まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第44話!「鈴のことを本気で心配したのは、2人の男」

前回は、鈴が萬平の態度にイライラします。

そして、とうとう鈴が家出!!

どこに行ってしまったのでしょうか?

まんぷく朝ドラ第44話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第44話の感想!

まんぷく朝ドラ第44話の感想をお送りします。

今回は、鈴のことを心配する萬平と忠彦です。

鈴が家出をして、萬平と福子が、克子の家にやってきます。

萬平は、鈴が出て行った原因を、「私の先祖は、源の義経。」と言ったことに笑ってしまったことを笑ったことだと思っています。

そんな萬平の言葉を、冗談だと思って笑う福子と克子。

しかし、その言葉を真剣に聞いている忠彦。

そして忠彦の口からは、「お母さんにとっては、源の義経を否定されると言うことは、武士の娘であることを否定されるのと同じことなんだろう!」と言うのです。

福子、克子と忠彦、萬平のこの温度差。

これが、とっても面白いです。

まさに、お笑いとボケとツッコミのような感じ

ドラマの中で、まさかボケとツッコミを観れるとは思いませんでしたね。

そして、そんな鈴は、まさか家の近くのラーメン屋にいたのです。

次回は、鈴自宅に帰るのか?

見ものですね。

以上、まんぷく朝ドラ第44話の感想でした。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第44話のネタバレ!

まんぷく朝ドラ第44話のネタバレポイントは、こちら!

  • 鈴が出て行った原因を知る14メンズたち。
  • 鈴の潜伏先候補を行くも、、、。
  • 鈴の居場所は、とっても近いところ!

ネタバレを参考に、こちらをご覧ください!

