【僕らは奇跡でできている】あらすじとネタバレ第1話!【主人公は、KY?】

【僕らは奇跡でできている】あらすじとネタバレ第1話!【主人公は、KY?】

10月9日(火)から「僕らは奇跡でできている」がドラマで始まります。

主演は、高橋一生さん。

演じるのは、変人大学講師。

どんなストーリーになるのか?今から楽しみですよね。

ここでは、「僕らは奇跡でできている」第1話のあらすじとネタバレについて公開していきます。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできている第1話のあらすじ!

相河一輝(高橋一生)の職業は、大学講師。

専門は、動物の行動を研究。

大好きな生き物に熱心に取り組んでいます。

しかし、彼にはちょっとした欠点が、、、、

それが、無頓着なところ。

例えば、人の話を聞けなかったり、空気なんて読みません。

さらに、悪気はないのに相手のことを逆なでしてしまうことも言ってしまいます。

まさに天才肌ですね。

よくこういう人いますよね。

さらに、相河一輝(高橋一生)は、職場のルールなんてなおさら聞く耳を持ちません。

そんな一輝(高橋一生)は、うっとうしい事務長の熊野久志(阿南健治)には、目をつけられています。

相河一輝(高橋一生)は、半年前、尊敬している鮫島瞬教授(小林薫)の推薦で講師になったのです。

同じ鮫島教授の教室には、樫野木聡(要潤)や沼袋順平(児嶋一哉)がいます。

しかし、相河一輝(高橋一生)は、彼らからは変人扱いされてしまいます。

そんな社会不適合者ともいえる一輝(高橋一生)を、祖母の相河義高(田中泯)は可愛がっていました。

義高(田中泯)は、陶芸家を仕事にしています。

心配した義高(田中泯)は、生活に不自由がないように、住み込みの家政婦さんを一輝(高橋一生)のもとに住まわせていました。

彼女の名前は、山田妙子(戸田恵子)。

そんなある日、一輝(高橋一生)は、歯がかなり痛くなります。

これまでも痛かったのですが、何とかなるだろうと後回しにしていました。

でも今回は、我慢できないほどに。

鮫島(小林薫)に相談したところある歯科クリニックを勧められます。

そこで一輝(高橋一生)は、院長の水本育実(榮倉奈々)に出会います。

育美(榮倉奈々)は、真面目な性格がゆえ時間にルーズな一輝に、イライラしてしまいます。

確かに、時間にルーズな人ってイライラしますよね。

でも、育美(榮倉奈々)は、真面目過ぎて自分の考えを曲げられない人。

だから非常識な一輝(高橋一生)に、「常識がなさすぎ」と激怒してしまいます。

見た目は、綺麗なのに、残念な性格ですよね。

日常的にこんな女性がいるとやはりウザがれるし、恋愛対象にはなりませんよね。

そして、育美(榮倉奈々)には、歯科衛生士の丹沢あかり(トリンドル玲奈)がいます。

丹沢あかり(トリンドル玲奈)は、いつもプライベート最優先。

育美(榮倉奈々)とは、対照的な丹沢あかり(トリンドル玲奈)が、どんな風に一輝(高橋一生)と繰り広げるのか?

今から楽しみですね。

一方、大学で学生達は、困った様子である課題を眺めていました。

一輝の学生である、新庄龍太郎(西畑大吾)や青山琴音(矢作穂香)、尾崎桜(北香那)、須田巧(広田亮平)らは、普通では、出ない課題に苦戦しています。

普通なら大学の授業の課題なんてコピー&ペーストでできるものがほとんど。

でも、変人一輝(高橋一生)が出す課題はおそらコピーペーストではできないものだと思われます。

おそらくかなり抽象的なもの。

例えば、地球はなんで丸くなったのか?とか。

一輝(高橋一生)が出す課題が、どんなものか楽しみですね。

「僕らは奇跡でできている」第1話ネタバレ!

詳細なネタバレは、放送後に公開します!

第一話を見る前の予想ネタバレをこちらで紹介します。

このドラマの主人公は、高橋一生が演じる相河一輝。

大学講師です。

空気を読まずに、好きなことばかりをしているキャラクターです。

しかも、純粋な心の持ち主。

この純真さ持ち味に、他のキャラクター達と関わっていくものだと思います。

この一風変わったキャラクターが、他の人と関わることで摩擦が起きて何かしらの問題や騒ぎが起きていくと予想できます。

そして、問題を解決するごとにかかわった人は、一輝(高橋一生)のことを知り自分を見つめなおしていく。

こんなストーリーではないかと考えられますね。

なにせ登場する人物達が、こんな人たちです。

  • 才色兼備の“こじらせ”女性歯科医

  • プライベート重視の歯科助手

  • 一輝と教授との関係に嫉妬する准教授

  • 周囲と独特の距離を保つ“アリおたく”講師

  • 好きな人には、肉食系になる女子

  • 歯に衣着せぬ物言いの世話焼き家政婦

何かしらの騒ぎが起きてもおかしくないですよね?

