まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第11話!【咲姉ちゃんが息を引き取る。保科には、とうとう春が!?】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第11話!【咲姉ちゃんが息を引き取る。保科には、とうとう春が!?】

前回は、咲姉ちゃんの病気が悪化したと知らせを受けます。

実は、咲姉ちゃんはいつ何が起きても可笑しくない状況だったのです。

咲姉ちゃんの病状を心配する家族たち。

ここでは、まんぷく朝ドラ第11話の感想とネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第11話ネタバレ!

今回のまんぷく第11話のネタバレポイントは、こちら!

  • 咲姉ちゃんの病気が悪いのを聞いた鈴の反応は?
  • ラーメン屋で世良が萬平に話したこととは?
  • 保科についに、、、この時が!?
  • 咲姉ちゃんの最後の一言、、、

ネタバレを参考にしてここから先をご覧ください。

病室で目が覚める咲。

目覚めた咲に対して「本当のことを話したよ。(=実は、病状が悪いこと)」と真一が言います。

福子と克子は、絶対元気になると咲を励まします。

自宅に、福子とが克子が戻ってくると鈴が出迎えます。

「咲は大丈夫やった?何ともないでしょ?」と鈴は二人に聞きます。

克子は、「本当のことを言うわ。」と

鈴は、咲姉ちゃんがいつ何が起きてもおかしくないと聞かされるのです。

現実を受け入れられない鈴

「そんなの嘘」と言い、取り乱します

克子は、家に戻り忠彦にも伝えるのです。

その夜、福子は、布団の上で夜も眠れず泣いています。

福子だけでなく、家族みんなが悲しみに打ちひしがれています。

家族みんなが咲姉ちゃんが治ることを信じています。

翌日萬平は、加地谷から新製品を作るように言われます。

出かける加地谷。

萬平は、社員から加地谷は、遠藤社長と会っていると聞かされます。

遠藤社長は、誰なのか?は萬平も知りません。

そんな時、萬平のもとに、世良から電話がかかってきます。

待ち合わせのラーメン屋に行く萬平と世良。

世良は、「金属を横流ししている悪い輩がいる」と萬平は聞きかされます。

萬平は、「誰がそんなことをしているのか?」と聞きます。

世良は、「悪い考えをする奴らいるのだ」と答えます。

一方、福子は仕事の休憩中。

保科と咲姉ちゃんのことについて話しています。

「咲姉ちゃんが、早く良くなるといいね。そうすれば、萬平さんとも会えるし。」と。

保科には、咲姉ちゃんがもう長くないことを福子は話していません。

保科を心配させたくない。

そんな思いから本当のことを保科には言えません。

そんな思いを知らずに、休憩が終わり保科は、廊下を歩いてどこかに向かっています。

すると、野呂が話しかけてきます

野呂は、「缶詰をあげます」と。

そして野呂は、「もう同じ過ちはしない。気持ちは言葉にせないと伝わらない。」と言うのです。

保科が、「何のこと?」と聞くと、野呂は、「保科さんのことが好きや!」と言われるのです。

野呂は、その一言だけ言い去っていきます。

フロントで保科が、野呂のことを考えていると目の前に牧善之助が現れるのです。

善之介は、「あなたを一目を見て運命を感じたのです。私はあなたを好きになってしまいました。」と衝撃の告白をするのです。

一度に二人の男性から告白された保科。

しかも保科は、男性経験がありません。

どうする?保科?

一方、福子は、病院にお見舞いに行きます。

病室に行くと、鈴もいました。

咲姉ちゃんの様子はというと、咳もなく笑顔を見せていました。

福子は、「ほんまに大丈夫なんか?」と聞きます。

その言葉に、笑顔を答える咲。

その夜、自宅で鈴は、「私毎日病院に行くわ。私が一緒に入れば咲は元気になる。」と言うのです。

福子は、「そうね。」と言うのです。

二人でご飯を食べていると、電報が届きます。

真一からでした。

そこには、「サキキトク。(=咲、危篤)」と書かれていたのです。

福子と鈴が、駆けつけると咲姉ちゃんは、酸素のマスクをつけていました。

しかも声をかけても意識がありません。

克子、真一、忠彦、もいました。

その様子を見て、福子は「嘘や。」鈴は、「目を開けなさい、咲。」と言うのです。

その言葉に、咲は目を覚まします。マスクをはずして「ごめんなさい。」と言い申し訳なさそうに目から涙をゆっくりと流すのです。

咲は、最後の力を振り絞ってみんなに「ごめんさない」と謝ります。

その言葉を最後に、息を引き取ります。

担当していた医師が、臨終の確認をします。

医師の言葉に、真一、福子、鈴、克子、忠彦が咲の手をつかみながら泣き崩れてしまいます。

翌週、福子が萬平の会社に現れるのです。

福子が現れたことに思わず笑顔になる萬平。

しかし、福子の様子はいつもと違います。

福子から、咲姉ちゃんが亡くなったことを聞かされるのです。

さらに、福子は、咲姉ちゃんに病院を紹介してくれたことのお礼を言います。

福子の言葉に、呆然とする萬平。

萬平は、言葉が見つかりません。

福子は、萬平のもとを去ります。泣きながら、、、、

ここまでが、まんぷく第11話のネタバレでした。

第11話の登場人物!

