まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第20話!【鈴をビビらせる恐ろしいビラ。】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第20話!【鈴をビビらせる恐ろしいビラ。】

前回は、結婚した保科と会った福子。

今回は、とうとう遠くの存在と思っていた戦争が近くまで顔を出していきます。

そして、恐ろしいことが起きるのです。

まんぷく朝ドラ第20話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第20話の感想!

まんぷく第20話の感想を紹介していきます。

今回は、戦争の恐ろしさを感じることができる回でした。

一番恐ろしいなと感じたのが、爆撃機がビラをまき散らしたシーンです。

人々が爆撃ではないと安心した気持ちを持ちました。

そんな中ビラには、こう書かれているのです。

このリーフレット(=ビラみたいなもの)は、爆弾でありえた。

この無益な戦争を終わらせるため幾度となく爆撃する。

こんなことが、空から降ってきた紙に書かれていたらもう疎開するしかないですね。

このビラがバラかれる前にも、爆撃機が通った音や地震のように地面が揺れるのもかなり恐ろしさを感じます。

音や映像だけで、実際に爆撃機を見ていないのにも関わらず恐ろしさを感じてしまうのです。

実際の現場であったら相当に恐ろしいのだと思いました。

以上、まんぷく朝ドラ第20話の感想でした。

まんぷく朝ドラ第20話のネタバレ!

まんぷく第20話のネタバレを紹介していきます。

今回のネタバレポイントは、こちら!

  • 克子と子供たちが疎開。
  • 親友たちも疎開。
  • 鈴を疎開しないといけないと思わせた恐ろしいビラ。

ネタバレポイントを参考にこちらをご覧下さい。

克子と子供たちが疎開。

昭和19年夏。

日本の戦況は次第に悪くなります。

大阪が空襲されるかもしれない

克子(松下奈緒)は子供たちを連れて疎開をします

寂しそうに見送る鈴。

福子は大阪も空襲されるのか?と不安になります。

福子は、萬平と鈴に疎開しないかと鈴に問いかけます。

しかし、鈴は、「爆弾なんて落ちてこないし家を守らないといけないから嫌だ!」と言うのです。

話をすりかえて、鈴は、「子供はいつになったできるの?明日なの?今日なの?」と言うのです。

その夜、福子は、「子供はいつでもいいしまずは萬平さんの体が先です。」と萬平に伝えます。

その言葉に、萬平は、福に感謝をします。

一方、鈴の夢に、咲(内田有紀)が現れます。

「鈴は福子と子供たちが疎開してしまった。福子と萬平も疎開してしまうかも。」と涙ながらに言うのです。

咲は、「鈴は立派。武士の娘なのでこの家を守ってください。」と言います。

親友の敏子とハナも疎開。

昭和19年12月に東京が空襲されたことが伝えられます。

「怖い。どないしよ。」と福子がつぶやきます。

親友2人とラーメンを食べに行こうとしますが屋台がありません

「こんな時だからこそラーメンが食べたいのに。」と福子が言います。

その時、ハナ(呉城久美)と敏子(松井玲奈)は2人とも田舎に疎開するといいます

またみんなで、ここでラーメン一緒に食べよね。」と言い別れます。

どんどん人がいなくなっていくことに不安になる福子。

夜になると、福子の夢にも咲が現れます。

咲は、「早く大阪を逃げなさい!」と福子に言うのです。

翌日。

「夢で咲姉ちゃんが大阪を出るように言った」と鈴に言うと、鈴は、「咲の仏壇はここにあるからあなたのところには出ません」と返すのです。

萬平は、「福子と鈴は感情的になりすぎだ!」と言うのです。

鈴を疎開しないといけないと思わせた恐ろしいビラ。

そして、年が明けて昭和20年1月。

大阪にも爆撃機がやってきました。

そして2か月後の3月4日。

空襲ではありませんでしたが、空から紙が降ってきます。

アメリカ軍が爆撃することを宣伝したビラでした。

このリーフレットは、爆弾でありえた。

この無益な戦争を終わらせるため幾度となく爆撃する。

この紙を見て、鈴もようやく大阪を離れる決心をします。

福子たちが疎開したのは、大阪大空襲の3日前でした。

まんぷく朝ドラ第20話のネタバレでした!

第20話の登場人物!

まんぷくの第20話に登場するキャスト達を紹介していきます。

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

萬平と結婚を果たす。

大阪から疎開をします。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

憲兵からの暴力で体を壊す。

今は、回復過程。

3人目は、今井鈴。(松坂慶子)。

咲・克子・福子の母。

大阪からなかなか疎開しようとはしません。

4人目は、香田克子(松下奈緒)。

福子の姉。画家の忠彦(要潤)の妻。

いつも明るく頼りがいがあります。

夫が戦争に行ってしまい子供たちを一人で見ています。

子供たちを連れて疎開するのです。

5人目は、鹿野敏子(松井玲奈)。

福子の親友。専門学校へ通学中。

戦争が怒りそうなので、大阪から田舎へ疎開する。

6人目は、池上ハナ(呉城久美)。

福子の親友。

戦争が怒りそうなので、大阪から田舎へ疎開する。

以上6人。

まんぷく第20話の登場人物でした。

【まとめ】まんぷく朝ドラ第20話の感想とネタバレ!

まんぷく朝ドラ第20話の感想とネタバレを紹介していきました。

今回は、とうとう大阪にも空襲の可能性が出てきましたね。

そして、福子と萬平、鈴は、疎開を余儀なくされます。

疎開後の暮らしがどうなるのか?

今後の見どころになりそうですね。

気になる次回は、こちら!

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第21話!【萬平電柱に登る!】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です