【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第7話!「家賃を女に払わせようとするダメ男は誰?」

【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第7話!「家賃を女に払わせようとするダメ男は誰?」

毎回佐和子と円の言葉にスカッとするこのドラマ。

今回も佐和子と円のどんなスカッと言葉が出てくるのか?

楽しみですね。

【深夜のダメ恋図鑑】第7話の感想とネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

【深夜のダメ恋図鑑】第7話の感想!

【深夜のダメ恋図鑑】第7話の感想をお届けします。

今回のベストオブダメ男を発表します!

今回は、、、、、やっぱり諒。

今回は、肥後というダメ男がいたのですが、やっぱり安定のダメ男諒がいました。

もうこの感想記事の殿堂入りというぐらいのダメ男ですね。

今回は、佐和子と諒がとうとう同棲をします。

佐和子は、なんでこんなダメ男と同棲をするのか?全く理解できませんが、始めます。

今回は、諒が同棲をすると言い出します。

しかし、家の費用は、諒と佐和子の半分ずつで出します。

諒から同棲をしたいと言ったのに、半分に分けることがそもそもおかしい。

ところが、この諒さらに、訳の分からないことを言うのです。

「ここってよく考えたら基本佐和子の家じゃん。俺は、実家近いし一応住む家はあるわけだし。家のことを取り仕切っているのは、佐和子だし。ってことは、俺生活費の半分も出す必要ある?」

この言葉。

何度も聞いてもフリーズしてしまいます。

諒から同棲をすると言ったはずなのに、なぜか自分が生活費を出す必要があるのか?と言うのです。

まぁ~、これを聞けば誰でも「あっ。こいつ頭が悪い人間だな。」と思いますよね。

何度見ても毎回安定して人をイラつかせてくれる諒。

次回もどんなイライラをさせてくれるのか?

期待ですね。

【深夜のダメ恋図鑑】第7話の感想でした。

スポンサーリンク

【深夜のダメ恋図鑑】第7話のネタバレ!

【深夜のダメ恋図鑑】第7話のネタバレポイントは、こちら!

