僕とシッポと神楽坂のあらすじとネタバレ!【第一話キャストも紹介!】

僕とシッポと神楽坂のあらすじとネタバレ!【第一話キャストも紹介!】

2018年10月12日(金)から放送が始まる僕とシッポと神楽坂。

医師は、医師でも獣医さんのお話。

最近の医者のドラマというと「私失敗しませんから!」「腕が下手な医者は存在してはいけないだよ!」などブラックな医者が多かったですよね。

そんな中、今回は、優しい心温まる獣医さんが主人公。

ここでは、僕とシッポと神楽坂のあらすじと第一話のネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

僕とシッポと神楽坂のあらすじ!

高円寺達也(相葉雅紀)は、実家のある神楽坂に戻る。

勤めていた病院を辞めて、実家の近くにある徳丸喜次郎(イッセー尾形)が運営する病院で働こうとしている。

徳丸喜次郎(イッセー尾形)は、神楽坂の人々に慕われる街の獣医のお医者さん。

このお話は、獣医である高円寺達也(相葉雅紀)が実家の近くの神楽坂で徳丸次郎の病院で働くお話である。

しかし、この話には裏が、、、

いざ高円寺達也(相葉雅紀)が、高円寺達也(相葉雅紀)の病院に行くと、一通の置手紙と預かり犬のダイキチがいたのです。

封を開けると、「看板は下ろした あとはまかせた 徳丸」

尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという強い意志を持ってきた達也(相葉雅紀)でしたが、まさに寝耳に水。

達也に病院を任せ、引退するという徳丸に戸惑う達也。

しかし、戸惑ってはいられません。

なぜなら、患者さんがたくさんいるからです。

徳丸から引き継いだ動物病院には、ひっきりなしにやってくる患者がやってきます。

達也の新天地一日目はドタバタの中で幕を開けるのだった。

そんなある日、達也は怪我をしたパピヨン犬と、付き添う少年・大地(矢村央希)と出会うのです

パピヨン犬は、街で車に轢かれて大地とともに血だらけ。

このパピヨン犬には、すぐに手術をする必要があると達也は、判断します。

手術の準備をしていた時、そこへ大地の母親である加瀬トキワ(広末涼子)がやってきます。

急に連絡が取れなくなった大地を心配してきたようです。

加瀬トキワ(広末涼子)は、「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と訴えます。

無理もありません。

病院はオンボロですし、設備も微妙。

しかも人が足りていません。

しかし、達也は、準備を辞めません。

大地の母へ「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と達也は返します。

大地の母と達也のやりとりを見て、大地は、不安になります。

「先生、ワンコを助けて…」と懇願します。

達也は、大地の思いを受けて「大地くんの気持ちは受け取りました。頑張ります」と手を握りながら答えます。

大地の母であるトキワの発言を無視して、手術を開始してしまうのです!

成り行き上、サポートに入ったトキワ。

しかし、達也の様子を見て驚きます。

達也の右手から繰り出される丁寧で繊細なメスさばきに。

達也もサポートに入ってきたトキワに驚きます。

トキワは、動物看護師だったのです。

達也は、トキワに病院で働いてもらえないかとお願いをします。

僕とシッポと神楽坂のネタバレ!