まんぷくの第11話に登場するキャスト達を紹介していきます。

一人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

大阪東洋ホテルのフロント係。英語がとてもうまい。

萬平とは、咲姉ちゃんが元気になるまで会えなく寂しいのです。

二人目は、立花萬平(長谷川博己)。

両親がおらず、親戚に身を寄せて子供時代を過ごす。25歳で会社を経営。

会社はうまくいっているが、共同経営者の加地谷とは、上手くいっていない。

軍の新しい武器を作るように加地谷に言われますが、萬平は嫌がっているのです。

福子とは、咲姉ちゃんが元気になるまで会えません。

3人目は、今井鈴。(松坂慶子)。

咲・克子・福子の母。

感情の起伏が激しく、気位が高い。

武士の娘であることを誇りに思っています。

どんな時も気丈に振舞おうとしますが、心は打たれ弱い。

咲姉ちゃんの病状を心配し毎日病院に通い詰めるのです。

4人目は、今井咲(内田有紀)。

福子と克子の姉。

結核を患って病院に入院中。

2,3日が峠になってきているほど病気が悪い。

家族に心配をかけないようにするほど他人に優しい性格。

5人目は、香田克子(松下奈緒)。

福子の姉。画家の忠彦(要潤)の妻。

いつも明るく頼りがいがあります。

6人目は、香田忠彦(要潤)。

克子の夫。

画家で穏やかな性格だが、芸術へのこだわりは強い。

「商売用の絵は描かない」と心に決めている

やさしさがあり、入院している咲姉ちゃんのために、桜の絵を描いたのです。

7人目は、小野塚真一(大谷亮平)。

今井家の長女・咲の婚約者。

口数少なく落ち着いた性格。

咲の病状が悪いことを知っていながらも気丈に咲を看病する。

8人目は、保科恵(橋本マナミ)。

福子が働くホテルの先輩でフロント係。

福子が悩んでいる時は、いつも相談にのる。

恋愛は、未経験。

しかし、同時に二人の男性(野呂、牧)から告白を受けるのです。

9人目は、野呂幸吉(藤山扇治郎)。

福子が働くホテルのちゅう房で働く料理人。

福子が働いてから毎日毎日缶詰を渡しにくる。

缶詰を渡しているのは、福子への恋心と思っていたが実は違う。

今は、保科を狙っている。保科にとうとう告白。

不器用な性格で愛情表現は苦手だが、思いやりのある青年。

10人目は、加地谷圭介(片岡愛之助)。

陸軍に知り合いがいる謎の人物。

萬平と一緒に共同経営をします。

萬平に軍が喜ぶような武器を作れと命令します。

最近は、遠藤社長という謎の人物と密会をしています。

11人目は、世良勝夫(桐谷健太)。

世良は、萬平の作った商品を販売したいと思って近づいてきます。

でも、実はとても萬平のことを気にしていて福子とのことの相談も乗るのです。

12人目は、牧善之介(浜野謙太)

咲姉ちゃんに告白して振られた馬に乗った歯医者。

振られてからは前に進めずにいたのですが、保科に一目ぼれ。

野呂と同じ日に、保科に告白をするのです。

以上12人。

まんぷく11話に登場した人たちでした。

まんぷく朝ドラ第11話感想!

咲姉ちゃんが、とうとう息を引き取ってしまいましたね。

あれだけみんなを支えていた咲姉ちゃんが、いなくなってしまったのです。

残された家族たちが、今後どうやってこの悲しみを乗り越えていくのか?

特に鈴は、武士の娘だからと、気丈に振舞っていますが、実はとても打たれ弱いです。

だからこの悲しみを乗り越えることができそうに思えません。

そして、萬平と福子の関係は?

萬平と福子が、会うのは、咲姉ちゃんが元気になったら!でした。

しかし、咲姉ちゃんが元気にはならずに亡くなってしまったのです。

二人が会う条件が無くなってしまった今。

この先二人は、会うことがあるのか?

今の状況では難しそうですね。

もし会うとしたら、萬平から会いに行くことになりそうです。

福子は、鈴を心配させたくない思いが強そうです。

鈴は、咲のことでおそらくとても参っています。

その上、娘の福子が発明家なんかとデートをすればさらに、参ってしまいます。

だから会うとしたら、萬平から強引に何か理由をつけて会いに行くしかないのです。

この先の二人の展開が気になりますね。

そして、もう一人気にあるのが、保科。

とうとう保科に告白する人が現れました。

しかも、二人も。

野呂と牧善之助です。

保科は恋愛経験がない。

そんな保科が、どちらの男性を選ぶのか?

また、告白された保科がどう悩んでいくのか?

次の回も気になりすね!

以上、まんぷく朝ドラ第11話の感想でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ第11話の感想とネタバレ!

まんぷく朝ドラ第11話の感想とネタバレを紹介していきました。

咲姉ちゃんが、とうとう息を引き取りました。

残された福子、鈴、克子がどうこの悲しみと向き合っていくのか?

また、今回は保科が2人の男性から告白を受けました。

恋愛未経験の保科が、どのように悩み、どちらの男性を選んでいくのか?

今後の展開が楽しみですね。

次回は、こちら!

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第12話【福子と萬平が離れる、、理由は逮捕!?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です