【獣になれない私たち】あらすじとネタバレ!?第1話!(クラフトビールバーで引きおこるドラマ!?)

【獣になれない私たち】あらすじとネタバレ!?第1話!(クラフトビールバーで引きおこるドラマ!?)

2018年10月10日(水)22時からスタートの「獣になれない私たち」。

タイトルからは、まったく内容が想像できませんよね?

どうやら時には笑えるコメディーのようです。

内容が気になりますよね?

ここでは、【獣になれない私たち】第1話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

【獣になれない私たち】第1話あらすじ!?

とあるバーが住宅街にある。

そこは、クラフトビールバー。

ちょっと聞きなれないバーだけど東京にもあるバー。

クラフトビールとは、いわゆる大手ビールメーカー以外の、地域密着型の小規模な醸造所で造られるビールのこと言う。

私は、そこのクラフトビールバー「5tap」の店長をしているバーの店主・タクラマカン斎藤(松尾貴史)だ。

ここには、色々なお客が来る。

例えば、そこの二人。

一人は、ECサイトという会社で働いている深海晶(新垣結衣)。

もう一人は、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)。

デベロッパーというのは、土地開発業者のことを言うらしい。

この二人は、どうやら恋仲。

バーのカウンターから見ていると、男の京谷(田中圭)の方が、一方的にしゃべている。

話を要約すると、京谷の母親が会いたがっていることを言っているようだ。

しかし、この女の晶(新垣結衣)の方は、他のことを考えていてうわの空だ。

本当にこの二人は、カップルなのか?

もう一つの席には、いかにもできる風の男根元恒星(松田龍平)と橘呉羽(菊地凛子)が座っている。

この二人もいつも来ているカップル。

でも驚いたことに、カップルだと思っていたのは、私だけ。

橘呉羽(菊地凛子)の口から「私、結婚した!」と恒星(松田龍平)に指輪を見せながら伝えている。

どういことだ?

カップルじゃなかったのか?

根元恒星(松田龍平)は、このバーの近くに公認会計士・税理士事務所を抱えていていつもこの店に来てくれている。

どうやら橘呉羽(菊地凛子)の結婚に、恒星(松田龍平)も驚いているようだ。

でも、まあ良い。

呉羽(菊地凛子)が、シャンパンのようにビールをお客に振舞っているからお客たちも喜んでいるようだ。

さっきの会話が成立していないカップル、晶と京谷も呉羽(菊地凛子)の結婚も祝っているようだし。

私は、どうしても気になって本人たちに聞いてしまったよ。

「恒星と呉羽は付き合ってたんじゃなかったの?」

こう聞くと、呉羽(菊地凛子)は、笑いながら大して好きじゃなかったと答えるんだよ。

でも、隣にいる恒星は呉羽の言葉に全く動じない。

どうやら本当のようだ。

なぜだから会話が成立していないカップルの晶(新垣結衣)が、橘呉羽(菊地凛子)と恒星(松田龍平)の会話を気にしている。

どうしてだろう。

実は、晶(新垣結衣)はある問題を抱えていた。

それは、京谷(田中圭)との問題。

二人の間でずっと抱えていたのだけど、問題は平行線のまま。

京谷(田中圭)が、晶(新垣結衣に)の家に泊まってせっかく時間があったのにも関わらず話ができなかった。

翌朝になり、ふと晶が携帯を見ると、出勤前の社長からの連絡が、、、、

社長(山内圭哉)からの連絡は、とにかくしつこい。

プライベートな時間も満員電車に乗っていてもかかってくるシツコイ電話。

なぜこんなに、晶(新垣結衣)に電話がひっきりなしに掛かってくるのか?

