半分青いネタバレ感想26週156話【そよ風ファンの名前変更!?】

半分青いネタバレ感想26週156話【そよ風ファンの名前変更!?】

とうとうラスト。

そよ風ファンはもちろん気になるけど。

それ以上に気になるのが、律と鈴愛。

どうなるのか?

今回の半分青い26週156話のネタバレポイントはこちら!

  • 実家岐阜で何が起こる?
  • つくし食堂で開かれるパーティーとは?
  • 今さら扇風機の名前変更?
  • そよ風ファンへの思いを語りだす?
  • 律が鈴愛にプレゼントしたものとは?
  • 短冊に書かれていたこととは?

ネタバレポイントを参考に今回のネタバレをご覧下さい。

スポンサーリンク

半分青い26週156話ネタバレ!

放送前のネタバレと放送後のネタバレをこちらで紹介します。

場面は、岐阜の実家。

岐阜に実家のつくし食堂でパーティーが開かれることに。

そのパーティーとは、そよ風ファンの発売決定記念パーティーです

とうとうこの日がやってきましたね。

晴を中心と下つくし食堂のスタッフ達は、急いでパーティーに向けて準備を進めていきます。

そよ風ファン。

鈴愛は、準備の途中にあることを思いつきます。

それは、扇風機の名前変更

ある言葉を思い浮かべて、鈴愛が思いついた名前が、「マザー」

なるほど~と、律と津曲がうなずきます。

でもパーティーは間近。

早速、律と津曲は急いでそよ風ファンから「マザー」へ変更しようとします。

準備が進んで、夕方。

パーティー会場であるつくし食堂には、いつもお馴染みの仲間達がそろいます。

そして、パーティーの開始。

東京から律も到着します。

そしていざパーティーの幕開け。

鈴愛と律は、そよ風ファン改め「マザー」での開発をした経緯を語りだします

放送後のネタバレ!

鈴愛は、自宅のつくし食堂にてパーティーを開こうとしています。

新聞社の人が来ます。

なんと新聞社の人は、学校で新聞部にいた人でした。

新聞社の人は、そよ風ファンの取材に来たのです。

ふと、鈴愛は、そよ風ファンの名前変更を思いつきます。

その名は、マザー。

律に電話をしたら「それ、いいねぇ。」と。

急いで名前変更の登録をします。

津曲は名前変更を渋るも名前のカッコよさに引かれてOKを出します!

そうこうしているうちに、パーティーが始まります。

司会は、鈴愛。

マザーの由来を語り始めます。

晴が、闘病した時の思いを込めて作り始めたと。

そこへ律が登場します。

律しゃべれと言わんばかりに律は、前に出て話始めます。

「もし、和子さんが生きとったらこの風を浴びせたいと思って作っとった。この風は、僕は天にも届くと思った。」と律は語り始めます。

「この風は、裕子ちゃんにも届く。そう思っています。鈴愛の思いが届くように。」と律が語った言葉に、鈴愛の頬からは、涙が零れ落ちます。

鈴愛にマイクが渡ります。

「みんなありがとう。裕子も和子おばさんも。ここにいない人も。みんなありがとう。」と鈴愛は、言い、全員がうなずきます。

ぶっちゃーが、「かんぱいしようや!」と空気を読まずに言います。

今日は鈴愛と律の誕生日でもあります。

夜になり、律が帰ります。

律は、鈴愛に傘をプレゼントします。

雨の音が綺麗に聞こえる傘

昔約束したあの傘。

鈴愛は、覚えていてくれて驚きます。

ふと鈴愛は、自分がプレゼントを持っていないことに気づきます。

「ごめん」という鈴愛に、「もうプレゼントはもらった。というか盗んだ。」と律が短冊を持ちながら言います。

律は、短冊に書かれていた「律のソバにいられますように。」を読み上げます

「読むな」と鈴愛の言葉に、「よくこんなことを書いたな」と律は言います。

私には、律しかだめなんだ。私の律は、律だけなんだ。一人だけなんだ。」と鈴愛は、言います。

鈴愛は、緊張しながら両手広げてを律の方に向きます。

鈴愛と律は、互いに抱き寄せあいます。

律は、「鈴愛を幸せにできますように」と鈴愛に自分の願いと決意を言います。

朝になって雨が降り鈴愛は、さっそく律が作ってくれた傘をさします。

傘をさすと、鈴愛は、雨の音と律の作ってくれた優しさを感じるのでした。

半分青い26週156話の放送後ネタバレは、終了後に公開します!

スポンサーリンク

半分青い26週156話感想!

「やった~!」と涙を流しながら見てしまいました。

とうとう。

とうとう。

鈴愛と律が結ばれましたね。

律が、鈴愛が昔約束した傘を覚えいてよかった~。

しかも作ってしまうなんてやはり律。

それだけ、鈴愛のことを大切にしていたことが分かります。

本当に良かった。

パーティーのことも感動しました!

名前変更を思いついた瞬間に行動に移してしまうのは、さすがの鈴愛です。

そして、パーティーで律と鈴愛が扇風機への思いを語り始めました。

和子さんや裕子への思いは、涙なしでは聞いてられませんでした。

純粋なモノづくりへの思い。

とても伝わってきましたね。

とにもかくにも本当に二人が最後は結ばれた形でよかったですね。

すっきりです。

以上。

半分青い26週156話の感想でした!

【まとめ】半分青いネタバレ感想26週156話

半分青い26週156話のネタバレと感想をこちらでまとめます。

ネタバレポイントはこちら!

  • 実家岐阜で何が起こる?
  • つくし食堂で開かれるパーティーとは?
  • 今さら扇風機の名前変更?
  • そよ風ファンへの思いを語りだす?
  • 律が鈴愛にプレゼントしたものとは?
  • 短冊に書かれていたこととは?

半分青い。

とうとう。

とうとう。

終わってしまいましたね。

律が鈴愛に思いも語りましたね。

一安心。

でも、もうこの二人が見れないなんて。

残念過ぎますね。

でも最後に二人が結ばれて本当に良かったですね。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です