【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第5話!「諒が、2度もノックアウト!?」

【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第5話!「諒が、2度もノックアウト!?」

佐和子と円のスッキリ!する言葉が印象的な深夜のダメ恋図鑑。

今回は、どんな男に佐和子や円が、言葉を告げるのか?

【深夜のダメ恋図鑑】第5話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

【深夜のダメ恋図鑑】第5話の感想!

【深夜のダメ恋図鑑】第5話の感想をお送ります。

今回も中々のダメ男がいましたね。

その中でも、一番のだめ男。

それが、「しない男」です。

今回もダメな男の諒。

佐和子の彼氏です。

毎回かなりのダメっぷりを発揮します。

今回は何がだめかって、自分ができもしないようなことで、良いところを見せようとしたことです。

諒は、仕事でご飯が作れない佐和子に、ご飯を代わりに作ろうとしたのです。

この思いは、良かったのですが、いざ料理を作るとなると、「物がどこにあるか分からない。」「俺には、こだわりがある。」「料理を焦がしてダメにする。」を出してしまうのです。

しかも、いざ上手くいかないと、「じゃあ、佐和子が料理やればいいじゃんかよ。」と文句を言うのです。

諒がやってしまったことは、「やらなくて良いと言った料理→勝手にやる→こだわりある→物の位置が分からない。→料理を焦がして失敗する→勝手にキレる。」です。

まさに、子供の男

正直同じ男として見ても、こんなやつ嫌ですね。

どうしてこんな奴と佐和子は、付き合っているのだろう?と思わせてしまうほどの男です。

次回もこんなダメ男が、佐和子に何を言って怒らせるのか?

楽しみですね。

【深夜のダメ恋図鑑】第5話の感想でした。

スポンサーリンク

【深夜のダメ恋図鑑】第5話のネタバレ!

【深夜のダメ恋図鑑】第5話のネタバレポイントは、こちら!

  • 残念な男
  • 残念な男2
  • ナルシストな男
  • オタクな男
  • しない男

ネタバレポイントを参考に、こちらをご覧ください。

File19:残念な男

友達の誘いで行った独身を集めた飲み会。

円も参加したのです。

話も盛り上がり「そろそろ締めにしよう!」と言います。

「お茶漬け」

「焼きうどん」

この言葉を聞いて、眼鏡をかけた坊ちゃん頭のデブが、「女子の皆さん、この期に及んで炭水化物かよ~。太っちゃうよ~。」と言うのです。

この男の言葉を受けてその場にいる女子全員が、「お前に言われたくないよ!」と思っているはず

さらに、眼鏡デブは言います。

女ってあんがい炭水化物好きだよな。男が言うぽっちゃり好きを真にウケちゃってんじゃないの!俺はスレンダー美女が好きなんだよね〜!

目を見開きながら全員に向かって言うデブ

この時の円は、、、、。

あっ。やっぱり切れ始めている、、、。

目がすわってきている。

見ていて怖くなっています。

そんな円の様子にも気づかず、さらにデブが、デブ論を語ります。

君たち大丈夫。ちゃんとしてる?あと、巨乳とデブを勘違いしちゃいけないよ〜!

この言葉を言い終わったデブに、円が一言。

うっせぇ~、デブ。

円の言葉に、驚くデブ。

円が冷静に言います。

1つ聞いていい?」

「女は程度脂肪を溜めやすい体してるけどさ、あんた女でもないのにどうしてそんなに脂肪蓄えているの?」

「別に太目の男が悪いって言ってるんじゃないよ。ずいぶんと自分のこと棚に上げて話してるからさぁ~。そういう自分は、どうしてそんなに脂肪をため込んでいるのか?マジで、疑問なんだけど!」

さらに、ヒートアップした円は、デブのネクタイをつかみながら「つーか、お前と一緒に牛丼もパスタも食べることねぇ~から!安心してね!」と。

言い終わると、円は「すいませーん!石焼ビビンパくださーい!」と言うのです。

円は、石焼ビビンバや焼きそば、お茶漬けを黙々と食べ始めてすぐに完食!

