下町ロケット続編のあらすじとネタバレ!第一話のキャストも紹介!

下町ロケット続編のあらすじとネタバレ!第一話のキャストも紹介!

2018年10月14日(日)から放送予定の下町ロケット。

順調だった佃の会社に不運が重なります。

この不運をどう佃が乗り越えるのか?

ここでは、下町ロケット(2期)のあらすじと第一話のネタバレについて紹介していきます。

スポンサーリンク

下町ロケット続編のあらすじ

佃航平(阿部寛)は、元宇宙科学開発機構の研究員。

しかしロケットの打ち上げは不発。

その責任をとって辞職することになります。

その後は、父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として生活していました。

ロケットの夢があきらめられない佃。

あるチャンスが巡ってきます。

それは、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」。

佃の会社が製造したバルブシステムを使用し順調な滑り出しを見せていました。

ところが、不運は突然やってきます。

スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと、帝国重工宇宙航空開発部部長の財前(吉川晃司)から告げられます。

その理由とは、帝国重工の社長が交代してしまうから。

佃はショックを隠し切れません。

佃の会社がもうすでに、ロケット製造を中心に回り始めているのです。

佃だけでなく、佃製作所で働く社員たちの目標にもなっていたからです。

さらに、不運は続きます。

大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を宣告されてしまうのです。

取引先の考えが、性能からコストに向いてしまったのです。

技術を重視してきた佃製作所にとっては、とてつもないピンチです。

そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。

父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)

トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づきます。

その気づきが、実は佃の今後の運命を左右するものになるのです。

ここまでが、下町ロケットのあらすじになります。

下町ロケット続編のネタバレ!

第一話放送後に公開します!

スポンサーリンク

下町ロケット続編の第一話キャスト紹介!

一人目は、阿部寛 (佃航平役)

開発にかける熱い思いと諦めない姿勢で社員を 引っ張り、社内外から慕われる社長。

特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けてきた町工場「佃製作所」。

しかし、佃製作所は、新たなピンチを迎えます。

このピンチをちょっとした気づきから解決を目指すのです。

二人目は、土屋太鳳 (佃利菜 役)

佃の娘。

帝国重工でロケット開発をしている。

三人目は、竹内涼真 (立花洋介 役)

佃製作所技術開発部の若手エース。

四人目は、立川談春 (殿村直弘 役)

経理部部長。

元銀行員。

あるきっかけで、佃製作所へ転職。

経理はもちろん航平の義憤による怒りを鎮める役、佃製作所にとってはなくてはならない存在。

五人目は、安田顕 (山崎光彦 役)

技術開発部部長。

航平の大学時代の後輩で、彼が最も信頼する部下。

根っからの研究者で普段は口数は少ないが、研究に関しては、自分の意見を通そうとする積極的な一面も。

六人目は、和田聰宏 (江原春樹 役)

営業第二部係長。

若手社員のリーダー的存在。

六人目は、今野浩喜 (迫田滋 役)

経理部係長。

堅実な仕事ぶりと的確な意見により、江原と並び若手社員のリーダー的存在。

航平のロケットエンジンの開発については懸念を抱く。

七人目は、中本賢 (津野薫 役)

営業第一部部長。

八人目は、谷田歩 (唐木田篤 役)

営業第二部部長。

営業第一部部長の津野とはライバル関係にある。

九人目は、朝倉あき (加納アキ 役)

佃製作所で数少ない女性エンジニアとして活躍している。

十人目は、真矢ミキ (和泉沙耶 役)

佃の元妻で、かつて佃が在籍していた宇宙科学開発機構の研究員。

十一人目は、木下ほうか (水原重治 役)

帝国重工の宇宙航空部本部長。

十二人目は、恵俊彰 (神谷修一 役)

佃製作所の命運を一身に背負って闘う敏腕弁護士。

十三人目は、池畑慎之介 (中川京一 役)

ライバル企業のイヤミな顧問弁護士。

十四人目は、倍賞美津子 (佃和枝 役)

経営者だった夫を長年支え続け、今は息子の佃と孫娘・利菜の3人で暮らしている。

十五人目は、吉川晃司 (財前道生 役)

帝国重厚宇宙航空部の部長。

十五人目は、杉良太郎 (藤間秀樹 役)

大企業・帝国重工社長。

十六人目は、尾上菊助 (伊丹 大 役)

物語の鍵を握る弁シャー企業「ギアゴースト」の社長。

島津裕と共に佃製作所のメンバーとも関わっていく。

十七人目は、坪倉由幸 (蔵田慎二 役)

役柄の詳細が分かり次第追記していきますね。

十八人目は、神田正輝 (的場俊一 役)

帝国重工の取締役。

ロケット事業反対派として、戝前たちと対立していく。

十九人目は、古館伊知郎(重田登志行役)

佃製作所のライバル社「ダイダロス」の社長。

「安さは一流、技術は二流」の理念で佃製作所・佃航平を追い詰める。

ここまでが、下町ロケットキャストになります。

【まとめ】下町ロケット続編のあらすじと第一話ネタバレとキャスト!

下町ロケットのあらすじと第一話のネタバレやキャストについて紹介していきました!

順調だった佃製作所にとって新たなるピンチが!

どうやってこのピンチを佃は乗り越えるのか?

今から楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です