まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第37話!【萬平たちの金を世良がピンハネ?!】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第37話!【萬平たちの金を世良がピンハネ?!】

前回は、ラーメン屋の主人の嬉しそうな顔を見て塩づくりへやる気を出した萬平一同。

今回は、とうとう塩を販売することを許可されます。

しかし、それを聞きつけてかある男がやってくるのです。

まんぷく朝ドラ第37話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第37話の感想!

まんぷく朝ドラ第37話の感想を紹介していきます。

もう今回は、イライラでいっぱいです。

その理由は、世良が塩の売れた代金をピンハネしたから!

せっかくの初めての塩。

本当なら3000円入るところを半分もピンハネされたのです。

予想外に少ない金額に、萬平たちは、本当につらい思いをします。

世良は、「わるなぁ」と言葉で言っていますが、本当はそんなことを思っていない。

詐欺をする人っておそらくこういう感じなんですよね。

言葉では、いくらでもいいことや上手い言い訳をする。

でも、本心じゃあそんなこと全く思っていない。

本当にこういう輩は、いなくなればいいのに。

騙された人は、お金を取られただけでなく、心が傷ついて自分のことを責めてしまいます。

そして、負の考えが出てきます。

この負は、周りにも悪影響を与えるのです。

お金をとるだけでなく、その人の心やその周りの人の幸せまでもとってしまうことを気づいて欲しいですね。

ちょっとネガティブな話になりましたが、ついつい世良を見ていると、言わずにいられなくなってしまいました。

そんな詐欺世良は、今後ストーリーからいなくなって欲しいですね。

以上、まんぷく朝ドラ第37話の感想でした!

まんぷく朝ドラ第37話のネタバレ!

まんぷく朝ドラ第37話のネタバレポイントは、こちら!

  • 塩を販売していいよ!
  • 世良が塩を持ち出す!
  • 世良がまさかのピンハネか?
  • 立花塩業解散の危機!喧嘩勃発!

ネタバレポイントを参考に、こちらをご覧ください。

塩を販売していいよ!

それは、福子(安藤サクラ)たちにとって、記念すべき日でした。

塩を販売する許可が下りたのでした!

福子が、14メンズたちと萬平、神部に伝えます。

そのことを聞いて嬉しくなるのです。

福子は、女性陣の役割分担をしていきます。

福子は、事務兼男たちのお世話係。

は、経理兼男たちのお世話係!

タカは、これまで通り、週末にお手伝い。

福子の言葉に、鈴は、「私は、経理だけでいいわ。」と言うのです。

会社名は、「たちばな塩業」

世良が塩を持ち出す!

塩作りもすっかり慣れてきた男たち。

塩の花のタイミングもばっちり。

しかし、塩がやや茶色いことを見逃してしまうのです。

そこに、ある男がやってきます。

世良(桐谷健太)です。

しかし、彼は、祝いの品を忘れてしまったのです。

鈴が、世良に気づくのです。

「娘さんの旦那さんは、ええ発想をする男でっせぇ~。」

その言葉に、驚く世良。

世良が、880キロの塩ができていたのです。

世良は、塩を納品すると買って出てくれるのです。

萬平は、行かずに世良だけで行きます。

「たちばな塩業」の初出荷です。

鈴は、「いくらで売れるのか?」と聞くと、福子は、「3000円」と

その金額に、鈴は、驚き嬉しがるのです。

世良が、専売局に塩を持ち込みます。

すると、塩の金額は、「3000円」

その夜、鈴と福子は、初出荷の祝いに、食後のデザートを出したのです。

美味しそうに食べる14メンズたち。

鈴は、ご機嫌です。

なぜなら、塩が3000円で売れると知ったからです。

そんな中、小松原は、タカのことが気になると言うのです。

「タカちゃんから、この大福を貰いたかった。可愛いですよね。」

その言葉に、賛成!という2人の男。

その盛り上がりに釘を刺す岡。

「でも、手ぇ出したら、大奥様に殺されんで。」

鈴の怖さを想像すると、盛り上がっていた男3人は、しょんぼりとするのです。

世良がまさかのピンハネか?