「ご馳走様でした。」と言うと、「おぉ〜」と、男達から歓声が上がるのです

File20:残念な男2

佐和子と諒は、ラーメン屋にいました。

ラーメンが届いてすぐに食べ始める2人。

あっという間に完食。

すると、諒が「はっ?全部食ったの?俺の分、ないじゃん。なんだよ。佐和子が食べるなら特盛頼んだのに!」と文句を言い始めます。

さらに、諒は、佐和子を怒らせることを言い始めるのです。

っていうか、よく全部食ったね。汁まで飲んだ女初めて見たわ。

つーかさぁ、なんで同じの頼むわけ?俺が塩ラーメン頼んだんだから別のを頼めよ。ったく、気が利かねえなあ。」

はい。

いつものように佐和子切れます。

持っていたグラスを机に勢いよく置いて静かに言い始めます

あのさあ、100歩譲って諒君が全額おごってくれているならその言い分分からないわけでもないわ。だけど、いつも完全に割り勘だよね?自分の分自分のお金で払って食べてんのに、なんでそこまでいちゃもんつけられないといけない分け?

怒りで和佐子、箸を折ります。

ヤバイ、と気づいた諒が、慌ててなだめます

しかし、時すでに遅し。

佐和子が最後の一言を。

食べる前に人のものを頼りにしている浅ましい人に、スープ完食しただけで浅ましい女にされてびっくりだわ。どっちが浅ましいか、誰かに聞いてみようか?