達也が、寝ていると3人の女たち(すず芽、まめ福、母)が寝顔を撮影しています。

達也は、朝から3人の女たちが部屋に入ってきたことを怒ります。

達也は、神楽坂を歩き神社に向かいます。

神社につくと、お参りをします。

そこへ、いつもいる謎の神主がいます。

「達也、はげめよ!」とだけ言います。

達也は、尊敬する徳丸先生のところで働くために神楽坂に帰ってきました。

達也が、病院に着くと、「仮動物診療所」と書かれた札を見つけます。

預かっていた鍵を使って中に入ると、誰もいません。

1つの置手紙だけ置かれていました。

「看板は下ろした。後は、よろしく。」

達也は、徳丸に連絡します。

「お前は、俺の後を継ぐといっていたじゃないかぁ~!」と言って徳丸は電話を切ります。

今の現状を受け入れる達也。

トキワ(広末涼子)と大(矢村央希)地が歩いて学校に向かっています。

達也のものとには、たくさんの患者が来ます。

犬や猫、ハムスター。

そこへ血が止まらない猫がやってきます。

達也は、手術を始めます。

手術は、無事に成功。

トキワ(広末涼子)は、動物看護師として『ナルタウン動物病院』に面接にきたのです。

カルテの整理をしている達也のところへすず芽(趣里)と名倉(大倉孝二)がやってきます。

酒を飲みに行きます。

名倉は、「今日はお前のおごりね!」と言います。

「金なんてないからね。」と達也は言います。

名倉は、「お前なんで神楽坂に帰ってきたんだよ。」と聞くと、達也は「母さんに騙されたんだよ。母さんの元気がなかったからなんだよ。」と言います。

名倉は、「徳丸先生が、達也に病院を任せた理由がわかる気がする。」と言います。

大地が歩いていると、犬を見つけます。

しかし、その犬は車に引かれてしまうのです。

そこへ達也が偶然遭遇します。

達也は、自分の病院へ怪我をした犬を連れていきます。

中々帰ってこない大地を心配したトキワ(広末涼子)が、GPSを使って動物病院を探し当てます。

中に入ると、元気な大地が。

「迷子の犬が車に引かれちゃった」と。

安心した様子のトキワ。

そこへ、達也が、「手術をします。」

その言葉に気になったトキワは、部屋の中をのぞきます。

施設のボロさに、トキワは「本当にここで手術をするのですか?」と聞きます。

達也は、「はい。」とだけ答えると、トキワは「だめです。私が他の病院に運びます。」と。

達也は、「だめだ。脾臓破裂の疑いがある。ほかの病院にいく時間はない。」と言います。

大地は、「先生、お願い。わんこを助けて。」とお願いをします。

すると、達也は「大地君の気持ちは受け取りました。頑張ります。」と目を見て答えます。

トキワは、「1人でできるわけなじゃないですか。こんなこと許されませんよ。」と言います。

達也は、メスを握ります。

そこへトキワが入ってきます。

動物看護師として、サポートに入るのです。

無事に手術は終了。

大地は、助かった犬を見て喜んでいます。

トキワは、達也の手術をみて感動をします。

「組織1つ1つのダメージを少なくする優しいオペでした。」と。

「シッポは、言葉を話せない。痛くても苦しくてもそれを僕らに上手く伝えることができない。だから、できるだけダメージの少ない処置をしてあげたいんです。」

「シッポ?」と大地が聞くと、達也は「僕は、この子たちのことをそう呼ぶんだ。」と。

達也は、トキワに「動物看護師ですよね?」と聞きます。

「就活中です。」と答えるトキワ。

「もし、良かったらうちの病院で働いてくれませんか?」と達也は聞きます。

しかし、他の病院で面接をしていて今返事待ちとトキワは答えます。

手術をしたシッポは、無事に目を覚まします。

大地は、達也の病院でシッポの面倒とケージの掃除を依頼されます。

嬉しそうな大地。

翌日から大地は、手伝いにくるのです。

夜、達也が神社の前でお参りをするとまた謎の神主がきます。

神主は、達也に「はげんだか?明日もはげめよ。他言無用だぞ。」と言います。

翌日、事故に合った犬の飼い主が来ます。

名前は、チョコ。

もとの飼い主が、犬を引き取ってしまいます。

大地は、達也に大吉(=犬)の世話を任されます。

大吉は、大地の言うことを全く聞きません。

そんな時、大吉はどこかに行ってしまいます。

大地は、大吉を探し当てます。

大吉は食欲がありません。

達也から大地に連絡がありました。

大吉の食欲がないことを気にしています。

大地が知っていることを教えて欲しいと言うのです。

大吉を見つけた場所を大地は教えます。

大吉を見つけた場所は、飼い主がもと住んでいたところ。

今は、空き家になっていたのです。

「大吉は、もとあった家がなくなって寂しかったんだろうね。」と達也は言います。

大吉は、もう家族が戻ってこないことを知ってたのです。

そんな大吉に、達也は「ここが今日から君のお家だよ。」と言います。

すると、大吉はご飯を食べ始めるのです。

トキワは、ナルタウン動物病院を辞めてしまいます。

そして、達也の病院は名前が決まります。

「坂の上の動物病院」

トキワは、名前をみて呆れます。

そして、達也に「仕方ありません。今日からこの動物病院で私が働きます。」と言うのです。

ここまでが、僕とシッポと神楽坂のネタバレでした。

スポンサーリンク

僕とシッポと神楽坂のキャストたち!

