ドロ刑のあらすじとネタバレ!【第一話キャストも紹介!】

ドロ刑のあらすじとネタバレ!【第一話キャストも紹介!】

ドロ刑~警視庁捜査三課が2018年10月13日(土)から始まります。

刑事役は、主演中島健人。

大泥棒役は、バイプレイヤーズの遠藤賢一さん。

刑事と大泥棒がおりなすストーリー。

どんな内容になるか楽しみですね。

ここでは、ドロ刑のあらすじと第一話のネタバレについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ドロ刑の第一話のあらすじネタバレ!

ドロ刑第一話のあらすじネタバレポイントはこちら!

  • 班目が煙鴉と遭遇
  • 班目に煙鴉の正体がバレる?
  • 伝説の引ったくり「キツツキのマサ」をハメる!

ネタバレポイントを参考にこちらをご覧ください。

班目が煙鴉と初対面!

斑目 勉(まだらめ つとむ)は、警察官としてのやる気はゼロ。

プライベート重視。

定時上りができる今の科を選んだのです。

彼が、刑事を選んだ理由は安定しているから。

口癖は、「早く転職しよう!」

やる気のない班目は、電車の中でひったくりを見つけるも休みの日だからと無関心。

他の乗客が、ひったくり(=ひょっこりはん)を捕まえるのです。

引ったくりが、自分の携帯を持っているのを見つけてついつい班目は、警察官であることを告白してしまうのです。

その様子を、遠くの席で煙鴉(けむりがらす)

彼は、証拠ゼロ、痕跡ゼロ、残していくのは不思議な煙草の香りのみで、警察も正体を全くつかめない伝説の大泥棒。

警察署に行った班目は、先輩の勝手田(丸山智己)は、怒られるのです。

しかし、班目は、「これから映画なんで帰ってもいいですか?」と全く反省の様子がありません。

班目が、警察官を目指したのは、「安定しているから!」という理由だけ。

ある日そんな彼が、刑事になるようにと本庁に呼ばれます。

普通なら刑事になれるのは、嬉しいことのはずなのに、班目は浮かない様子。

刑事になると、定時で帰れないからお断りします!」と言って断ろうとすると、上司が本気で怒ります。

班目は、晴れて?刑事になるのです。

煙鴉とバーで班目が遭遇!一発で見破る班目!

斑目 勉は、警視庁捜査三課。専門は、窃盗の捜査。

Barで煙鴉が飲んでいると、班目が入ってくるのです。

ため息をつく班目はいかにも自分の不満話を聞いてもらいたそう。

煙鴉が話をかけると、班目はすぐに話始めるのです。

「刑事に抜擢された。嫌だわぁ~。」と班目が言うと、「何が悪いの?」と聞き返す煙鴉。

「ドロボウ刑事ってなんだからテンション上がらないでしょ!」という班目。

反論するように煙鴉は、「でも、ドロ刑は、刑事の仕事のすべてが詰まっているというだろ。」と。

「刑事は休みも何もないし。もう辞めようかなぁ~。」と班目の言葉に、うんざりする煙鴉。

お会計をすまし帰ろうとすると、班目から驚きの言葉が。

「帰るんですか?お疲れ様っす。煙鴉さん。」と。

驚いて目を見開いて班目を見る煙鴉。

「どうして俺のことが分かった。」と煙鴉が聞くと、「あー、現場のにおいっす。それだけっす。」と班目が答えます。

「ちょっと待て。目の前に煙鴉がいると知っているのに、どうして捕まえない?」と煙鴉が聞くと、「俺酒飲んでいるし、オフなんで。」と班目が答えます。

「キツツキのマサ」に遊ばれる班目。

「キツツキのマサ」こと瀬戸正次郎は、伝説の空き巣。

そんなマサの張り込みをするようになった班目。

一緒に張り込みをするのは、宝塚瑤子(江口のり子)。

特異なことは、さぼり。

班目を置いて、一人でラーメン屋に行ってしまうのです。

班目が、マサの自宅を覗いていると、表に出始めるのです。

そして、班目は、尾行を始めます。

しかし、すぐにマサに尾行が気づかれてしまうのです。

「お前みたいな奴が、俺の尾行なんて100年早いぞ!」と。

尾行の失敗にまた上司から怒られる班目。

いつものように夜バーに行くのです。

そこには、煙鴉が。

伝説の空き巣「キツツキのマサ」をハメる作戦!

班目が、煙鴉に、「キツツキのマサ」のことを話すと、「俺が捕まえさせてやる。」と言うのです。

煙鴉のおかげで、「キツツキのマサ」を捕まえます。

しかし、これが大失態に。

現行犯でない逮捕のため「キツツキのマサ」は、認めようとしません。

確かに証拠も不十分なのです。

またもや先輩や上司から怒られる班目。

48時間以内に「キツツキのマサ」の余罪を吐かせないと警察のメンツに関わってしまうのです。

そこで、班目と煙鴉は、作戦を立てます。

  1. 証拠をそろえてマサをある程度追い詰める
  2. わざとマサに証拠に穴があることを気づかせる。
  3. 煙鴉を逮捕したと嘘を言ってマサを騙す。

そして、作戦は大成功。

「キツツキのマサ」は、班目の作戦にハマって見事に自分が空き巣をやったと自白するのです。

マサが、自白をしたのは、残り時間12分。

ぎりぎりの自白でした。

班目は、今回の件で捜査13係に抜擢されることに。

ドロ刑の第一話のあらすじとネタバレでした。

スポンサーリンク

ドロ刑のキャストたち!