こんな人たちとのやりとりが、クスっと笑えるのではないかと思えます。

マイペースな一輝(高橋一生)と、濃いキャラクターの人たちがどんなやりとりを交わしていくのか?

僕らは奇跡でできている放送後のネタバレ!

小さい頃大自然で過ごす一輝。

おじいちゃんの家で、皿を割ってしまうのです。

おじいちゃんからは、ある質問が。

「どうしたらこれが輝くと思う?」

そんな質問の答えを考えながら大きくなっていく一輝(高橋一生)。

一輝に家政婦の山田(戸田恵子)が、歯が痛いのは大丈夫と聞きます。

後回しの天才と称して家政婦は、一輝のことをからかいます。

家政婦は、一輝が時間通りに家を出るか心配な様子。

一輝は、自宅を出て自転車で通勤をすると、途中でクモの巣を発見。

途端にうれしくなり立ち止まってしまうのです。

一輝が、授業をしていると一人わくわくして授業をしています。

しかし、マニアックな一輝の話に、誰も授業を聞いている様子はありません。

チャイムが鳴っても授業を続ける一輝。

マイペースすぎます。

一輝が研究室に行くと、事務長に遅刻を責められるのです。

授業で出席をとらないことも事務長は責めます。

樫野木と沼袋がいます。

そこへ、鮫島教授が帰ってくるのです。

一輝と鮫島は、鮫島が持ち帰ってきた化石のフンで盛り上がっています。

樫野木が会話に入ろうとしてもカヤの外。

突然一輝が、歯を抑えながら「歯が、、、」と言い何も言えなくなります。

仕方なく一輝は、歯医者に行きます。

ところが、待合で待っていると女の子の鳴く声が。

その声にびびる一輝。

いてもたってもいられなくなります。

一輝の担当する医者は、水元育美(榮倉奈々)。

水元は、鮫島教授と昔から知り合いと言います。

すると、一輝は鮫島教授と自分も昔から知り合いだと話始めます。

しかし、話が長くなります。

そんな長くなりそうな話を無視して歯を見る育美。

虫歯があると育美が言うと、ショックを受ける一輝。

虫歯の治療は、抜くしかないと言われます。

一輝は、歯を抜くしかない治療に他の先生に当たると言い出します。

とりあえず育美の話を無視して帰る一輝。

かなり非常識ですよね。

一輝が、自宅に帰ると美味しいご飯を作って待っているのです。

そして、一輝は、山田に部屋に入ったことを責めます。

もう少し怒ろうとすると、歯を抑えます。

一輝は、うっかり山田に歯医者に行ったことを言います。

美味しそうなご飯はお預け。

山田は、心配をしてスープを作ります。

一輝は、いつものように自分が飼っている亀におやすみと言って寝るのです。

翌日も出勤する一輝。

今回は、授業で出欠カードを配ります。

事務長に言われた言葉が気になったようです。

水元歯科クリニックに電話をかける一輝。

育美は、一輝が見てもらいたいと言います。

緊急なので、見て欲しいと一輝言うのです。

予約は、16時15分。

時間厳守で。

出欠カードを並べる一輝。

事務長は、出欠カードの色がすべて同じことに注意をします。

そんな様子を見た鮫島教授は、自分の部屋に連れていきます。

一輝は、なぜ先生に選んだのか?を鮫島に聞きます。

教授は、そのうち分かるよ!と言います。

16時15分になっても一輝がこないことに苛立つ育美。

そのころ一輝は、模型の一部が欠けていたのを探し当てて模型を作っていました。

歯を抑えながら一輝は、時計を見て呆然とします。

遅れてでも歯医者に行く一輝。

時間は最後の患者を診終えた後だと、受付に言われて一輝は待つと答えます。

待合にいた少年が、亀の絵を描いていました。

その絵を見て、亀に歯はないよ!と少年に伝えます。

その言葉に、本当?と面白そうに話を聞く少年。

その様子に嬉しそうな一輝。

育美は、一輝が来たことに驚きます。

患者さんを優先しないと!と言って育美は料理教室の予約をキャンセルします。

一輝が、先生のいる部屋に入ると、「忘れていました。」と言います。

育美は、その言葉に怒ります。

治療を終えると、一輝は、歯を抜かないといけないことがとても嫌そうです。

何度も育美に、「本当に、歯を抜かないといけませんか?」と聞き返します。

一輝は、心の整理をしています。

育美は、治療をした女性から雑誌の取材をお願いされます。

