ハラスメントゲームの弁護士役は誰?【慶応卒で麻雀好き!?】

ハラスメントゲームの弁護士役は誰?【慶応卒で麻雀好き!?】

唐沢寿明主演のハラスメントゲーム。

大手スーパーマルオが舞台になっているドラマです。

スーパーマルオの弁護士役のイケメンが話題になっています。

このイケメン見たことあるけど誰だっけ?

気になるあなたへ。

ハラスメントゲームに出演している弁護士役についてここで紹介します。

ハラスメントゲームの弁護士役のイケメン俳優って誰?

ドラマでも大事な役柄なこのイケメン。

古川雄輝(ふるかわ ゆうき)さんです。

出身地は、東京ですが、7歳よりカナダへ移住しています。

カナダには、父親の仕事の関係で行っていたそうです。

お父さんの仕事は、医師。

パーキンソン病の研究でカナダに行っていたようです。

16歳で単身ニューヨークにも行っていますね。

その後は、日本に戻り慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科を卒業しています。

イケメンの上に高学歴ですね。

古川雄輝の意外過ぎる趣味とは?

実は、古川さんは麻雀が大好き!?

NHK総合で放送された「スタジオパークからこんにちは」では古川が最も落ち着く場所として麻雀卓が紹介されました。

麻雀は、慶応大学入学から始めていて俳優をはじめてからも続けているようです。

撮影現場に行くとわざわざ麻雀が出来るスタッフを探して6-12時間は打ち込むのだそうです。

最長では、3日間連続でやったこともあると周囲も圧巻のエピソードを明かしています。

古川さんのツイッターでも麻雀の写真が公開されているほど好きなようですね。

古川雄輝の主演作品が中国で話題過ぎて大変!?

古川さんの主演をつとめている作品は、こちらです。

<映画>

  • men’s egg Drummers
  • 富夫
  • 我愛你in tokyo
  • 風の色

<ドラマ>

  • イタズラなKiss〜Love in TOKYO
  • 日中合作ドラマ不可思議的夏天
  • 僕だけがいない街

出演された作品の中でも「イタズラなKiss~Love in TOKYO」が、日本と同時に中国で配信され、5,000万ビューを超える大ヒットを記録しました。

中国内でのSNSはフォロワー数100万人を超えたそうです。「男神(=「憧れの男性」という意味)」と言われています。

凄い数ですね!

この人気で、中国のドラマの作品にも出演するようになります。

最近では、中国ドラマ「不可思議的夏天」に出演されたそうです。

「不可思議的夏天」は、「世にも奇妙な物語」の中国バージョンになります。

スポンサーリンク

ハラスメントゲームではどんな役柄なの?

古川雄輝(フルカワ ユウキ)は、マルオーホールディングスの顧問弁護士で
B&T法律事務所所属の弁護士・矢澤光太郎を演じます。

ハラスメントという言葉が今社会問題になっている中で、弁護士がどのようにハラスメントに関わるのかは大きな関心です。

原作自体がドラマ放送の7週間前に発売(2018年10月5日)されるので、どんな役柄かは想像できません。

しかし、会社のハラスメント問題を取り上げたこのドラマでは、弁護士が大いに関わってくると思います。

どんな風に古川さんが、弁護士役として関わってくるのか?楽しみですね!

ハラスメントゲームの弁護士役は誰?のまとめ!

ハラスメントゲームに弁護士役として、出演しているイケメン俳優は誰かについて紹介してきました。

古川雄輝(ふるかわ ゆうき)さんです。

慶応大学卒業で、麻雀という意外すぎる趣味を持っている古川さん。

主演されたイタズラなKiss〜Love in TOKYOが中国で大人気!

中国内でのSNSはフォロワー数100万人を超えたそうです。

今後も期待な俳優さんですね。

ハラスメントゲームでは、どんな弁護士を演じるのか?楽しみですね!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です