半分青いネタバレ感想22週127話!【かんちゃんとフィギュア】

半分青いも残すところ後1カ月。

さらに展開がワクワクしてきますよねぇ~。

今回の半分青い22週127話ネタバレポイントはこちら。

  • 里子から鈴愛にお小遣いについての話
  • かんちゃんはお小遣いをフィギュアのために貯めていた!
  • フィギュアを習わせたいけど遠すぎる、、
  • 謎の男、津曲雅彦(ツマガリ マサヒコ)登場!

ぜひこの5つを頭の片隅に入れながらネタバレをご覧下さい。

スポンサーリンク

半分青い22週127話のネタバレ

楡野家(しいのけ)が何やら騒がしいようです。

宇太郎(滝藤賢一)、晴(松雪泰子)、草太(上村海成)、里子(咲坂実杏)、大地(田中 レイ)がある瞬間を見守っています。

それは、花野(=かんちゃん、山崎莉那)が、浅田真央の真似をして3回転半の真似をしようとしている瞬間。

かんちゃんは、上手に飛べた様子。

宇太郎が親バカのように金メダルもいけるのではと褒めちぎります。

そこへ鈴愛(永野芽郁)が帰ってきます。

テンションの上がる宇太郎もかんちゃんのように飛ぼうとします。

しかし、飛べたのは3回転半どころか半回転

草太も飛ぶけど1回転程。

ふと草太も鈴愛に飛んでみるように言います。

鈴愛はまじめな顔をしながら怖いからと拒否。

そんな言葉を気にせずに大地、晴さんがどんどん飛んで大賑わい。

スポンサーリンク

どうして大地の肉まんを食べちゃうの?