一人目は、高円寺達也(こうえんじ・たつや)

相葉雅紀さんが、演じます。

みんなからは、「コオ先生」と呼ばれています。

苗字の高円寺からとったようです。

出身は、神楽坂。

他の動物病院で、常勤として働いていた。

その後、神楽坂に戻り『坂の上動物病院』を開院します。

来院してくる動物達を、”シッポ”と呼んでいる。

動物達に寄り添うことができ、腕は確か。

やや弱いのが、弱点。

二人目は、加瀬トキワ(かせ・ときわ)

広末涼子さんが、演じます。

達也が、開院した『坂の上動物病院』で常勤として働くことになる動物看護師。

動物を看る優しさや十分なスキルが備わってもいます。

大地という息子がいて、シングルマザー。

毎日料理作る料理は、煮物ばかり。

息子の大地は、何日にも渡って同じ煮物を食べている。

三人目は、すず芽(すずめ)

趣里さんが、演じます。

神楽坂の芸者。

貴子(=達也の母)から三味線の稽古を習っている。

幼い頃から達也に片思い中。

達也に多国籍なお弁当を毎日渡し、好きだという思いを伝えている。

達也の病院で常勤看護師として働き始めたトキワ(広末涼子)をライバル視している。

四人目は、堀川広樹(ほりかわ・ひろき)

小瀧望(ジャニーズWEST)さんが、演じます。

獣医学部の学生。

田代(村上淳)のことを慕い、『ナルタウン動物病院』に研修医としてきます。

知識が豊富で、さらに好奇心もあるため優秀です。

しかし、やる気がありすぎて、人の話を途中で止めてしまう面もあり。

五人目は、まめ福(まめふく)

渚(尼神インター)さんが、演じます。

神楽坂の芸者。

すず芽と同じく、貴子(=達也の母)から三味線の稽古を習っている。

達也とは昔から知っている仲。

すず芽と一緒になって達也にちょっかいを出しては楽しんでいる。

六人目は、神主(かんぬし)

矢柴俊博さんが、演じます。

達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。

ふと急に、達也の前に現れては不思議な言葉を言い残していく。

その言葉に、達也はいつも戸惑いを受けます。

七人目は、加瀬大地(かせ・だいち)

矢村央希さんが、演じます。

トキワのひとり息子。

達也に頼まれて、『坂の上動物病院』に通うようになり、動物たちの面倒をみるようになった。

八人目は、名倉雅彦(なくら・まさひこ)

大倉孝二さんが、演じます。

達也の友人。

小さい頃から仲が良かった。

職業は、フリーライター。

達也をむりやり誘って居酒屋通いが続いている。

九人目は、田代真一(たしろ・しんいち)

村上淳さんが、演じます。

『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。

腕は抜群なのだが、変わり者。

トキワに思いを寄せていて、達也を恋敵として意識している。

十人目は、高円寺貴子(こうえんじ・たかこ)

かとうかず子さんが、演じます。

達也の母親。

三味線の師匠で、シングルマザー。

達也を立派に育て上げる。

息子の将来をいつも心配しているのです。

十一人目は、徳丸善次郎(とくまる・ぜんじろう)

イッセー尾形さんが、演じます。

神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。

神楽坂の人々に慕われる街のお医者さん。

【まとめ】僕とシッポと神楽坂のあらすじと第一話ネタバレ!

僕とシッポと神楽坂のあらすじと第一話のネタバレを紹介していきました。

達也は、誰もいない動物病院を任され大変な思いを。

しかも車に引かれた犬の緊急手術をすることに。

そんな時に、動物看護師であるトキワ(広末涼子)が現れます。

そこで手術は無事に成功。

トキワももと働いていた病院を辞めて達也の病院に入ることに。

今後の動物たちをどうやって達也が癒していくのか?

楽しみですね。

気になる次回は、こちら!

【僕とシッポと神楽坂】感想とネタバレ!第2話!(虹の橋)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です