半分青いネタバレ感想23週135話【鈴愛、津曲と再会!】

前回は、かんちゃんに落ちて来たものからかばおうとして律は右手を怪我してしまいました。

ちょっと気になる律。

今後には影響があるのか?

今回は半分青い23週135話になります。

今回のネタバレポイントはこちら!

  • 津曲が戻ってきた!
  • 鈴愛は、戻ってきた津曲と再開!
  • 律は、かんちゃんと遊ぶ中で大事なことを思い出す。
  • 草太から鈴愛へ母の晴が病気になってしまったことを告げられる。

ポイントにネタバレをご覧下さい。

スポンサーリンク

半分青い23週135話ネタバレ!

鈴愛(永野芽郁)と恵子(小西真奈美)が仕事場で話しています。

新しい商品の販売を考えている商品を考えているようです。

これまで新しい商品を販売しても中々売れなかったため仕方なく故郷のソウルフードの五平餅を屋台販売していました。

しかし鈴愛は、屋台で五平餅を売るのを辞めることを決意。

五平餅も屋台ではあまり売れなかったのです。

五平餅を屋台販売するのをやめることを恵子に言います。

納得した様子の恵子。

そして恵子からは、衝撃の一言を鈴愛に告げます。

津曲が帰ってきたとのこと。

津曲には、たくさんの恨みがある鈴愛。

鈴愛は、走りながら津曲のところへ向かいます。

津曲(有田哲平)はラーメン屋として鈴愛が働く同じ建物で始めた様子です。

ラーメンを作っていた津曲のところへ鈴愛は乗り込みます。

津曲を見つけて、にらみをきかせながら”つまがり”と叫ぶのです。

津曲はヤバイと思ったのか鈴愛に謝ります。

鈴愛は、津曲がいなかった時に起こったことを訴えます。

債権者が毎日訪れて大変だったことや土下座を毎日して謝っていたと。

津曲は、泣きそうな顔をしながら謝ります。

津曲は、自分の会社であるヒットエンドランの資金繰りが去年の11月からうまくいかなくなったことを伝えます。

しかし、鈴愛はとっくに知っているとはねつけます。

怒っている鈴愛を見て津曲は、話題を変えようと塩ラーメン専門を始めると伝えます。

鈴愛は、ラーメンに興味を示します。

しかし思い出したように津曲に鈴愛は、以前開発して全く売れなかった土佐猫を販売するように要求します。

津曲はごまかします。

何とか鈴愛は、ラーメンをに食べさせるのです。

鈴愛は、ラーメンの美味しさに感激します。

もう一口食べようとした時に、鈴愛の携帯が鳴ります。

相手は、草太(上村海成)。

草太は鈴愛に言いたい事がある様子。

草太がいる場所は、病院のようです。

何が起こったのか?

場面は変わって律(佐藤健)家。

突然訪問者が現れます。

光江(キムラ緑子)とかんちゃん(山崎芽里那)です。

律の右腕の骨折を心配してかんちゃんのスケート後に訪問したようです。

光江は、お茶を入れながら律へお願いをします。

鈴愛の再婚相手にならないかと。

律は、鈴愛とはそんな関係でないと言い切ります。

律が言い切った様子を見て、光江は残念そうに引き下がります。

そして光江は、帰ります。

かんちゃんは、律の家に残ると言い出したます。

律は、パソコンで転職先を探しています。

かんちゃん1人では、コップと割り箸を使ってカニを作っています。

真剣にかんちゃんがカニを作っているのを見て、律は動けるカニを作ろうか?と言います。

目をキラキラせながらかんちゃんは、うなずきます。

律はかんちゃんに動けるカニを作ります。

動けるカニを見てかんちゃんは嬉しそうに大騒ぎ。

嬉しそうなかんちゃんの様子を見て、律は何かを思い出します。

子供の頃に鈴愛や家族に物を作って楽しかったことや嬉しかったことを。

それは、律にとってとてもとても大事なことのようです。

場面は変わって夜になって鈴愛の帰りを待っている律と正人(中村倫也)。

律は、正人に昼に思い出した大事なことを伝えます。

律が語ります。

何かをして人に喜ばれたい。

何かをした先に誰かの笑顔があればいい。

律は、ものづくりを目指した熱い思いを正人に語りだします。

そんな時に鈴愛が、帰ってきます。

鈴愛は、なにやら慌てている様子。

かんちゃんは、律のベッドで横になって寝ています。

そんな寝ているかんちゃんを鈴愛は、無理やり起こそうとします。

律は、いつもと違う鈴愛の様子に何があったのか?と聞きます。

鈴愛の口から衝撃の一言が。

鈴愛の母の晴(松雪泰子)が癌になったことを告白。

ここまてが、半分青い23週135話のネタバレになります。

先がとても気になる終わり方ですね。

スポンサーリンク

半分青い23週135話感想!

まさか津曲が戻ってきましたね。

津曲は、塩ラーメン専門店を始めるといって戻ってきましたが目的は他にもありそうです。

今後津曲のやることが気になりますね。

律は、かんちゃんと一緒にコップを使ってカニを作る場面があります。

まるで親子のようにカニを作っています。

本当の親子に早くならないかなぁと期待しちゃいますね。

そして一番気になるのが、鈴愛の母である晴が癌になってしまったという告白。

うーん。

律のこともあるので今後の展開がとても心配。

どうなる?

明日も気になる半分青いですね。

半分青い23週135話の感想でした!

半分青いネタバレ感想23週135話まとめ

今回の半分青い23週135話とネタバレと感想のまとめです。

ネタバレポイントはこちらでした。

  • 津曲戻ってきた!
  • 鈴愛は、戻ってきた津曲と再開!
  • 律は、かんちゃんと遊ぶ中で大事なことを思い出す。
  • 草太から鈴愛へ母の晴が病気になってしまったことを告げられる。

津曲と鈴愛の今後の展開が気になりますね。

律もかんちゃんと接する雰囲気がまるで親子。

そして最後に一番衝撃なのが、晴が癌だという草太からの連絡。

今後は、どうなる?

鈴愛と晴が気になる方は、こちらをチェックしてみて下さい。

半分青いネタバレ感想23週136話「信じたい!」晴はどうなる?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です