それは、晶(新垣結衣)が、なんでも仕事を引き受けてしまうから。

社長の仕事から同僚の仕事まですべてを晶(新垣結衣)が引き受けていた。

こんな日常では、毎日が地獄。

疲れて歩くと晶(新垣結衣)の帰宅途中に私の経営するクラフトビールバー「5tap」があるわけだ。

今日も晶(新垣結衣)は、5tapに来ようとしている。

晶(新垣結衣)が、中に入ると先に飲んでいたのは、恒星(松田龍平)。

この間のお祝いで、晶は、気になっていた恒星に話をかけようとしている。

ここまでが、【獣になれない私たち】第1話のあらすじになります。

スポンサーリンク

【獣になれない私たち】第1話ネタバレ!

クラフトビールバーで起こるお話。

バーでのドラマ設定ってあまり見たことないですよね。

今までいうと、HERO(主演が、木村拓哉)くらいしか思いつかない。

HEROのバーでの会話っていつも本音が出ていてくすっと笑える場面が、多かったですよね。

今回の「獣になれない私たち」もバーでの設定です。

おそらく、それぞれの登場人物が、日常で問題を抱えて悩んでいく。

そして、頭を抱えながら悩んだことを、クラフトビールバーで発散して問題を解決するのか?ただストレスを発散するだけのなのか?よりストレスを抱えてしまうのか?

ここが、このドラマの見どころでもあり楽しみなところです。

放送後のネタバレ!

深海晶(新垣結衣)と京谷(田中圭)がクラフトビールバーで話をしています。

今度京谷の母親と会うことを言います。

恒星(松田龍平)に橘呉羽(菊池凛子)は、結婚したと伝えます。

恒星は、誰と付き合っていたのか?と聞きます。

まさか他の男と結婚していたとは知りませんでした。

テンションが上がった橘呉羽は、恒星のおごりでお酒のボトルを1本開けます。

マスターのタクマラカンも驚きます。

自宅に帰った深海晶(新垣結衣)と京谷(田中圭)は、マンションの部屋の更新を相談します。

立ち止まる京谷。

話をそらします。

翌日になり晶が、起きると社長の九十九剣児から次々と連絡が。

社内の仕事をどんどん頼まれていきます。

仕事場へ急ぐ晶。

会社に着くと、会議に向けてどんどん準備を進める晶。

パワポの資料を修正をして社長に提出をします。

剛腕社長は、どんどん要件を言ってきます。

その要件に、どんどん答えていく晶。

他の社員の仕事をどんどん任されて行ってしまいます。

気づけば夜も更けていきます。

毎日毎日自分の仕事はできず。

他の人の仕事ばかりこなす晶。

疲れ切っていった先は、、、クラフトビールバー。

晶は、クラフトビールバーで飲むビールが唯一のオアシス。

そこには、恒星もいました。

晶は、恒星に質問をします。

恒星は、嫌ですと答えます。

諦める晶。

バーの店長は、あきらめないで!と言います。

晶は、恒星が言われた「お互いに対して好きじゃない」ということに疑問を持っていたのです。

恒星は、「彼女は、俺を愛していた。俺も彼女を愛していた。でも、結婚できない理由があったのです。」

「その理由は、俺人生が長くないんです。」と。

その言葉に、何を言ったらいいか分からない晶。

翌日、恒星のもとに橘呉羽がやってきます。

自分の会社を設立するために恒星に相談に来たのです。

恒星は、弁護士です。

晶は、佐久間のところへやってきます。

社長の要望のためお願いをします。

上野に仕事を任させようとしますが、どうしてか上野は自分の仕事ではないと思っています。

松任谷の仕事も社長から晶に任されてしまいます。

松任谷の仕事も無事にこなしてしまう晶。

仕事を終えると、その場を去るのです。

ある場所に向かおうとするも晶はバスで寝過ごしてしまうのです。

京谷(田中圭)と食事の待ち合わせをしていたのです。

そこには、京谷の母親の千春もいたのです。

千春は、晶に、実家のことを聞きます。

言葉につまる晶。

晶は、「大切な娘じゃないんです。」と告白。

「実家は木更津。父は、暴力をふるう人でした。母はよく殴られて。父は交通事故でなくなって母と二人きりになって」

「母、マルチ商法にいつの間にか手を出していて。お金もすべて使われていました。その代わり、健康になる水が家の中で増えていって。母は、勤め先や知り合いにも勧誘を始めました。」