一人目は、斑目 勉(まだらめ つとむ)(中島 健人)

イマドキさとり世代の警察官。「安定しているから」という理由で警察官の道を選び、極力残業は避けて、プライベートの充実をはかることを公言していたが、なぜか突然本庁の刑事部に抜擢されることに…。

ひょんなことから伝説の大泥棒・煙鴉と出会い、その正体を言い当てたことをきっかけに、なぜか煙鴉から泥棒を捕まえる刑事のイロハを教わることとなり、眠っていた正義感が再び燻ぶりはじめる。

煙鴉の助けもあって、事件解決に一役買ったせいか、捜査三課の新設部署である第13係に配属される。

二人目は、煙鴉(けむりがらす)(遠藤 憲一)

証拠ゼロ、痕跡ゼロ、残していくのは不思議な煙草の香りのみで、警察も正体を全くつかめない伝説の大泥棒。

技は超一流、華麗な手口で盗みを繰り返すが、その真の目的は誰も知らない。

あらゆる泥棒の手口はもとより、泥棒の心理や心情なども熟知しており、泥棒を知り尽くした大泥棒。

新米落ちこぼれ刑事斑目と出会って、なぜか彼に泥棒を捕まえる刑事の道を伝授し、一流の刑事に育てていくこととなる。

三人目は、宵町時雄(生島翔)

警視庁近くに店をかまえるバーのマスター。

煙鴉が訪れ、やがて斑目も常連になっていく。

どこまで二人の話を聴いているのか、どこまで煙鴉の存在を把握しているのかは謎。

プロ意識が高く、ドリンクもサービスも一流で、店で聴いた秘密は厳守する。

昭和レトロの趣味があり、店のインテリアにも取り入れている。

なぜか昭和の名優の逸話に詳しい。

四人目は、鯨岡千里(稲盛いずみ)

捜査三課13係をほんわかとまとめる女性係長。

基本、みんなの“お母さん”的役割を意識している。どこまでが本気で、どこからが冗談なのかがわからない、とらえどころのないひたすら天真爛漫な人。

曲者ぞろいの13係の面々にとっても一筋縄ではいかない存在。

思慮深いのか何も考えてないのかわからない彼女の独特の指示は、しばしば混乱をきたすこともある。

が、そのせいで、かえって13係が一致団結してしまったりもする。

四人目は、皇子山隆俊(中村倫也)

捜査一課出身の元エリート。

「煙鴉」の事件解明に刑事生命を賭ける執念の男であり、やがて実績を上げていく斑目をライバル視し始める。

ある時から煙鴉の事件以外にはほとんど興味を示さなくなり、必要最低限の任務しかこなさない。

かつては犯人逮捕の為には手段を選ばない貪欲さを持つ熱心な刑事だった。

ただし、かなりの変態で、極度の脚フェチ。

五人目は、小平美希(石橋杏奈)

とことん前向きな性格の美女警察官。

音大を卒業し、警視庁音楽隊に入隊。

しかし13係創設に伴い、なぜか刑事に抜擢(?)。

実は絶対音感を持っており、音や声の聴き分けに関してはスーパーコンピューター並みの精度を誇る。

上司の説教も音階に聞こえるとか。気持ちが高ぶるとオカリナを演奏してしまう。

六人目は、霞沙織(田中道子)

警視庁科学捜査研究所研究員。

いわゆる科捜研の女。

科学捜査の知識に長けていて、三課の捜査を助けてくれる…ように見えて、独自に研究した謎の機器を用いて誤情報を与えてしまうこともしばしば。

スタイルがよく、脚フェチの皇子山の目線を感じてはいるがシカトしている。

七人目は、左門陽作(板尾創路)

元スリ捜査専門の刑事。

捜査三課の古株。昭和の刑事の生き残りで、「ザ・ドロ刑」のようなオヤジ。

捜査に打ち込みすぎて家庭を犠牲にした過去を持つ。

今は捜査よりも酒が好きなオヤジだが、かつては、かなり強引な捜査や取調べを得意とし様々な窃盗犯を検挙してきた。

8人目は、勝手田利治(丸山智己)

単独行動が好きな肉体派刑事。

ザ・体育会系。相当体力があり、まだまだ体力では若い奴には負けないと思っている。

チームプレーをかき乱しているが、自分では協調性があると思っている。

硬派ではあるが実は女好き。シャイなので思いを伝えられないが、周りには完全に気づかれてしまうタイプ。

軟派で軟弱な斑目を見て、「近頃の若手は・・・」と、イライラしている。

9人目は、宝塚瑤子(江口のり子)

変幻自在で変装が得意な女性刑事。

どんな場所にでも馴染めるレパートリーを持っている。

一応斑目の教育係だが、一緒に張り込んでいても、すぐに自分だけサボろうとする。

ギャンブル大好きで勝負事が好き。「刑事は人脈が大切」と言いながら、夜な夜な飲みに出かけている。

10人目は、細面隆一(野間口徹)

人間データベース刑事。

捜査三課の持つ犯罪記録がすべて頭に入っている手口捜査のスペシャリスト。

対人恐怖症の気があると自称し、もっぱら事務を得意とする。

基本デスクから離れたがらない。

あらゆる泥棒の手口を把握する人間データベースであるとともに、コンピューターも使いこなし、書類作成も異様に早い。

が、たまにフリーズする。

以上、10人。

回を重ねるごとに、キャスト情報を追加していきます。

【まとめ】ドロ刑のあらすじと第一話ネタバレ!

ドロ刑のあらすじと第一話のネタバレを紹介していきました!

班目は、意外に刑事の素質があるのか?

第一話の放送を見る限りありそうですね。

しかし、やる気は中学生並み。

こんな刑事がいたら、とっても面白いかもしれません!

気になる次回は、こちら!

ドロ刑感想とネタバレ!第2話!「3000円で尾行を諦める班目。」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です