まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第13話!【福子には相談相手がいない、、、】

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第13話!【福子には相談相手がいない、、、】

前回は、福子が勇気を出して萬平に会いに行ったのに、憲兵隊に萬平が捕まってしまいます。

今回は、どうなるの?

気になる、まんぷく朝ドラ第13話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第13話のネタバレ!

まんぷく朝ドラ第13話のネタバレポイントはこちら!

  • 萬平が自白を強要される。
  • 保科と福子がけんか?
  • 福子が萬平のことを相談できた人とは?

ネタバレポイントを参考にネタバレをご覧下さい。

萬平が自白を強要される。

萬平は、憲兵隊から暴力を受けます。

腹を殴られ、頬も殴る。

自白さえも強要します

しかし、萬平は答えたくても何のことだから分からない。

憲兵隊の原拳三郎は、「お前が、”かつらぎごんぱち”と会ってジュラルミンを横流ししているのは分かっている」と。

萬平は、「そんなやつ知らない。そいつに合わせろ。」と言うと、憲兵隊は、「自殺をしたからもう会えない。」と言うのです。

萬平は、必死に抵抗をしますが、憲兵隊は殴る蹴るの繰り返し。しまいには、頬を殴り萬平の眼鏡さえも割ってしまうのです。

萬平が捕まってしまったことにショックを受ける福子。

毎日の家事に集中できず皿を割ってしまうことも。萬平にことに悩むが、母の鈴には相談できずにいました

保科と福子がけんか?

ホテルの更衣室で、福子と保科が会います。

福子は、萬平が捕まってしまったことで頭がいっぱい。

保科は、牧と野呂に告白をされたことで頭がいっぱい

二人同時に相談を始めます。

福子は、「まんぺいさんが、つかまっ、、、、」

保科は、「2人に告白されて急に、でも私恋愛経験ない。どうしたら、、、」

保科の話に、福子は「保科さんならあり得る。モテるから。」と適当に答えていたら保科が怒ります

「私は恋愛経験がないから、急に言われても困る。今井さんなら分かってくれると思ったのに、、、」と言って部屋を出て行ってしまうのです。

福子は、「えっ!」と驚くのです。唯一の相談相手を失った福子は途方に暮れていました

そんな時、野呂がやってきて福子に「俺は、歯医者に勝てるか?」と相談をします。

野呂が、振り向くと福子はすでに部屋にいませんでした。

福子がやっと萬平のことを相談できた相手!

悩んだ福子は、共同経営者の加地谷に連絡をします

「加地谷さんは、萬平さんが横領をしたと信じるのですか?」と福子が聞くと、「軍が言うんだから間違いない。俺は、今会社の再建で忙しいんだ。」と加地谷は電話を切ってしまうのです。

最後の相談相手と思っていた人も萬平を見放します

もうどうしようもないと思っていた福子に、思わぬ二人の訪問者が現れます。

それが、鹿野敏子(松井玲奈)と池上ハナ(呉城久美)です。

福子の親友です。

2人と一緒にカフェで話をします。

泣きながら福子は、「立花さんが、憲兵隊に連れ去られてしまった!」と言うのです。

福子の親友の2人は、立花が連れ去られたのが大変なことだと思いました。

しかし、なぜ福子が立花のことを心配しているのか?分からなかったのです。

子は、萬平から結婚を前提に付き合って!と言われていると話すのです。

すると、敏子とハナは、「えっー」と驚くのです

二人の関係を知らなかった敏子とハナは、萬平が捕まってしまったことがどれだけ福子のとって大事なことかが分かったのです。

やっと萬平のことを相談できて福子は、安心し泣き崩れるのです。

一方、萬平は、牢屋に入れられます。

「僕は、無実です。本当に何もしてないんです。」と言うと、牢屋に一緒にいた人たちが笑うのです。

萬平の必死の訴えは誰にも届いていないのでした。

ここまでが、まんぷく朝ドラ第13話のネタバレになります。

第13話の登場人物

まんぷくの第13話に登場するキャスト達を紹介していきます。

1人目は、今井福子。(安藤サクラ)