「辞めてくれと言っても辞めてくれませんでした。それで、母とは縁を切りました。実家を出て6年。」

「結婚しても連絡をしない方がいいです。すいません。こんな話。嘘はつきたくないので。」

その話に、千春は驚きます。

食事が終わって晶と京谷は帰ります。

京谷が、自宅に帰ると朱里が部屋を汚していました。

部屋を汚された京谷は、朱里の部屋に入って怒ります。

朱里はひたすらゲームにハマっていて京谷の言葉が耳に入りません。

仕事をせずに毎日ゲーム三昧。

翌日、上野が見積もりを間違えて送ってしまったようです。

社長は、電話で切れて怒っています。

晶は、正しい見積もりを送りなおして上野のミスをカバーします。

肝心の上野は、体調が悪いと言って早退をしてしまうのです。

上野がいなければ、やるのは晶しかいない。

そして、晶はまた自分の仕事でないものをするのです。

無事に仕事をこなすと、今度は、別の仕事を社長から命じられるのです。

今度は、松任谷のミスをカバー。

相手の担当者は、怒り土下座をしろと要求します。

冗談でいった担当者ですが、晶は本当に土下座をするのです。

松任谷のミスで、SEたちは、夜遅くまで仕事をさせられるのです。

そんなSEたちに差し入れをする晶。

そして、担当者にメールをします。

SEたちが頑張ってくれたおかげで仕事も無事に終了。

そして、担当者から連絡がきます。

内容は、晶を誘っているものでした。

何かが外れた晶は、電話を切ってしまうのです。

九十九からは、しつこいメールが。

呆然とする晶。

どうしたらよいか分からないようです。

しかも京谷の母親からもメール。

疲れ切った晶は、クラフトビールバーによります。

心配するマスターに、指を1本だけたててビールを頼みます。

いつものように、恒星もいました。

晶は、ビールをひたすら飲みまくります。

恒星は、「いつもの笑顔がないねぇ~」と言います。

「いつものキモイ笑顔?」と晶は、言います。

「今日は、キモイ笑顔を繰り出さないのですか?」恒星は、聞きます。

さらに、恒星は、「やっぱり結婚したいものなの?」。

晶は、「結婚したこともあるけど、今は恋がしたい。誰かに恋をしてすごくすごーく好きになって。新しい恋ができたら何か変わるかな?」。

恒星は、「彼との詳しい恋は知らないけど、ここから始まる恋もあるからかもしれないです。」と言うのです。

その言葉に、晶は、昔恒が、晶をナンパしたことがあったのというのです。

もちろんその時晶は、断ったのです。

しかし恒星は、全く覚えていませんでした。

そして、晶と恒星はお互いに分かれます。

翌日、晶は洋服とブーツを買い替えて舐められないように会社に行きます。

そして晶は、業務内容の改善要求を社長に差し出します。

【獣になれない私たち】第1話のネタバレでした!

【獣になれない私たち】感想!

がっきーやっぱりかわいいですね!

会社員役ってなかなか見ないです。

ガッキーは何を着ても洋服が合いますね。

そして、ドラマの内容は、というと。

第一回目のドラマってどれも登場人物のことが分からないのでとても内容が濃い。

ガッキー主演の【獣になれない私たち】も内容がとても濃い。

登場人物の半分以上が仕事にやる気のない人たちばかり。

彼らのミスや尻ぬぐいにガッキー演じる晶は、紛争します。

実際にこんな社会あるわけないよね?と思いますが、結構こんな会社ってあったりします。

会社の売り上げの8割は、社員の1割の人が負かっていると言われるように、仕事が多すぎて抱え込んでいるなんて実はざらなのです。

その損な役回りを今回ガッキーが演じています。

周りに気を使いすぎていると、こんなことになってしまうのですね。

ガッキーの役を見ていると、どうしてもイライラしてしまいます。

なぜやらない!とかやれない!と言えないのか?

