まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第21話!【萬平電柱に登る!】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第21話!【萬平電柱に登る!】

前回は、とうとう恐ろしい戦争が怒り始めます。

萬平、福子、鈴は、その恐ろしさを感じてとうとう大阪から兵庫へ疎開を決めるのです。

新しいところでの3人の暮らしはどうなるのか?

まんぷく朝ドラ第21話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第21話の感想!

まんぷく第21話の感想を紹介していきます。

とうとう疎開をして新しい土地での暮らしが始まりましたね。

疎開先では、近くにお店はおろか電気もない状態。

真っ暗中で夜の鈴と福子、萬平のやり取りはしばらく見れないの?

そう思っていたら萬平が、電気を通すのです。

行動力抜群ですね!

しかも電柱にある電線から電気を引っ張ってきているではありませんか。

電柱に上って体は大丈夫なの?と心配してしまうほどでした。

憲兵から受けた傷は残っているのに、何時間も歩いたり電柱に上ったり体を酷使しすぎでは?と思ってしまいます。

近くには医者もいなく山を越えないとないので、もし萬平に万が一のことがあれば、とっても危険です。

「萬平無理するなぁ~!」と応援したくなる回でした!

以上、まんぷく朝ドラ第21話の感想でした!

まんぷく朝ドラ第21話のネタバレ!

まんぷく第21話のネタバレを紹介していきます。

今回のネタバレポイントは、こちら!

  • 兵庫へ疎開!
  • 電気がない、、萬平がとった行動とは?

ネタバレポイントを参考にこちらをご覧下さい。

兵庫へ疎開!

昭和20年3月。

福子(安藤サクラ)萬平(長谷川博己)鈴(松坂慶子)は、萬平の親戚がいる兵庫の上郡へ向かいます。

駅に着くと、あまりにも田舎で鈴は疲れます。

バスはなく一山を歩いていくしかありません。

何時間もかけて、へとへとになって歩いていきます。

とうとう兵庫県黒竹村にある萬平の親戚の家に到着します。

井坂家では、萬平のはとこが、歓迎してくれました。

萬平たちは、井坂家の離れを使わせてもらうようになります。

広い部屋に囲炉裏があり風情な部屋。

しかしこの部屋には、電気が通っていません。

萬平と福子は、役所へ疎開の手続きをします。

萬平は、役所の人に電気が通せるようになる方法を聞きます。

しかし、当てがありません。

しかも、萬平の体を診てもらう医者も近くにいないのでした。

萬平と福子は、近所の人に挨拶回りをします。

そして、萬平は電球がないかも聞きますがありません。

電気がない、、、萬平がとった行動とは?

なんとか集めた部品で、萬平は何かを作ります。

萬平と福子が自宅に戻ると、たくさんの野菜を抱えて買ってきます。

挨拶周りをしながら、もらったものでした。

その材料を使いながら、囲炉裏で料理を作ります。

ごはんができたので、福子が、萬平を呼ぶと、急に部屋が明るくなります。

ないはずの電気が付いたのです。

萬平がなんとか電柱の線から電気を引っ張ってきたのです。

3人で夕食を取っていると、鈴は福子と萬平が仲良さげな雰囲気に少しすねます。

雰囲気を察したように、萬平は、鈴にフォローするように言います。

「福子は、お義母さんの娘で、僕の妻です。」

鈴は、すこし満足したような表情をするのです。

まんぷく朝ドラ第21話のネタバレでした。

第21話の登場人物!

まんぷくの第21話に登場するキャスト達を紹介していきます。

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

大阪東洋ホテルのフロント係。英語がとてもうまい。

萬平と結婚をする。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

福子との結婚が鈴に認められる。

3人目は、今井鈴。(松坂慶子)。

咲・克子・福子の母。

福子と萬平の結婚を認めるのです。

一緒に暮らすことは嫌がっています。

以上3人。

まんぷく第21話の登場人物でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ第21話の感想とネタバレ!

まんぷく朝ドラ第21話の感想とネタバレを紹介していきました。

疎開先の暮らしに少しずつ慣れていく萬平と福子、鈴。

近くに電気が通ってないのを何とか通してしまう萬平は凄いですね。

行動力があります。

この暮らしから何が今後起こっていくのか?

次回が楽しみですね。

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第22話!【萬平と鈴が役所の人とケンカ?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です