かんちゃんはおもちゃの箱の3段目から缶に入っていたお金を眺めます。

100円ちょっと。

どうやら貯めていたお金のようです。

昼食時まで宇太郎と大地がメンコをしてます。

食卓にいる草太からご飯だと声がかかります。

食卓の準備をしていた晴に大地がメンコの自慢をします。

大地の話を聞いていた晴がふと里子がどこにいるのか?を大地に聞きます。

草太は別部屋で話し合いとだけ言います。

別部屋で里子と鈴愛が話をしています。

話は、お小遣いの話

里子は大地とかんちゃんが一緒に遊ぶ時のことを説明します。

一緒にスーパーに行ってもいつもかんちゃんはお金がないと言うとのこと。

里子が大地が肉まんを買ったときの話をします。

お金がないかんちゃん。

大地が肉まんを買う。

かんちゃんのために肉まんを半分にする。

里子の言葉に鈴愛が理解した様子でした。

鈴愛は、肉まんをかんちゃんが7割は食べちゃうのではと里子に聞きます。

里子は実は、大地がかんちゃんに肉まんを全部あげちゃうといいます。

これを聞いた鈴愛は、恥ずかしさからか2階に上がっていってしまいます。

宇太郎が、そうめんができたと伝えても無視して上がっていってしまいます。

鈴愛が入ってくるのに気づいてかんちゃんは、とあるものを背中の後ろに隠してしまいました

鈴愛は2階でかんちゃんを見つけてどうして大地の肉まんを食べてしまうのか?を問いただします。

座ってじっとかんちゃんを見つめる鈴愛。

泣きそうな顔をしながら下を向いています。

鈴愛は右手を上げながらもう一度どうして大地の肉まんを食べてしまうのか?を問いただします。

かんちゃんと鈴愛の声を聞きつけて里子と草太が部屋に入ってきました。

里子は、おこづかいをあげるようにアドバイスします。

間髪入れず鈴愛は、お小遣いはすでにあげていると里子に言います。

今度は鈴愛は、かんちゃんに向かってお小遣いは何に使ったのか?を問いただします。

黙って体育すわりをしているかんちゃん。

草太が見かねてあまり責めるなと言います。

里子と草太は下の階に行きます。

鈴愛はかんちゃんにさっき隠したものは何か?と聞きます。

鈴愛に言われてかんちゃんはお尻の後ろから絵を出します。

白鳥が水辺から飛びだとうとする絵です。

その絵を見て不思議そうな顔をしながらかんちゃんに聞きます。

かんちゃんは、この絵は湖で白鳥が踊る真央ちゃんだと鈴愛に伝えます。

これを聞いて鈴愛は分からなさそうな顔をします。

鈴愛の顔を見てかんちゃんは、真央ちゃんが白鳥が湖を飛んでいるように見えると伝えるのです。

少し分かったような顔をしながら鈴愛は、こう言います。

かんちゃんは鈴愛に”スケートをやってオリンピックに出てメダルととりたい”と熱い思いを伝えます。

鈴愛はかんちゃんの言葉を聞いて少し安心した様子です。

かんちゃんは自分のおもちゃ箱にあるお金をふと取り出します。

かんちゃんは、鈴愛に”お小遣いは使ってないで全部ある”と伝えます。

さらに、かんちゃんは”このお金でフィギュアを習う!”と熱く伝えます。

フィギュアを習えない、、、

さて場面は変わり鈴愛は、律(佐藤健)の自宅にいます。

律は、パソコンで何かを調べている様子。

どうやら律は、パソコンでふくろう町からスケート教室に通うルートを探している様子。

パソコンを見ながら調べ物が終わった律から”通うのは難しそうだ”と言われる。

律は、”通うなら名古屋の大須のスケートリンクだけど2時間半はかかる”と。

ため息をつきながら鈴愛は”やっぱりな”と。

律はパソコンを見ながら”スケート教室は名古屋の大須か東京の神宮が有名なのか。”と言います。

鈴愛は、”東京だったら行けたのに”と言います。

ついつい鈴愛も”どうしよう?”と腕を組みながら言います。

律はとっさに反応して”まだ諦めていないの”と呆れていました。

誰が考えても無理なことを鈴愛は考えていたのです。

青メダル欲しい!

場所は自宅に戻ります。

布団の上で鈴愛とかんちゃんは横になっていました。

かんちゃんは足を上げながら鈴愛に”メダルをとる!”と言います。

鈴愛は関心をしているとさらにかんちゃんは”青メダルだ!”言います。

とっさに鈴愛は青?と反応します。

鈴愛はかんちゃんに”メダルは金と銀と銅しかない”と伝えます。

吐くような様子で口元を押さえながらかんちゃんは”どれも好きじゃない色”と言います。

鈴愛は、考えながら”青、、、そのメダルは何等賞だろう?”と言います。

かんちゃんは分からないような顔をして鈴愛を見ます。

その様子を見て鈴愛は、”でも青いメダルいいね”と言います。

鈴愛は、青メダルのことを想像します。

そして鈴愛は、”青メダルって参加賞かな?”とつぶやきます。

それを聞いたかんちゃんは”しょぼいやつ?”聞き返します。

とっさに鈴愛は”違う。かんちゃん。しょぼくない。”と返します。

さらに鈴愛は、”メダルをとろうとして頑張ったんだからしょぼくない”と言います。

さらにさらに、鈴愛は”オリンピックに出ようとした人しかオリンピックに出れない。”と。

オリンピックを目指そうとしたかんちゃんに”勇気に母は青いメダルを上げたい!”と伝えます。

鈴愛の言葉にかんちゃんは”もらいたい!いただきたい!青いメダル!”と答えます。

鈴愛も理解したのか右手で敬礼をしながらラジャ!と答えます。

翌日かんちゃんの首には青いメダル。

鈴愛の手作りか?

かんちゃんがありがとう!の一言。

かんちゃんのスケートへのやる気は溢れんばかり。

でも最大の問題はスケートリンクへどう通うか?

問題は解決せず。

センキチカフェに怪しい男登場!

