話を夜遅くまで語るのです。

翌朝、生徒、先生がともに、ランニングしてると、るみがうずくまって泣いていたのです。

その理由は、「ごめん、やっぱり岩崎のこと好きじゃない」と晶に言われたことでした。

るなは、「黒岩と何があったんですか?」と聞くと、「何にも。私彼氏いるから。だからそう聞かれても困るの。」と聖は言います。

勝太郎と律が近づく!

勝太郎が、落ち込んでいる律と焼肉を食べに行きます。

勝太郎は、原口に「強い女のふりをしているんですよね。」と言うのです。

るなの友達が、黒岩に突っかかります。

「黒岩が、るなを泣かせた。」

周りの友人たちが、黒岩を攻め続けます。

時間が経ち、晶が、教室で海老原という男子生徒を殴り続けるのです。

晶が殴った原因は?

騒ぎに気付いた聖と教頭がやってきます。

すぐに、騒ぎを鎮める二人。

わけを聞きますが、晶はしゃべろうとしません。

「やる気がないなら帰りなさい」と聖は晶に言うのです。

教頭も、「今とても大事な時期です。そんな大事な時期にあなたは周りを失望させることしかできない。」と言い連れていきます。

廊下に出ると、教頭から、「お母さんが倒れたそうです。すぐにお母さんのところへ行ってください。」と晶は聞かされるのです。

晶と聖は、2人バスに乗ります。

聖は、「何があったの?」と聞きます。

何も話さない黒岩。

駅に着くと、教頭から連絡があります。

海老原君が、書き込み犯だったのです。なりすましメールを送っていたのも彼だったのです。」と教頭は言います。

海老原が書き込みしているのに、黒岩君が気づいて注意したそうです。そのためこの件は、不問にしようかと思っています。」と。

教頭の言葉に、驚く聖。

でも黒岩が理由もなく人を殴ったことでないことを知って安心した様子です。

聖は、ベンチに座っている黒岩の隣に座ります。

そして、黒岩から父親からの手紙のことや母と言い争ったことを言うのです。

聖がまさか最終地点まで同行?

黒岩が電車に乗ります。

その姿に、聖は、「人のことを殴っちゃだめだよ。例え私のためでも」と言うと、晶は聖の手を握り電車の中に入れてしまうのです。

それは、ドアが閉まりそうになる瞬間でした。

聖は、電車の中に。

電車の扉はもちろん閉まってしまいます。

「夏休みに何をしているんですか?」と聞く晶に、聖は、「補習をしたりイケヤに言ったりします。」と答えます。

「じゃあ僕も行きます。」と言う晶に、「ダメです。」と答える聖。

次の駅に着きます。

どんどんお客さんが乗ってきて聖と晶の席は、とうとうくっつきます。

そして、二人の手が触れそうになります。

とうとう晶と聖の手が触れるのです。

目的の駅に着くと、上布がいて晶を母親がいる病院まで連れて行ってくれたのです。

晶が、病室につきます。

母が、目を覚まして安心する晶。

勉強合宿が終わって、るながあることを耳にします。

それは、聖が晶を最後の駅まで送っていったことを。

るなは、晶の母・愛子のところに行きます

担任の聖が、黒岩を狙っていると焦りながら言うのです。

るなが、告げ口している言葉には、必死さしか伝わりませんが。

またまた聖が、千鶴のところに向かいます。

千鶴は、聖が晶のことばかり話していることに気づきます

「もう辞めな。あんた嘘ついている。相手が、生徒だからどうこうなるとかない。」

「全部嘘ばっかじゃん。誰かを好きと言う気持ちは消せない。絶対に。」

千鶴は、聖の嘘を見抜くのです。

さらに、「本当は好きじゃないっていう気持ちもバレル。」と言う千鶴に、「これでも必死に。分かっている。」と聖は言います。

こんな私でも価値があるんじゃないかって。気づいたら私も目で追ってて。」と聖は、泣きそうになりながら言うのです。

「どうかしている。」と自分に言い聞かすように言う聖。

生徒だよ。終わるよ。聖。」と千鶴は言うのです。

一方、大阪では、勝太郎が、律に相談をしています。

「最近、聖の様子が変わっている。男かな?疑っている自分に気づかないふりをしているのです。」と勝太郎は、言います。

そして、ふいに律は、勝太郎に唇を重ねるのです。

中学聖日記第3話のネタバレでした。

第3話の登場人物!

第3話に出演するキャストたちを紹介していきます。

1人目は、末永聖(有村架純)

小星中学校3年1組の担任。

専門は、国語。

真面目な性格。

勝太郎という婚約者がいます。

でも、聖は価値があると思わせてくれる晶に、心が動いていきます。

2人目は、黒岩晶(岡田健史)

聖のクラスの中学3年生。

流行に疎く、世間知らず。

るなの言葉に騙されて、一時期付き合いますが、好きになれずに振ります。

聖と少しずつ距離が近づいていきます。

3人目は、川合勝太郎(町田啓太)

聖の婚約者で、バリバリのエリート商社マン。

片田舎に住む聖とは、婚約中。

大阪で働いていて聖とは遠距離恋愛中。

4人目は、岩崎るな(小野莉奈)

晶のことを一筋に昔から思っている。

しかし、晶が気になっているのは、聖。

そのため、聖へ対抗心をむき出しにしている。

通称・るなち。

黒岩への思いはエスカレートしどんどん酷い方向に。

ややストーカー気質があるのか?と思わせてしまう。

5人目は、黒岩愛子 45歳(夏川結衣)

晶の母でシングルマザー。

アジア雑貨輸入販売会社のやり手女社長。

会社と息子を守るためなら手段を選ばない。

放任主義で育ててきたが、中3になって反抗期に入った晶の扱いに困っている。

6人目は、原口律(吉田羊)

勝太郎の会社の先輩。

帰国子女で毒舌を口にするのが、趣味。

「意味のない飲み会には参加しない(そのヒマあったら仕事しろ)」主義。

性別関係なく人と恋に落ちる。

狙った人は、男女関係なく逃しません。

勝太郎の恋愛相談役だったのだが、、、。

気づくと、勝太郎と唇を重ねています。

7人目は、丹羽千鶴(友近)

聖の先輩で小学校教師として努めています。

公私共に聖の相談役で良き理解者。

寛大で、男にも勝る頼もしい女性。

聖が心を開ける唯一の存在。

8人目は、九重順一郎(若林時英)

晶のクラスメイトで、幼馴染。

やんちゃで、あっけらかんと明るく、人を笑わせるのが得意。

9人目は、白石淳紀(西本まりん)

るなの親友。

顔にコンプレックスがあり、いつもマスクをしている。

以上、9人。

中学聖日記第3話の登場人物でした。

【まとめ】中学聖日記感想とネタバレ!第3話!

中学聖日記第3話の感想とネタバレを紹介していきました。

聖と晶の距離が少しずつ近づいてきています。

しかし、そんな二人の邪魔をする存在が。

岩崎るなです。

まるでストーカーのように聖と晶の関係を邪魔するのです。

うーん。早くストーリーからいなくならないか?と願っています。

気になる次回は、こちら!

中学聖日記の感想とネタバレ!第4話!【「黒岩君、落ち着いて、、。」無視して晶は、2回目の、、、。】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です