そこへ、世良が帰ってきます。

期待する萬平一家。

しかし、世良が持ち帰ったのは、「1500円」だったのです

予想よりも少ない額に、驚く萬平一家。

世良は、塩に茶色が混じっていたと言います。

確認に行く萬平。

一方、鈴は、金額の少なさに疑問を感じます。

「本当に、1500円だったの?」

世良は、鈴の言葉に怒ります。

萬平が、倉庫で塩を確認します。

いまいち、夜の光では分からないのです。

そこへ、佐久間長久保峰岸が、飛び込んできます。

茶色い塩、あったんです。すいません。社長。

萬平は、その言葉に「あれほどいったじゃないか!」と、叱りつけます。

さらに、殴ろうともします。

しかし、落ち着くと座ります。

萬平は、一気に落ち込みます。

世良は、萬平の会社を去ります。

「悪いなぁ。僕も金に困ってるんや。」

翌日、初めての給料が配られます。

給料は、微々たるもの。

福子は、「来月は、もっと渡せるように頑張る」と言うのです。

鈴は、「私には、お給料ないのに。」と愚痴ります。

そして、萬平に言うのです。

「萬平さん、もっといい塩を作って、私のお手伝いさんを雇えるようにしてね!」

萬平は、下を向きながら落ち込みます。

しかし、ある決意をするのです。

「絶対に最高の塩を作ってやる。」

立花塩業解散の危機!喧嘩勃発!

ところが、週末の夜、事件が起ってしまうのです。

酒を飲み晴らす岡。

「あんなに働いたのに、割りに合わない。」

そんな時、隣のチンピラが、店員の女の子にお酌をしろ!と言うのです。

岡は、その様子を「目障りだ。やめてやれ!」と大声で言います。

チンピラも怒り岡を睨みつけるのです。

そして、岡の拳が1発チンピラに入るのです。

まんぷく朝ドラ第37話のネタバレでした。

第37話の登場人物!

まんぷく朝ドラ第37話の登場人物は、こちら!

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

戦争後でも希望を諦めずに萬平を信じて過ごしている。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

何とか病気から快復した萬平。

泉大津で、塩作りを始めます。

3人目は、今井鈴(松坂慶子)

咲・克子・福子の母。

ジリ貧な今も自分の芯を曲げません。

4人目は、神部茂(瀬戸康史)

克子の家に入ったドロボウ。

大阪帝大卒業生(=今の大阪大学)。

塩作りを陰で支える人物。

萬平の右腕となっています。

5人目は、香田克子(松下奈緒)。

福子の姉。画家の忠彦(要潤)の妻。

いつも明るく頼りがいがあります。

6人目は、香田タカ(岸井ゆきの)

香田家の4人兄弟の長女で、福子の

妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋。

週末だけ福子と萬平の塩作りを手伝いに来ます。

7人目は、香田忠彦(要潤)

克子の夫。

画家で穏やかな性格だが、芸術へのこだわりは強い。

戦争で色を感じ取る能力が落ちますが、新しい絵を描いて認められるのです。

タカのことを美人だと言うほどの親ばか。

8人目は、岡幸助(中尾明慶)

神部が連れてきた14人の1人。

9人目は、世良勝夫(桐谷健太)

以上、8人。

まんぷく朝ドラ第37話の登場人物でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第37話!

まんぷく朝ドラ第37話の感想とネタバレを紹介していきました。

塩の販売が許可されました。

しかし、世良が現れてちゃっかりピンハネするのです。

萬平、騙されていることに早く気づいて!

次回は、どうなるのか?

気になりますね!

気になる次回は、こちら!

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第38話!【鈴の出し物が一番の盛り上がり!?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です