場面は変わってフクロウ会。

揃ったのは、律と鈴愛とブッチャー(矢本悠馬)と菜生(奈緒)の4人。

鈴愛から4人の前夜のかんちゃんとの青メダルのことを話した様子。

現実的にスケートに通うのが無理なのにかんちゃんのやる気が上がばかり。

方法はどうにもならず。

ブッチャーと律は揃って”かんちゃんに青いメダルをあげるなんて罪が深いね。”と一言。

みんなの言葉を跳ね返すように鈴愛は”かんちゃんは今まで自分から何かをやりたいと思ったことがなかった。”言います。

会話を遮るように従業員の健人(小関裕太)と麗子(山田真歩)から鈴愛に声がかかります。

麗子から鈴愛さんにウェディングの時に何を着たのか?を質問しました。

真剣に鈴愛が答えると健とは、”じゃあそれは選ばないようにしよう。”と言います。

半切れの顔で鈴愛は、”オイ!”と一言。

会話は残された3人の方へ。

菜生は鈴愛の青いメダルの話を聞いてうなずいていました。

菜生は、”子供にやりたいことはやらせてやりたいと思う”と。

残された3人で子供のことで盛り上がります。

急に店から鈴愛が走りながらできて”あの子、あんまりワガママ言わん。”。

鈴愛がいなくなってかんちゃんの話が終わったのかと思っていた3人はポカンとした様子。

鈴愛は”私が離婚する時も好きだったパパと離れる時も。ダダ1つ言わんかった。”と言います。

さらに鈴愛は、”逆に私を慰めてくれた。”と。

鈴愛の話を聞いたブッチャーが”すげぇ~”と関心した様子。

さらに鈴愛は、”かんちゃんの言うことはできるだけ聞いてやりてぇ~”と熱く伝えます。

菜生はうんうんとうなずいています。

鈴愛が思い出したように”それに、かんちゃん畳の上で2回転飛んだ!”と言います。

他の3人が飛べるのか?と疑問に思っています。

ふと律が、飛んでみるか?と提案します。

4人全員で順番にフィギュアスケートの真似をして飛んでみます。

耳が悪い鈴愛も怖がりながらも飛べました。

すると、いきなり知らないおじさんが4人のフィギュアの真似をしながら登場します。

おじさんは、名刺を出して自己紹介。

津曲雅彦(ツマガリ マサヒコ)株式会社ヒットエンドラン代表取締役。

ここで、半分青い22週127話ネタバレは終了!

半分青い22週127話感想!

かんちゃんの素直さが分かる回でしたね。

フィギュアを目指したいからお金を貯める。

小さい子では中々浮かばない発想にとても感動しました。

さらにかんちゃんの思いを知ってからの鈴愛の行動です。

どうにかできないか?

他の人の手を借りながら考える鈴愛。

とても献身的ですね。

こんな親を目指したいものです。

半分青い22週127話ネタバレまとめ

半分青い22週127話ネタバレでした。

今回のネタバレポイントは、こちらでした。

  • 里子から鈴愛にお小遣いについての話
  • かんちゃんはお小遣いをフィギュアのために貯めていた!
  • フィギュアを習わせたいけど遠すぎる、、
  • 謎の男、津曲雅彦(ツマガリ マサヒコ)登場!

かんちゃんが、自分のお小遣いを使わなかったのはフィギュアスケートを目指すため。

そのため少しずつお金を貯めていたのです。

かんちゃんの思いに、鈴愛は「何とかしたい!」と思って他の人の手を借りて考えます。

しかし、結局答えは出ず。

そこへ謎の男、津曲雅彦(ツマガリ マサヒコ)の登場です。

次回は、この津曲雅彦(ツマガリ マサヒコ)がポイントになりそうですね!

津曲の目的は?気になる方はこちらを!→半分青いネタバレ感想22週128話「津曲の目的は?」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です