  • 迷惑な男
  • 芸能人基準な男
  • M男
  • やり直したい男

ネタバレポイントを参考に、こちらをご覧ください。

File29:迷惑な男

八代と千代が、デートをしています。

お互いの好きな映画を話していました。

千代は、「ローマの休日」、八代は、「MDA MAX」。

千代は、八代のことを王子様とは程遠いと思っていました。

千代は、「卒業」という映画も好きだと言うのです。

千代は、「少女漫画の王子様ばかり押し付けてごめんね。」と言うと、八代は、「俺がしたくてしている。本当に千代ちゃんのことが好きだよ。」と言うのです。

そこへ、ある男がやってきます。

本山です。

ツンデレ王子。

いきなり現れて本山は、千代の手を掴みさらってしまうのです。

その展開に、驚く八代。

千代は、「どうしたんですか?」と聞くと、本山は、「誰だよ?あの男誰だよ?」と聞きます。

千代は、「彼氏ですけど。」と答えると、本山は、千代の手を離して去って行ってしまうのです。

File30:芸能人基準な男

円は、中学の同窓会に参加します。

同級生の2人の女性と話をしているとある男性が話しかけてきます。

肥後です。

昔は、真面目な優等生の印象だったので、円は、初めて会ったときに誰だか分かりませんでした。

肥後は、会社で芸能人に似ていると言います。

その言葉に、やや面倒そうな円。

「そっか。かっこよくなったね。」と円が言うと、肥後は、「まぁ~ねぇ~。」と言うのです。

円は、肥後が苦手でした。

昔の肥後は、女子を馬鹿にしたような感じで話すからです。

そんな肥後が、変わったのか?気になる円。

そんな肥後は、同級生で子供を産んだ女子の二の腕のことを突っこみます。

肥後は、3人の女子を見てことあるごとに、「俺さぁ、早く結婚したいんだよねぇ~。」と言います。

「俺って料理できないし、子供も3人ぐらい欲しいんだよねぇ~。」と肥後は聞いてもないことを次々と話すのです。

そんな肥後をめんどく思う円。

円は、心の中で「こいつ、嫁を探しに来たのか?」と思うのです。

そんな中、女子の1人が、みんなの飲み物を気にします。

円は、ウーロン茶を頼みます。

体重が大台に乗りそうだからお酒は、控えめにとのこと。

その言葉に、肥後が質問をしてきます。

「大台って何キロ?40キロ?」と肥後が言うと、他の女子が「はっ!そんなわけないじゃん。50キロだよ。」

と答えます。

驚く肥後。

「はっ?50キロ。それってやばくねぇ?古賀って着やせするタイプ?50キロってデブじゃん!」

肥後の言葉に、他の女子が、円は、身長があるから普通だよと言います。

他の女子も、50キロあると言うと、肥後は、「騙された。そろいもそろってデブかよ。」と言うのです。

他の女子が、標準体重を知らないの?と聞くと、肥後は、「アリアナグランデは、40キロって聞いたぜ!」と言うのです。

「アリアナグランデ?」と円がつぶやきます。

もう、面倒になってきたのでしょうね。

ここで、円の怒り玉が爆発します。

「ねぇねぇ、肥後君って身長いくつ?170㎝ちょいぐらい?」と円が聞くと、肥後は、「そうだよ。」と答えます。

「えっ!うっそ~。もこみちは、190㎝で8頭身。なんで肥後君は、170㎝で5.5頭身しかないの?」

「8頭身のもこみちが料理できるのに、5.5頭身の肥後君は、どうして料理ができないの?」

円の言葉に、肥後は、「何を無茶苦茶なことを言っているの?」と言うと、円は、「お前が言っているのは、そういうことだよ。」と目で威嚇しながら言います。

「つーか、体重40キロでお前が欲しがっている子供を産むのは、大変なことなんだぞ。」

「つーか体重40キロ以下をキープして子供を3人も作って子育て丸投げして、それでも仕事を続けて俺の飯も作れって言ってんの?お前との結婚って地獄かよ。」

円の言葉に圧倒される肥後。

あっという間にいなくなるのです。

File31:M男

別の同級生から連絡があった円。

男は、幹事から円の連絡先を聞いたのです。

円との昔話を語りだします。

男の名は、坂本。

その時、杖で歩いているおばあさんに、男2人がぶつかります。

男2人は、何事もなかったかのように走っていくのです。

円は、おばあさんのところに行き「大丈夫ですか?」と聞き対応します。

そして、ぶつかった2人の男を注意します。

その様子を見た坂本は、円が凄いと言うのです。

坂本は、そんな円が好きだと言うのです。

そして、坂本は、円にお願いがあると言います。

「おれに、メンチを切ってくれない?」

その言葉に、円は、「はい?」と言います。

男は、具体例を出します。

「例えばね。この豚野郎って感じで。言ってくれへん?」

さらに、驚く円。

円は、「この豚野郎が。」と優しく言います。

すると、坂本は、「違う違う。もっとこうメンチを切って、見下したような目で言ってほしいな。」とリクエストするのです。

円が、「この豚野郎が。」と言うと、坂本は、「もっと強く。」と。

円は、もう一度「この豚野郎が。」と言うと、坂本は、「もっと強く。」と。

同じやり取りをすること4回目。

とうとう坂本を刺激する豚野郎が出るのです。

