まんぷく朝ドラのあらすじとネタバレ!?第一話登場のキャスト達も紹介!

まんぷく朝ドラのあらすじとネタバレ!?第一話登場のキャスト達も紹介!

2018年10月1日(月)から始まるNHK朝ドラのまんぷく。

今や当たり前のように食べているあのカップラーメンを作った人たちのお話です。

どんなお話なのか?

ここでは、まんぷく朝ドラの第一話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラのあらすじ!?

今井福子(安藤サクラ)は、3姉妹の一番下。

姉には、咲(内田有紀)と克子(松下奈緒)がいました。

お金に余裕がある家ではないけど、みんな仲良く暮らしていました。

そんな家計を支えるために、福子(安藤サクラ)は、学校を卒業後に仕事に就きました。

彼女の仕事は、ホテルの電話交換手。

福子は、毎日仕事に熱心に取り組みました。

そんな福子は、近々楽しみなイベントがあります。

それが、長女・咲(内田有紀)の結婚式。

福子(安藤サクラ)が、学校を卒業できたのは、長女・咲(内田有紀)が、一生懸命に働いて養ってくれたおかげ。

だからこそ、福子(安藤サクラ)は、結婚式で楽しんでもらえるための方法を考えていました。

そんな時に、ある男性と出会います。

それが、後に夫になる萬平(長谷川博己)。

萬平は、発明家でとても精力的に働いていました。

しかし、萬平は、様々な事業を手がけては、成功と失敗を繰り返します。

彼が手がけた事業は、、、、

  • 幻灯機(=スライド映写機)
  • フードプロセッサー
  • 航空機エンジン部品
  • 製塩
  • 栄養食品
  • 金融

萬平が、送る人生はまさに波乱万丈。

そんなことになるとは、知らず、福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)と恋をし、結婚をします。

当然、落ち着きのある生活など送れるはずもなく。

萬平は、猪突猛進。

「世の中の役に立つこと」の言葉を日々口にし、仕事に明け暮れる日々。

そんな夫に、毎日ついていくのが、やっと。

しかし、福子(安藤サクラ)は、諦めません。

毎日夫である萬平(長谷川博己)と過ごす中で、しっかりと支えられるまでになる存在に。

福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)は、山あり谷ありの人生の中で、すべてを失い奈落の底まで落ちます。

そんな絶望の中、一筋の希望の光が。

それが、「インスタントラーメン」。

それは、人々の食を一変させるほどの発明だったのです。

舞台は1938年の大阪。

インスタントラーメンを開発するまでの彼らの試行錯誤の日々を描いています。

まんぷく朝ドラ第一話のネタバレ!

ここでは、まんぷくのネタバレをより知ってもらうために、放送前のネタバレと放送後のネタバレに分けてお送りします

ご覧いただきながら、登場人物がどんな人たちか?気になる場合は、「まんぷく第一話のキャストたち」をご参考下さい。

まんぷく第一話放送前ネタバレ!

舞台は1938年の大阪。

今井福子(安藤サクラ)は、ホテルの電話交換手として勤務しています。

家計を必死に支えるため、学校を卒業後に電話交換手として働き始めたのです。

自宅に帰ると、母・今井鈴(松坂慶子)と長女・咲(内田有紀)がいます。

長女の咲(内田有紀)は、福子(安藤サクラ)がこれまで学校に行けるように、頑張って働いてくれていました。

嬉しいことに、咲(内田有紀)は、近々結婚の予定です。

父親を早くに亡くしており、咲も結婚してしまいます。

だから、必死に家計を支えようと福子は、ホテルの電話交換手として働き始めるのです。

運命の初日、ホテルの交換手として、始めて電話を取った相手先が、今後夫になる萬平(長谷川博己)だったのです。

そんなこととは、知らずにはじめての仕事を必死にこなそうとする福子(安藤サクラ)なのでした。

ここまでは、放送前のネタバレになります。

やはり見どころは、インスタントラーメンを作った夫婦がどのように出会い始まったのか?

そもそもインスタントラーメンって日本人が作ったの?という驚きがありますよね。

今では当たり前のように食べられているインスタントラーメン。

それにかかわる登場人物たちがどのような苦労や出会いを得てインスタントラーメンを作ることになったのか?

見ものですよね。

世界に発信しているインスタントラーメンの歴史を知れるこのドラマが、どういう展開になっていくのか?楽しみですよね。

それでは、放送後のネタバレは明日の放送後に公開していきます!

放送後のネタバレ!