大阪出身。三人姉妹の末っ子。

大阪東洋ホテルのフロント係。英語がとてもうまい。

萬平が、捕まって混乱している。誰も相談相手に乗ってもらえない。

2人目は、立花萬平(長谷川博己)。

25歳で会社を経営。

会社はうまくいっているが、共同経営者の加地谷とは、上手くいっていない。

無実の罪で、憲兵に捕まってしまう。

3人目は、今井鈴。(松坂慶子)。

咲・克子・福子の母。

どんな時も気丈に振舞おうとしますが、心は打たれ弱い。

咲姉ちゃんが亡くなって、悲しんでいる。

3人目は、保科恵(橋本マナミ)。

福子が働くホテルの先輩でフロント係。

福子が悩んでいる時は、いつも相談にのる。

恋愛は、未経験。

しかし、同時に二人の男性(野呂、牧)から告白を受けます。

しかも今回は、結婚まで申し込まれてしまいます。

4人目は、牧善之介(浜野謙太)

歯医者。

保科に一目ぼれし、結婚を申し込む。

保科の返事待ち。

5人目は、野呂幸吉(藤山扇治郎)。

福子が働くホテルのちゅう房で働く料理人。

保科に告白し返事待ち。

善之介と告白をした時期がかぶり焦っている。

6人目は、香田克子(松下奈緒)。

福子の姉。画家の忠彦(要潤)の妻。

いつも明るく頼りがいがあります。

7人目は、香田忠彦(要潤)。

克子の夫。

画家で穏やかな性格だが、芸術へのこだわりは強い。

「商売用の絵は描かない」と心に決めています。

赤紙が、来る前に描きたい絵を描いておくと心に決めています。

8人目は、加地谷圭介(片岡愛之助)。

萬平と一緒に共同経営をしている。

最近は、遠藤社長という謎の人物と密会をしています。

萬平が捕まり会社を立て直すのに、必死、、、本当か?

9人目は、鹿野敏子(松井玲奈)。

福子の親友。

専門学校へ通学中。

萬平が、捕まったことを相談できる親友の一人。

10人目は、池上ハナ(呉城久美)。

福子の親友。

萬平が捕まったことを相談できる親友の一人。

まだあまり目立たない存在。

以上10人。

まんぷく13話の登場人物達でした。

スポンサーリンク

まんぷく朝ドラ第13話の感想!

この回の見どころは、2つ。

  • 福子と保科がけんか!
  • やっと相談できた相手を見つけた福子!

福子と保科がけんか!というよりも、一方的に保科が怒ってしまう場面がありました。

保科は、2人の男性から告白されたことを相談。

しかし、福子は萬平が捕まってしまったことが頭がいっぱい。

福子は、保科の相談を適当に返答してしまうのです。

これって誰でもあり得ることですよね!

人は、余裕がないと誰かの相談なんか聞くことなんてできない。

まさに、このことをうまく表現している場面だったと思います。

そして、このドラマの良いところは必ずどんなに悲しい場面でもくすっと笑えてしまう場面を入れてくれるところ。

それが、野呂が空気読めない発言をする場面です。

保科が出ていった後一人になったところに現れる野呂。

野呂は、「保科に告白をしたけど、相手は歯医者。勝てるかな?」と自分の不安を言い出すのですが、、、、

後ろを振り向くといたはずの福子がもういないのです。

この場面が、「あー野呂だなぁ~」とついつい空気の読めない友達と思ってしまう安心感とクスっと笑ってしまう場面でした。

そして、やっと福子が相談できた相手が見つかった時です。

福子は、家族にも会社の人にもそして萬平の共同経営者にも相談できず。

八方ふさがりの福子。

見ているこっちとしては、「早く救いの手を差し伸べて!」と思ってしまうほどのシーン。

そんな時に、二人の救世主が。

親友の敏子とハナです。

この二人が出てきたときには、「福子はもう大丈夫!」と思ってしまうほどの安心感がありました。

この二人に相談したということは、親友も含めて萬平を助けに行くのか?

親友を含めた萬平救出作戦でもあるのか?

今後の展開が楽しみです。

以上、まんぷく朝ドラ第13話の感想でした!

【まとめ】まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第13話!

まんぷく朝ドラ第13話の感想をネタバレを紹介していきました。

萬平が捕まり自白を強要されます。

一方で、福子は萬平のことを相談できる人がいませんでした。

八方ふさがりの福子に、やっと二人の女神が!

それが、敏子(松井玲奈)とハナ(呉城久美)でした。

福子は、安心して泣きながら話していくことに驚きを隠せない二人。

今後萬平が助かるのか?

福子と親友二人で萬平を助けに行くのか?

明日の見どころですね。

次回は、こちら!

まんぷく朝ドラ感想とネタバレ!第14話!【福子が憲兵とけんか?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です