円は、「ただのどMかい!」と心の中で突っ込むのです。

File32:やり直したい男

佐和子が歩いていると、そこへ諒がマンション前にいました。

佐和子に謝る諒。

鍵を渡す諒。

新しいマンションを契約してきたとのこと。

諒は、佐和子と結婚を前提とした同棲をしたいと言うのです。

「結婚?」と佐和子が言います。

佐和子は、「諒君。なんでそんなものがお詫びになると思ったの?なんで俺との結婚がまるでご褒美のように思っているの?」と聞きます。

疑問に思う佐和子。

諒を置いて自宅に戻っていってしまいます。

でも、佐和子は、仲直りをして2人で住む広い部屋に住むことになるのです。

諒は、生活費について相談をします。

家賃は、折半。

2人の新生活が始まります。

諒は、夕飯にケチをつけます。

毎日鶏肉が出ていることにうんざりの諒。

ステーキが食べたいと言うのです。

「じゃあお金頂戴。」と言うと、諒は、「生活費の中からやりくりするのが、主婦の役割だろ。」と言うのです。

佐和子は、「諒君がお菓子を買いすぎなければ、ステーキ食べれたのになぁ~。」と言います。

その言葉に、諒は「何だよ。嫌み?好きなものも買えないのかよ。」と言うのです。

翌日、佐和子は、お掃除ロボットを買いたいと言います。

諒は、「それ本当に必要?牛肉買う金ないのに、そんなものを買う金はあるんだね。」と言うのです。

佐和子は、「部屋が広くなった分、掃除するのが大変なんだよ。」と言うと、諒は、「なんだよ。自分が楽したいだけじゃん。だったら自分の金で買えよ。」と言うのです。

諒は、「ここってよく考えたら基本佐和子の家じゃん。俺は、実家近いし一応住む家はあるわけだし。家のことを取り仕切っているのは、佐和子だし。ってことは、俺生活費の半分も出す必要ある?」と言うのです。

その言葉に、佐和子は、「はっ?」と言うのです。

やばいやばい。

また佐和子が戦闘モードに。

「飯食うから多少は生活費払うけど、家賃払う必要ある?」と諒は聞くのです。

はい、もちろん佐和子爆発します!

「なぁ。家賃は払わないなら払わないでいいけど。だったら家の名義を私にするよ。」と言うと、諒は「はっ?そこは男の俺を立てろよ。」と言います。

「俺を立てろねぇ~。そっかぁ~、諒君は私が立ててあげないと自分で立てないんでちゅねぇ~。つまり自立してないってことでちゅか?おむつのとれていない赤ちゃんなんでちゅねぇ~。」と佐和子が言います。

「なんだよ、お前バカにしてんのかよ。」と諒が言うと、スイッチが入った佐和子が、「そうだよ。お前が、あまりにもバカだからだよ。あのね、昔の人が男の人を立てたのは、男は表で働き、女は家を守るっていう役割意識があったからだよ。」と言い始めます。

さらに、「昔の男みたいに家のことはなにもしないで、ふんぞり返って当然のように女に全部やってもらって。でも女に働いてもらって家にお金を入れるのは、当たり前?自分の役割も純分果たせない癖に。」

「それなのに、男の俺を立てろとプライドを守れ?都合よくいいとこどりしてんじゃねぇ~よ。男を立てろって言うんだったらそれだけの甲斐性を見せろよ。」

おびえる諒。

【深夜のダメ恋図鑑】第7話のネタバレでした。

第7話の登場人物!

第7話の登場人物を紹介します。

1人目は、古賀 円(こが まどか)(馬場ふみか)

見た目は、彼氏何人もいそうな女子。

しかし、男性恋愛経験が全くないのです。

中学生までは優等生で高校ではじけた元ヤン。

会社での仕事は、受付嬢。

今回は、壁ドンで相手を威嚇します!笑!

2人目は、千鳥 佐和子(ちどり さわこ)(佐野ひなこ)

今の彼は、諒。

多才な才能を持ちながらも、マザコン癖あり。

空気も読めない仕事ができないダメダメな彼氏。

どうして同棲をしているの?

佐和子が毎回諒に言う、言葉が痛烈で面白い!

3人目は、福間 千代(ふくま ちよ)(久松郁実)

千代の理想は、少女漫画の登場人物である王子様。

今の彼氏の八代が、王子になろうと頑張りますがどうしても王子様の部分が見いだせないのです。

4人目は、国分 諒(こくぶ りょう)(瀬戸利樹)

佐和子の彼氏。

マザコンで空気も読めず、仕事もできない。

佐和子の家に住み着いているのに、家賃や食費も入れない。

ダメ男。

佐和子に毎回言葉のシャワーを浴びせられるのです。

5人目は、八代 智司(やつしろ さとし)(清原翔)

千代の彼氏。

千代のために王子様になろうと頑張ります。

千代からある疑惑をもたれてしまうのです。

以上、5人。

第7話の登場人物でした。

まとめ【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第7話!

【深夜のダメ恋図鑑】第7話の感想とネタバレを紹介しました。

今回もベストオブダメ男は、諒。

自分で同棲を始めようと言ったのに、「俺生活費の半分出す必要がある?」と聞いてしまう。

こんな男がいたらまずもって結婚は100%無理。

こんなダメ男の諒が、今回もベストオブダメ男へ!

次回は、どんなダメな諒が見れるのか?

楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です