まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第32話!【嬉しがる3人に、鈴のツッコミが面白い!】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第32話!【嬉しがる3人に、鈴のツッコミが面白い!】

萬平が、塩を作ることを決心します。

そして、今回塩作りの本場、赤穂に行きます。

一方、鈴と福子は生活費を稼ぐために頑張ります。

塩作りは、成功するのか?

まんぷく朝ドラ第32話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第32話の感想!

まんぷく朝ドラ第32話の感想をお送りします。

まんぷく第32話も面白かったです。

今回特に、笑ってしまったところは、鈴の冷静なツッコミでした!

萬平と神部が、夜遅くまで作った器具を使って2人で塩を作り始めます。

そして、初めてできた塩。

萬平と福子、神部が舐めて味を確かめると塩の味がしたのです。

大喜びする3人に、鈴が、冷静なツッコミを入れます。

茶色。

鉄が含まれているので、茶色の成分がでてきたのです。

しかし、そんなことよりも冷静にツッコミを入れる鈴の場面がとても面白く笑ってしまいます。

この記事を書いている時も「茶色」と書くたびに、笑ってしまいます

後に引く面白さ。

かっぱえびせんみたいですね。

しかも鈴は、みんなが大喜びしているのにも関わらずもう一度「茶色」と言うのです。

3人との温度差がまた笑いを誘うのです。

面白かったですねぇ。

次回もついつい「茶色。」を言ってくれないかなぁ~と期待しちゃいます。

以上、まんぷく朝ドラ第32話の感想でした!

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第32話のネタバレ!

まんぷく朝ドラ第32話のネタバレポイントは、こちら!

  • 鈴の着物が高価買取!
  • 神部と萬平が、赤穂で1から塩作りを勉強!
  • お腹を鳴らしながら明日の準備!
  • とうとう塩が完成!それを見て鈴が、冷静なツッコミ!

ネタバレポイントを参考に、こちらをご覧ください!

鈴の着物が高価買取!

神部は、萬平と共に、赤穂に行き塩づくりを学びに行きます。

一方、福子と鈴は、近所へ挨拶に行きます。

自分たちの着物を持っていき、食べ物を交換していたのです。

福子と鈴は、ハナの自宅も尋ねました。

「こちらは、地主さんと結婚したんですね。お子さんもいて幸せそう。」

鈴は、福子への嫌みを言うように、言います。

しかし、福子は聞いていません。

ハナが、「今日は挨拶まわり?」と聞くと、福子は、「そう、着物と食べ物を交換してもらってもいるの。」と答えます。

ハナの夫が、「ぜひ、私たちにも見せてくれんかのう?」と言います。

とっておきの帯を、ハナの夫に見せます。

上等な帯です。

帯を見て、ハナの夫は300円で買ってくれると言ってくれるのでした。

神部と萬平が、赤穂で1から塩作りを勉強!

萬平と神部が、赤穂についたのは、その日の昼過ぎでした。

塩の作り方を赤穂の人たちに、いちから全てを教えてもらおうと勉強をする萬平と神部。

次々と質問をする萬平。

当面の生活費を得た福子と鈴は、一安心。

しかし、鈴は、萬平への不満を漏らします。

「お塩を作ってどうするの?」と聞くと、福子は、「きっと何かを考えている。」とあいまいな答えをします。

「夫がしていることが何か分からないの?」と鈴が言います。

行き当たりばったりで生きているとしか思えないと言う鈴

しかし、福子は萬平の事を信じていました。

福子は、「どっしり構えてる。それが、武士の娘じゃないんですか?」と反論すると、鈴は、「毎日食べていくことを考えないといけないのよ。」と。

お腹を鳴らしながら明日の準備!

その夜、萬平と神部は、自宅に戻ります。

昼も食べずに、勉強してきた神部と萬平。

神部は、腹ペコでした。

しかし、萬平は神部を誘い倉庫に行くと言うのです。

明日が天気が良いことを見越して夜のうちに塩を作るための準備をしておきたいと萬平は言います

熱中する萬平。

自分の空腹の音に全く気付いていない様子でした。

一方、先に食事を食べられない福子と鈴がいました。

鈴は、先に食べよう!と言いますが、福子は、萬平たちが食べていないのでガマンと言うのです。

福子は、鈴に、自分から泉大津に来ると言ったのだから、我慢して!と言うのです。

そんな言葉に、鈴は、頼れるのは福子だけと言うのです。

家は無くなって、克子の家にはいられない。

次々と鈴が言葉を言うと、福子は諦めます。

先に食事をしようと鈴に言います。

「お母さん、私と萬平さんの結婚式の時、きれいな留め袖来てたわよね?あれはどこに行ったん?」

福子は、高く売れそうな着物を探すのです。

とうとう塩が完成!それを見て鈴が、冷静なツッコミ!

萬平たちの予想通り、次の日は、青空が広がります。

5月なのに、真夏のようなでした。

萬平と神部は、昨晩作った器具を運び出します。

そして、2人で海水をバケツにくみます。

アツアツになった鉄板に、海水を注ぐ」その作業をどんどん繰り返していきます。

その頃、鈴が隠し持っていた留袖が見つかり、福子に売られてしまいます。

価格は、500円。

福子は嬉しそうな顔で帰ってきます。

そして、福子は、萬平と神部の作業をまじまじと見るのです。

塩ができそうになります。

その時、福子に呼び出され、鈴も塩の見学をするのです。

できた塩を、萬平・福子・神部は、味見します。

味を確かめると、まさに塩

嬉しがる3人に、鈴はツッコミを入れます!

「でも、茶色い。」

萬平が、真面目に「それは鉄板の鉄分が混じっているからです。」と言います。

萬平、福子、神部はさらに喜びます。

鈴に塩を味見するように伝えます。

しかし、鈴は、「でも、茶色い。」と言うのです。

まんぷく第32話のネタバレでした!

第32話の登場人物!

まんぷく第32話の登場人物を紹介します。

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

戦争後でも希望を諦めずに萬平を信じて過ごしている。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

何とか病気から快復した萬平。

戦争後に自分の会社が壊されているのを知る。

新しいことを考えるために新天地へ行きます。

3人目は、今井鈴。(松坂慶子)。

咲・克子・福子の母。

ジリ貧な今も自分の芯を曲げません。

自分の着物を売られてしまいしょんぼり。

4人目は、神部茂(瀬戸康史)

克子の家に入ったドロボウ。

大阪帝大卒業生(=今の大阪大学)。

福子、萬平と共に克子の家を出ていくのです。

5人目、ハナ(呉城久美)

福子の高校からの親友。

結婚して泉大津に引っ越していたのです。

以上、5人。

まんぷく第32話の登場人物でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ第32話の感想とネタバレ!

まんぷく朝ドラ第32話の感想とネタバレを紹介していきました。

塩作りが、無事に成功して良かったですねぇ~。

まずは、一安心。

塩ができた時の鈴のツッコミ面白かったですねぇ~。

「茶色。」

この2語だけで笑わせられる人は、中々いません。

次は、いつ「茶色。」が出るのか?

期待しちゃいますね。

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第33話!【塩作りサポーターの驚きの人数とは?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です