半分青いネタバレ感想22週129話!【鈴愛と津曲の取引!】

前回の半分青いは、津曲(有田哲平)が岐阜犬を欲しいとやってきました。

律は、海外赴任を打診されるも家族のことを思い大阪本社へ戻ることを決意。

最後の場面でかんちゃんが、口笛を鳴らし律が寝ているのを起こしにやってきました。

今回はどうなるのか?

今回の半分青いネタバレ感想22週129話のポイントはこちら!

  • どうしてもフィギュアを習わせたいと思う鈴愛
  • 津曲から岐阜犬の企画が通ったと連絡
  • 岐阜犬を津曲が買い取りたいと提案
  • 急展開!鈴愛が東京にある津曲の会社に入りたいと言い出す!
  • 律とより子の気になる電話

今回のネタバレポイントを参考にネタバレをご覧下さい!

スポンサーリンク

半分青い22週129話ネタバレ!

かんちゃんが律の家の前で笛を吹いて律(佐藤健)を起こします。

律が起きて窓から顔を出します。

かんちゃん(山崎莉里那)は律に用事があるとのこと。

律の家でかんちゃんはココアをごちそうになります。

かんちゃんはなぜ律の家に来たのか?

かんちゃんはとりあえず律にプレゼントを差し出します。

渡したのは、ガチャガチャ。

律が中を開けると笛が入っています。

かんちゃんは、律も困ったときは笛を鳴らせば良いよと。

律は、困ったときは誰が来てくれるのかなぁ?とかんちゃんに質問します。

かんちゃんは、暇だったら自分が行くと言います。

律は、暇だったらかぁ~。がーん。とちょっとニヤケながら言います。

律は、かんちゃんにありがとうと言います。

律からかんちゃんにフィギュアはどうなったのか?と聞きます。

かんちゃんからはやりたい!フィギュアの靴がガチャガチャにあると言われます。

律は納得した様子。

かんちゃんはフィギュアの靴のガチャガチャを狙っていて笛が出たようです。

律は、かんちゃんにガチャガチャをやりに行こうかと提案します。

かんちゃんは嬉しそうにうなずきます。

場面は変わって鈴愛の就職探し。

鈴愛(永野芽郁)は、雑誌にマルをつけながら何かに悩んでいる様子。

そんな様子を見かねた晴(松雪泰子)は何に悩んでいるのかと聞きます。

鈴愛は、かんちゃんにフィギュアスケートをやらせてあげたい。

そのためには名古屋の教室に通わねばならない。

名古屋の大須で暮らすためにバイトを探しているけど時給1000円。

かんちゃんを保育園に入れて、名古屋でアパートを借りてフィギュアを習わせる。

時給1000円のバイトでは無理そうと鈴愛は悩みます。

そんな時に一本の電話が鳴ります。

相手は、津曲です。

津曲から衝撃の報告が。

鈴愛からもらった岐阜犬の企画がトイギャラクシー(お話では、大手おもちゃ会社)で通ったとのこと。

場面は変わって昼時。

津曲は、つくし食堂に入ってきます。

食堂に入ると、草太(上村海成)が出迎えて家の中に。

座敷には、宇太郎(滝藤賢一)、晴、鈴愛が座って出迎えます。

津曲から岐阜犬の企画は通ったが極秘にと念を押されます。

津曲から岐阜犬を鈴愛へ返却します。

そしてトイギャラクシーと進行中の企画について説明します。

岐阜犬を参考によりかわいく、キュートに万人に受けるように変更しているとのこと。

発売は来年の2月に決定したこと。

発売にあたり鈴愛に津曲から名前変更の相談をします。

岐阜犬からおしゃべりわんわん。

鈴愛からは、岐阜犬のままを希望。

津曲は納得した様子です。

そして津曲からは、岐阜犬の権利を買い取りたいと希望があります。

津曲に、鈴愛へ300万円の契約額を提示してきます。

家族全員契約額に驚きます。

鈴愛は、契約額に納得。

津曲は、携帯が鳴り一時離れます。

ふと鈴愛は、津曲の名刺を見て驚きます。

東京都渋谷区千駄ヶ谷。

そう、神宮のスケート場があるところ。

フィギュアをするならうってつけの場所なのです。

これは何かのチャンスか?

さらに鈴愛にチャンスがまぎれこみます。

津曲が電話から戻ってきます。

電話は津曲の会社の事務が一人辞めてしまったと打ち明けます。

そして津曲は、鈴愛に津曲の会社で働けそうな人を知っていないかと相談をします。

津曲は鈴愛が以前東京に住んでいたことを知っていました。

津曲が聞くと鈴愛が自分が津曲の会社で働きたいとアピールします。

パソコン使えてワープロソフトと表計算もできると自信ある様子で言います。

しかし、これは嘘。

さらに強気に鈴愛は、交換条件を出します。

それは、鈴愛を津曲の会社で雇わないと岐阜犬の権利は渡さないと。

津曲は鈴愛の提案に驚きます。

場面は変わって居酒屋。

律と健人(小関祐太)が飲んでいます。

律が津曲に言った提案を酒の肴に飲んでいます。

また場面は変わって楡野家。

鈴愛と晴が話し合っています。

鈴愛が、津曲に言ったことを振り返っています。

晴は、鈴愛に本気なのか?と問います。

鈴愛は、かんちゃんにスケートをやらせたいと一言。

またまた場面は変わって喫茶ともしび。

麗子(山田真歩)、健人、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(菜緒)、律。

4人の話はやはり鈴愛が東京に戻ろうと思っていること。

話の途中で律に電話がかかってきます。

電話の相手は、妻より子(石橋静香)から。

律からは、来週大阪へ戻ることを伝える。

すると、より子から話がある。

明日岐阜に行って話しをしたいとのこと。

ここで、半分青い22週129話のネタバレは終わりになります。

スポンサーリンク

半分青い22週129話の感想!

今回は展開が急でした。

岐阜犬の企画が通ったのは予測できましたが、まさか津曲の会社に働こうと思うとは。

さすが鈴愛ですね。

でも母の執念って凄いなぁ~と思います。

そして気になるのが、律とより子の電話の場面。

より子が岐阜に来て律と話をする。

次回はここがポイントになりそうですね。

半分青いネタバレ22週19話まとめ!

半分青い22週19話のネタバレと感想でした。

今回のネタバレポイントはこちらでした。

  • どうしてもフィギュアを習わせたいと思う鈴愛
  • 津曲から岐阜犬の企画が通ったと連絡
  • 岐阜犬を津曲が買い取りたいと提案
  • 急展開!鈴愛が東京にある津曲の会社に入りたいと言い出す!
  • 律とより子の電話

津曲から岐阜犬の企画が通ったと鈴愛に連絡があります。

そして津曲は、岐阜にやってきて鈴愛と岐阜犬の契約になります。

その時に鈴愛は、気づきます。

津曲の会社がスケート場が近くにある千駄ヶ谷であることを。

そして津曲の会社では、急に一人事務が辞めて人を探している。

このチャンスに、鈴愛はとてつもない行動力を見せるのです。

そして気になるのが、律とより子の電話。

より子は、岐阜に直接出向き話をしたいことがあるとのこと。

めちゃくちゃ気になります。

何?

なんだろう?

次回のネタバレのポイントになりそうですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です