彼氏に気を使って。

社長に気を使って。

同僚やほかの社員たちに気を使って。

気持ちが落ち着く場面がありません。

そんな場面が続くと生きているのが、辛くなってしまいますよね。

そして、一番気になるのが、恒星。

晶には、婚約者?と言う京谷がいます。

しかし、晶は、本当に結婚をしたいのか?分からなくなっています。

そんな中、恒星と出会うのです。

この二人が、今後の関係が気になりますね。

【獣になれない私たち】第1話の感想になります。

【獣になれない私たち】出演キャスト達!(回を重ねるごとに変えていきます!)

出演者をこちらで紹介します。

あらすじやネタバレを見ていて分からなくなったら参考にしてみて下さい。

一人目は、30歳の深海晶(しんかい あきら)。

新垣結衣さんが役を演じます。

八方美人の残念な女性です。

八方美人がゆえに、自分の人生を押しつぶしてしまっている。

みんながどんどん甘えてきて仕事もプライベートもいっぱいいっぱい。

そして、彼女はふとこう思います。

「私、何のために頑張っているんだっけ?」

完全に残念な人ですね。

二人目は、根本恒星(ねもと こうせい)。

性格も良くてとても女性にもてる弁護士。

だけど、これも仮面の顔。

本音では、人をそもそも信じていない。

人も愛すことはない。

仕事をそつなくこなしていたが、あることをきっかけにピンチに追い込まれます。

3人目は、タクラマカン斎藤。

松尾貴史さんが、演じます。

クラフトビール店「5tap」オーナー兼店長。

いつも晶と恒星を見守っています。

4人目は、岡持三郎(おかもち さぶろう)。

ラーメン屋の店長。

一ノ瀬ワタルさんが、演じます。

5人目は、長門朱里(ながと しゅり)。

黒木華さんが、演じます。

この人のことを考えると、憂鬱に!と思ってしまうほどの謎の女性。

6人目は、花井京谷(はない きょうや)。

大手デベロッパーで働く晶の恋人。

田中圭さんが、演じます。

7人目は、橘呉羽(たちばな くれは)。

情熱的なブランドデザイナー。

菊池凛子さんが、演じます。

8人目は、花井千春(はない ちはる)。

京谷の母で、田中美佐子さんが担当します。

9人目は、九十九剣児(つくも けんじ)。

せっかちな剛腕社長です。

いつも晶に、仕事を押し付けています。

山内圭哉さんが、演じます。

10人目は、上野発(うえの はつ)。

無気力な新人君を、犬飼貴吏さんが演じます。

11人目は、松任谷夢子(まつとうや ゆめこ)。

性格が明るいけど、的外れな営業してくる女性。

この役を演じるのは、伊藤沙莉さん。

12人目は、佐久間久作(さくま きゅうさく)

SEチームのリーダーです。

近藤公園さんが担当します。

新垣結衣さん演じる晶とどのようにこの人々が関わってくるのか?見どころですね。

【まとめ】獣になれない私たち(第1話)あらすじとネタバレ!

「獣になれない私たち」の第1話のあらすじとネタバレを紹介していきました。

八方美人の晶(新垣結衣)と性格がよいように見えるが人のことを全く信用していない恒星(松田龍平)とが、クラフトビールバーで何かを引き起こすストーリー。

どんなストーリーが繰り広げられるのか?楽しみですね!

気になる第2話は、こちら!

【獣になれない私たち】感想とネタバレ!第2話!(晶は、今回も無視される!)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です