雑誌の目的は、輝く女性。

その言葉に、ウキウキな育美。

買い物でネックレスを買ってしまうほど。

「シマウマは、どうしてこんなに綺麗なシマウマになっているのですか?」

学生に、一輝は質問をします。

とーっても抽象的な質問に学生は困惑します。

誰も手を挙げて発表をしようとはしません。

そこで、一輝はグループワークを行います。

たまたまグループになった4人は、話し合いをします。

一輝は、別の質問をします。

それは、イソップ物語の亀の話です。

亀は、ウサギにどうして話をかけなかったのか?

また学生たちは、質問に困惑するのです。

一方、育美は雑誌の取材を受けるためお化粧の準備に大忙し。

一輝は、マイペースに亀と散歩に行きます。

そして育美は、雑誌の取材を受けます。

一輝は、祖父の義孝とご飯を食べます。

義孝に、歯を抜かないといけないと一輝は言います。

その言葉に、良かったねと言います。

一輝は、話を聞いている?と質問をします。

お前は、歯の有難みを知らないな!と義孝は言います。

育美は、雑誌の取材が終わってデートをします。

デートの相手は、育美の世界観の違いに戸惑います。

育美は、高級なお店でご飯を食べたりお酒を飲んだりするのが当たり前。

育美が話すことは、デートの相手である会社員にとっては、難しすぎます。

仕事ができて収入が高すぎると男性は、引いてしまいます。

翌朝、一輝は朝ご飯を食べていると、家政婦の山田に、歯医者を忘れないようにと忠告されます。

一輝は、学校に行き、学生たちに質問をします。

シマウマは、どうして綺麗なシマウマなのか?

学生たちの新鮮な意見に面白そうに聞く一輝。

チャイムが鳴ると授業を終わらせようとする一輝。

学生たちは、答えは?と聞くと、一輝は、分かりませんと答えます。

答えのない質問をなぜするのか?

学生たちには、まったく理解できません。

山田が、自宅で掃除をしていると、電話のアラームが鳴ります

一輝は、携帯を忘れていってしまったのです。

育美は、歯科衛生士の言葉を盗み聞きします。

「自分で買ってもらえるものでも彼氏に買ってもらうと相手も喜ぶでしょ。」と。

その言葉を聞き、育美はなるほどと思いながら待合まで行くと驚きます。

一輝が、いたのです。

一輝は、一時間前に歯科医院にいます。

育美は、一輝の行動に驚きます。

「非常識です。時間に守るのは当たり前のことでしょ。」と一輝に言い放つのです。

「私間違っていますか?」という育美。

一輝は、その場を去ってしまうのです。

育美は、一輝を追いかけて謝るのです。

そして、一輝は、歯の治療を受けます。

イソップ物語の亀の話をします。

育美は、イソップ物語の亀の話は、当然コツコツ努力をするものと思っています。

しかし、一輝は、その話は違うと言います。

亀は、そもそも競争に興味がなくただ目の前の景色を楽しむだけに歩いているだけ。

うさぎの存在そのものが見えていない。

だから亀は、努力でコツコツを生きているわけではない。

その話に育美は、自分とイソップ物語の亀とうさぎを重ね合わせます。

育美は、自分のことをウサギと思っているようです。

そして、育美は一輝に聞くのです。

「どうしてウサギは走っているのですか?」

一輝は、「ウサギは亀を見下すために走っているのです。」と言い部屋を後にします。

呆然とする育美なのです。

ここまでが、僕らは奇跡でできているのネタバレになります。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできているの感想!

一輝という特殊キャラクターを中心に話が進んでいきます。

穏やかでマイペースに思えますが、もし仮に実際に一輝みたいな人が存在するとしたら。

まず、普通の社会では生きていけませんよね。

そんな普通ではない人がどのように生きていくのか?が参考になるドラマです。

歯医者には時間通りにいかない

言われた仕事ができない

時間通りに出勤ができない

これだけ並べるだけで生きていくのにとても窮屈そうなことが分かります。

こんな人がどうやって世の中で生きているのか?

それは、周りの人の優しさに良い意味で甘えることです。

あなたの周りにもいませんか?