鈴が出て行った原因を知る14メンズたち。

鈴の「出ていきます。」の置手紙に驚く萬平一家。

鈴の家での原因が全く分からず。

しかし、萬平はあることを思い出すのです。

鈴が、「源氏の末裔」であることを萬平が笑ったのです

みんなで、探そうとすると萬平が叫びます。

「僕のせいだ!」

思い当たる理由を萬平が説明をすると、14メンズたちは、「それは、冗談でしょう?」と言うのです。

「それを言っちゃダメだったんだ。」

萬平は、後悔するのです。

そして、みんなで表を探しに行くのです。

鈴の潜伏先候補を行くも、、、。

夜になり、福子は、ハナの家に行きます。

しかし、ハナの家には、おらず。

ラーメン屋の清香軒に、萬平が行きます。

しかし、鈴はいませんでした。

次は、克子の家。

しかし、鈴はいませんでした。

タカが、家族に山菜ごはんを作ります。

あまりの美味しさに驚く家族たち。

タカは、毎週の泉大津でのお手伝いで料理が上手になったのです。

そんな中、忠彦は、真一のことを考えていました。

1人寂しく住んでいる真一。

克子は、心配して、真一に家族を持つように勧めます。

しかし、真一は克子の言葉に、こう答えます。

「確かに、所帯を持って、子どもができたら、仕事にも張り合いが出るかもしれないね…。でも、やっぱり僕の妻は、咲なんだ。」

家族で話をしていると、そこへ、玄関から大きな声が聞こえます。

「ごめんください!」

克子の元に、電報が届きます。

電報を見ると、「ハハ イエデ」と書かれていました。

驚いた克子は、福子に電話をします。

克子は、「どうしたの?」と聞くと、福子は、「色々よ。不満がたまってたんだと思う。お母さんの性格知ってるでしょ?」と答えます。

福子のピンチに、克子は「とりあえず明日タカをそっちに送り込むわ。学校が春休みだし。」と言います。

福子は、姉の言葉に感謝をします。

そして、福子は、大阪に行くと言います。

なぜなら、鈴が来そうなところは、克子の家しかないから

翌日、タカが泉大津に来ます。

タカファンクラブの3人の男たちは、小松原増田は、喜びます。

克子の家に、萬平と福子が到着します。

鈴が、家出をした原因らしきことを克子夫婦に説明をします。

萬平が、鈴が「私の先祖は、源の義経。」と言ったことに笑ってしまったことを。

の忠彦は、その言葉に驚きます。

「源の義経?」

「そんなん、聞いたことないわ。」

「でしょ。もう絶対に嘘やわ!」

克子、忠彦、福子の言葉に、萬平が真面目な顔で答えます。

「嘘かどうかなんて、問題じゃないんです。きちんと話を聞いてあげなかった僕が悪いんです。」

福子と克子姉妹は、気にしないで!と言います。

しかし、その萬平の意見に賛成をする人がいました。

忠彦です。

「お義母さんには、反論してはいけない。『そうですね。』『そうですね。』頷いてあげないと。」

「お母さんにとっては、源の義経を否定されると言うことは、武士の娘であることを否定されるのと同じことなんだろう!」

2人の男たちは、なんだかよく分からない共感をしていたのです。

「お母さんは、いつも怒っているから心配ないわよ。」と福子が言うと、忠彦は、「君たちは娘だから軽く考えている。きっとお母さんは、傷ついている。ひな鳥のように傷ついている。」と言います。

おおげさな表現に笑う福子。

鈴の居場所は、とっても近いところ!

その頃、泉大津のラーメン屋・清香軒で、お客がいないのに、ラーメンを作ったのです。

ラーメンを裏に運ぶのです。

そこには、鈴がいました

美味しそうにラーメンを食べる鈴。

「美味しい!」

その言葉に、清香軒は、みんな心配しているよと言います。

しかし、鈴は、気にしていない様子でした。

まんぷく朝ドラ第44話のネタバレでした。

第44話の登場人物!

まんぷく第44話の登場人物を紹介します。

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

戦争後でも希望を諦めずに萬平を信じて過ごしている。

お腹には、萬平との子を宿す。

会社のために、資金繰りに紛争する。

見事三田村会長から3万円の投資を獲得する。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

何とか病気から快復した萬平。

泉大津で、塩作りを始めます。

作った塩が最上級品だと認められます。

しかし、同時に塩作りの限界も感じ始めるのです。

塩作りの次は、新しい事業を考えるのです。

3人目は、今井鈴(松坂慶子)

咲・克子・福子の母。

ジリ貧な今も自分の芯を曲げません。

今回は、とうとう萬平にイラつき家を出て行ってしまいます。

4人目は、神部茂(瀬戸康史)

克子の家に入ったドロボウ。

大阪帝大卒業生(=今の大阪大学)。

塩作りを陰で支える人物。

萬平の右腕となっています。

14メンズたちの不満を萬平に上手く伝える役割でもあります。

5人目は、岡幸助(中尾明慶)

神部が連れてきた14人の1人。

普段は、そっけない態度。

でも萬平にとても感謝をしているのです。

6人目は、世良勝夫(桐谷健太)

萬平を友達と言う調子の良い奴。

萬平の塩の売り上げを半分ちゃっかりピンハネする。

ピンハネを知られて萬平たちに突き放されそうになります。

そこへ、ピンハネした1500円を福子に渡し投資したと言い張るのです。

7人目は、赤津(永沼伊久也

塩作り14メンズの1人。

元料理人の過去をもつ男。

鈴の台所を手伝うことに。

階段から転び足を絶賛骨折中。

8人目は、ハナ(呉城久美)

福子の親友。

夫が大地主。

福子に協力してお金を貸してくれている。

以上、8名。

まんぷく第44話の登場人物でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第44話!

まんぷく朝ドラ第44話の感想とネタバレを紹介していきました。

家出をした鈴を探しにいく萬平一家。

しかし、なかなか見つかりません。

克子の自宅にいく萬平と福子。

福子は、大阪に鈴が来るかもしれないと思いしばらくいることに。

しかし、鈴は、近くのラーメン屋にいたのです。

そんな鈴、次回は見つかるのか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です