諒は、ノックアウト寸前でした。

File21:ナルシストな男

大学時代の元カレは、王子様だったと千代は思っています。

かっこよくて、いつもきらきらしていて。

そんな男が、「良かった?」と聞いてきます。

仕方なく「うん。」と答える千代。

「かわいいなぁ~、千代は。良かっただろ?」と頭をなでながら聞いてきます。

また仕方なく「うん。」と答える千代。

千代は、正直よく分からなかったのです。

数日後、

肩が凝っている千代。

その様子を見て、「マッサージしてやるよ。」と言う元カレ。

遠慮する千代に、「俺のゴッドフィンガーに任せろ!」というのです。

彼の優しさに、感謝をするのです。

しかし、マッサージをし始めると、「そこじゃない。」「対したことない。」感じがするのです。

彼のすべてが、独りよがりでした。

File22:オタクな男

円が会社のロビーで働いていると、

電車の着メロを発信音にしている男性がいました。

円が、お茶を渡しに行きます。

「さっきの着メロ、御茶ノ水駅の音ですよね。」と円が言うと、「よく分かりましたね。」と嬉しそうに言う男。

「学生の時中央線で通学していたので。懐かしくて。」と円が言うと、「女の人に、駅名まで言われたの初めてです。」と眼鏡男が言います。

円が去ろうとします。

すると、男は、「あの。今度、お茶でもどうですか?」と言われます

「はい。」と答える円。

そしてデートに行くと、「古賀さんは、お詳しいのですか?」と円は聞かれると、「そうでもないですけど、学生時代青春18切符を使ったりはしてました!」と言います。

その返答に、立ち上がって驚く男性。

すると、男性は得意分野の電車を緊張しながらもどんどん語りだします

「凄いなぁ。僕、こんなに気の合う女性は初めてです。また誘ってもいいですか?」と円は言われます。

感じが良い男性で円は、嫌な気分ではありませんでした。

1週間後。

同じ男性とデートをする円。

古賀さんって、下の名前はなんて言うんですか?」と男性が聞くと、「円です。わたし的にはちょっと微妙なんですよね。」と円が答えます

すると男性は立ち上がり、「何言ってるんですか。円って、山手線みたいじゃないですか。」と言うのです。

その言葉に驚く円。

「僕はあなたの名前を呼ぶたびに、山手線を思い出して嬉しくなると思います。だから、自信を持ってください!」と男性が言います。

「そう、ですかぁ。」と苦笑いでうなずく円。

僕、普段ついつい時間を山手線に見立ててしまう癖があるんです。」と男性がうれしく言う男性。

なんじゃ、そりゃ!」と円が心で言うのです。

そして、先日付き合って欲しいと言われた円。

佐和子が、「その人とできるの?」と聞かれます。

電車に例えて行動する男を想像するだけで、、。

「ごめんなさい。いい人だけど無理。」

円の本音が出ました。

File23:しない男

自宅に諒が帰って来ます。

佐和子が「諒君ごめん、ご飯作る余裕がないからしばらく実家でご飯食べて来て。仕事が忙しくて。週末も自宅で仕事するし。」と言います。

諒は、「じゃあ俺が飯作ってやるよ。家のことは気にしないで。!」と言うと、思わず佐和子は、「はっ?」と聞き返します。

「気にせず仕事に集中しろよ!」と諒が言うと、「ありがとう。じゃあ、私悪いけど仕事するね。」と。

エプロンをした諒は、「今こそ汚名返上の時だ!」と気合を入れるのです。

「土鍋~、土鍋。佐和子土鍋どこ〜?」とすぐに聞き始める諒。

「土鍋?何に使うの?」と聞くと、「飯炊くんだよ。白飯。」と諒は言います。

「炊飯器あるけど。」と佐和子が言うと、「何言ってんだよ。炊飯器より土鍋で炊いた方が上手いに決まってんだろ!知らねぇ~の?」とからかう諒。

キレそうになる佐和子

土鍋を諒に差し出す佐和子。

何かを気合を入れながら言う諒。

佐和子は無視して仕事に打ち込みます。

「ちん、じゃお、ろーす。ちん、じゃお、ろーす。」と言いながら野菜を洗う諒。

「佐和子。なんかこの砂糖腐ってない?!」と慌ててくる諒。

大丈夫と言う佐和子。

諒は、理解します。

そして携帯で調べていくと、次は片栗粉が必要だそうです。

今度は「片栗粉どれ?」と聞くと、「片栗粉切らしてるから。でも小麦粉で代用できるから。」と佐和子が言うと、「俺、レシピ通り作りたいんだよね。そうだ、佐和子。小麦粉買って来てよ。」と諒が言います

鍋を振り始めた諒。

しかし、肉をすぐに焦がしてしまいます。

慌てた諒は、すぐに「佐和子~、ちょっと来て。」と言うと、「今、手が離せないんだけど。」と良いますが、しつこく言う諒。

料理は、失敗。

鉄鍋を諒が洗おうとします。

それを、佐和子は必死に防ぎます。

「鉄鍋は洗剤で洗っちゃダメなの!」と佐和子が言うと、諒は、「もういいよ佐和子がご飯作ればいいだろ!」と怒るのです。

とうとう切れる佐和子。

ちょっと待った。ご飯作ろうとしてくれたことはありがとう。でもさ、私忙しいって言ったよね?別に協力しろなんて言わねえよ。でも私の仕事の邪魔だけはするんじゃねえ!」

また心が折れる諒なのでした。

【深夜のダメ恋図鑑】第5話のネタバレでした。

第5話の登場人物!

第5話の登場人物を紹介します。

1人目は、古賀 円(こが まどか)(馬場ふみか)

見た目は、彼氏何人もいそうな女子。

しかし、男性恋愛経験が全くないのです。

中学生までは優等生で高校ではじけた元ヤン。

会社での仕事は、受付嬢。

今回は、眼鏡デブに一撃を食らわせます。

2人目は、千鳥 佐和子(ちどり さわこ)(佐野ひなこ)

今の彼は、諒。

多才な才能を持ちながらも、マザコン癖あり。

空気も読めない仕事ができないダメダメな彼氏。

どうして同棲をしているの?

佐和子が毎回諒に言う、言葉が痛烈で面白い!

3人目は、福間 千代(ふくま ちよ)(久松郁実)

千代の理想は、少女漫画の登場人物である王子様。

今の彼氏の八代が、王子になろうと頑張りますがどうしても王子様の部分が見いだせないのです。

4人目は、国分 諒(こくぶ りょう)(瀬戸利樹)

佐和子の彼氏。

マザコンで空気も読めず、仕事もできない。

佐和子の家に住み着いているのに、家賃や食費も入れない。

ダメ男。

佐和子に毎回言葉のシャワーを浴びせられるのです。

5人目は、八代 智司(やつしろ さとし)(清原翔)

千代の彼氏。

千代のために王子様になろうと頑張ります。

今回は、乗馬を始めたと千代に言うのです。

今回は、影が薄い。

以上、5人。

第5話の登場人物でした。

まとめ【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第5話!

【深夜のダメ恋図鑑】第5話の感想とネタバレを紹介していきました。

今回もダメ男多かったですね。

そんなダメ男に、円と佐和子の言葉が強烈で、気持ちいいですね!

次回もどんなダメ男が出てくるのか?

楽しみですね!

【深夜のダメ恋図鑑】感想とネタバレ!第6話!「今回も諒がダメ男!NO1!」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です