1938年、舞台は大阪。

咲と福子は、洋服を購入しに来ています。

大阪のホテルへの就職が決まったので、購入しにきました。

福子は、「安いのでよいよ!」と気にかけています。

福子の就職祝いもありますが、姉の咲にもお祝いが。

咲は、結婚予定です。

お相手は、大手企業の人。

母・鈴もお気に入りの人。

鈴は、嫌みのように「克子の夫とは違うのよ」と言います。

克子は、母から言われた言葉を気にせず、「私は幸せなのよ」と言います。

その言葉を気にせず「福子の相手は、お見合いで決めますからね!」と鈴は福子に言います。

母の言葉に、「私の結婚はまだ先や!」と言います。

咲は、真一と歩いています。

真一は、咲の結婚相手です。

その夜、鈴は、咲に「結婚相手より先に寝てはいけません。控え目に生きる。」と言い聞かせます。

咲は、「福子、私が出て行った後は、あなたの給料でお母さんと暮らさないといけない。大丈夫。」と心配します。

福子は、「何とかやっていくから大丈夫!」と咲に力強く言います。

福子の働くところは、大阪東洋ホテル。

当時の大阪では一番大きなホテルでした。

福子は、大阪東洋ホテルの電話交換室で働くことになりました。

始めての電話に出ます。

電話の相手は、立花萬平。

始めての電話に福子は、てんやわんや。

先輩からも言葉遣いを注意されます。

福子は、やっと休憩に入ります。

仕事が終わり、表に行くと、友人二人がいます。

敏子(松井玲奈)とハナ(呉城久美)が福子のことを待っていました。

二人は、福子にラーメンを食べに行こうと誘います。

福子は、「ラーメン?」という言葉に聞きなれない様子。

敏子(松井玲奈)は、科そばのことをラーメンと呼ぶと福子に言います。

福子は、OKを出します。

敏子は、学校の不満を言います。

福子は、「べっぴんじゃない子が、電話交換氏になることを聞いた」と気にしている様子。

敏子とハナは、福子を励まします。

そこへラーメンが届きます。

福子は、ラーメンを食べ始めるとさっきまでの悩みがどこかへ飛んで言ってしまった様子。

数日後、これから結婚する咲の花嫁衣裳が、自宅に届きます。

衣装を見て、三姉妹ともおもわず「きれいぃ~」と言います。

「お母さんが、嫁入りした時に着たものなのよ。」と咲が紹介します。

克子(松下奈緒)が、「ちょっと着てみてよ」と言い、その言葉に、咲も乗り気です。

いざ着てみようと立ち上がると、急に鈴(松坂慶子)がおなかを抱えて倒れこみます。

みんな心配そうに鈴のもとへ近寄ります。

鈴は、「あたったった。」とおなかを押さえながら叫びます。

ここで、放送は終了。

まんぷく朝ドラ第一話のあらすじとネタバレになります。

スポンサーリンク

朝ドラ:まんぷく第一話のキャストたち!

まんぷくの第一話に登場するキャスト達を紹介していきます。

一人目は、今井福子

安藤サクラさんが、演じます。

大阪出身。

咲・克子を姉に持つ、三人姉妹の末っ子。

とにかく食べることが大好き。

二人目は、立花萬平

長谷川博己さんが、演じます。

福子の夫になる男性。

両親を早くに亡くし、親戚の下に身を寄せて幼少期を過ごします。

幼いころから発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興します。

3人目は、今井鈴

松坂慶子さんが、演じます。

咲・克子・福子の三姉妹の母。

感情の起伏が激しく、気位が高い。

武士の末えいであることを誇りとしており、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、品格を大事にしながら娘たちを育ててきた。

心配性で、娘たちの行動に何から何まで口を出したがる性格。

4人目は、今井咲

内田有紀さんが演じます。

福子と克子の姉。

早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で働いて今井家を支えてきた。

末の妹・福子の就職が決まり、婚約していた小野塚真ーと結婚することを決めた。

相手思いで、特にかく自分よりも相手の幸せを願っている。

結婚後は真ーと幸せな生活を送っていたが、身体からだの調子を崩してしまう。

5人目は、香田克子

松下奈緒さんが演じます。

福子の姉。

画家の忠彦と結婚。

周りは反対であったが、自分の意思を通した。

面倒見がよく、福子の相談相手となる。

母親の鈴とは、よく口喧嘩をしている。

6人目は、香田忠彦

要潤さんが、演じます。

克子の夫。

画家で穏やかな性格だが、「画商から依頼されるような商売用の絵は描かない」という芸術への強いこだわりを持つ。

鳥を描くのが好きで、それが高じて自宅に大きな鳥小屋を作り、そこで鳥を何羽も飼っている。

ふだんからあまり感情を表に出さないタイプだが、心の中では妻の克子や四人の子どもたち、そして福子たち家族への深い愛情を秘めている。

7人目は、小野塚真一

大谷亮平が演じます。

今井家の長女・咲の婚約者。

口数少なく落ち着いた性格。

大手企業に勤めており、収入が安定している。

そのためか、咲の母・鈴に気に入られている。

度量が大きく、咲との結婚に関しての騒動が持ち上っても、泰然と受け入れる。

口数は少ないながらも、重みのある言葉で福子を元気付ける。

8人目は、鹿野敏子

松井玲奈さんが演じます。

福子の親友。

福子が、高校の時に毎日じゃこ入り弁当を食べているのを見て仲良くなる。

専門学校へ通学中。

9人目は、池上ハナ。

呉城久美さんが、演じます。

福子の親友。

一緒にラーメンを食べに行くほどの仲。

以上、9人。

回を重ねるごとに、キャストやそれぞれの登場人物を描いていきます。

【まとめ】まんぷく朝ドラあらすじとネタバレ!第一話!

朝ドラまんぷくの第一話のあらすじとネタバレのまとめを紹介していきました!

世界に発信しているインスタントラーメン。

世界に大きな影響を与えた食べ物ですよね。

この食べ物のルーツを知れるこのドラマ。

大きな成功や挫折を繰り返しながら前に進んでいく登場人物達を知ることができます。

今回は、それぞれの登場人物の自己紹介。

萬平と福子は、まだ電話で話をしてお互いに誰だか知らないほど。

この二人が、どのように近づいていくのか?

今後の展開が楽しみですね!

次回の気にあるまんぷくは、こちらで紹介しています。

まんぷく朝ドラのあらすじとネタバレ!?【第2話のキャスト達も紹介!】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です