なぜか仕事ができないのに、可愛がられている人を。

そんな人は、他の誰かが必ずどこか良いところを見守っていてくれるのです。

このドラマで言えば、鮫島教授。

そんな人がいるから、人はやっていけるのです。

生きにくい世の中で、こうやって自由に生きる人がいてもよいのでは?と教えてくれるドラマです。

対照的なのが、育美。

仕事一筋。

患者さんのためなら自分の時間を犠牲にしてでも頑張る。

もちろん社会からは認められます。

優秀なのは、分かります。

しかし、やっぱり生きづらくなってきますよね。

男の人には、甘えられない。

自分一人で生きていけるけど、誰にも甘えられないから生きるのが楽しくない。

そんな対照的な育美が今後一輝の言葉でどう変わっていくのか?

今後の見どころにもなっていきますよね。

以上、僕らは奇跡でできているの感想になります!

「僕らは奇跡でできている」出演するキャスト達の紹介!(回を重ねるごとに増えていきます)

まずは、一人目。

出演の相河一輝。

高橋一生さんが、演じます。

動物の行動を教える大学講師。

天才的な集中力を持つ一輝。

一つ気になると納得するまで、考え始めてしまいます。

周りの目なんて全く気にしない。

周囲の人たちは、そんな集中力の天才とも言える一輝に、苛立ってしまうこと。

しかし、一輝は、ほかの人では考え付かないことを提供し、周囲の人たちをあっと言わせることも、、、、

二人目は、水本育実(みずもと・いくみ)です。

水本育実役を演じるのは、榮倉奈々さん。

一輝が通う歯科クリニックの院長。

綺麗でクリニックを経営してしまう手腕。

綺麗で仕事ができる。

まさに、女性がうらやましがるような理想的な人。

しかし、真面目が過ぎてしまいます。

正しいことしか口にしない育美は、いつしか孤立してしまうことも。

3人目は、樫野木聡(かしのき・さとし)。

樫野木聡役は、要潤さんが演じます。

樫野木聡(かしのき・さとし)は、准教授。

一輝と同じ教室にいます。

出世が第一で、論文や教授にこびを売る毎日。

努力や毎日のごますりでやっとこの地位まで来ました。

しかし、ある日教授のお気に入りの一輝がいきなり講師として現れたことを良しとはしていません。

4人目は、沼袋順平(ぬまぶくろ・じゅんぺい)です。

児嶋一哉さんが、演じます。

一輝と同じ講師です。

アリの専門家のようです。

すべてのアリを識別できる能力があります。

かなりの集中力ですよね。

なんだか一輝に似ている?

実際、研究室では、かなりの異彩を放っています。

5人目は、相河義高(あいかわ・よしたか)。

田中泯さんが、演じます。

一輝の祖父で陶芸家を職業にしている方です。

小さい頃から一輝を見ているので、くせ者の性格を持つ一輝を一番に理解しています。

どうやら一輝の祖父は、一輝にある秘密がある様子。

6人目は、山田妙子さんです。

戸田恵子さんが、演じます。

一輝の家にいる家政婦。

祖父の義高が、一輝の日常生活を問題なく過ごせるように雇った家政婦です。

癖のある一輝のことを呆れている様子も見せますが、その成長を見守るだけの度量もあります。

一輝が15歳のころからかかわっているので、細かいことを気にせずに一輝にツッコミをすることも。

次は、7人目です。

鮫島瞬(さめじま・しゅん)教授。

小林薫さんが、演じます。

一輝が、関わる分野の権威で、学部長でもある存在。

陽気でユーモアがあり、なおかつ探求心にあふています。

8人目は、丹沢あかり。

トリンドル玲奈が演じます。

おしゃれ女子で、恋人もいます。

仕事よりもプライベートが最優先。

あかりが働く歯科医院のまじめな育実とは、正反対。

時にはぶつかりを見せることもあるのでは?

9人目は、新庄龍太郎。

西畑大吾が演じます。

一輝の生徒の一人で、天然ボーイです。

10人目は、青山琴音。

矢作穂香さんが、役を担当します。

一輝の生徒の一人で、ファッションに興味津々。

好きな人を見つけると、とたんに“肉食系女子”へ変身してしまう一面を持っています。

結構多いですね。

11人目は、尾崎桜。

北香那が役を担当します。

一輝の生徒の一人で、控えめな性格で、生き物が大好きな真面目女子。

12人目は、須田巧。

広田亮平が役を演じます。

一輝の生徒の一人で、しっかり者で、天然な新庄のツッコミ役になることもあります。

こんな濃いキャラクターの11人で、「ぼくらは奇跡でできている」のキャストを担当します。

なかなか濃いキャラクターばかり。

変人の一輝とは、どのようにかかわっていくのか?

楽しみですね。

【まとめ】「ぼくらは奇跡でできている」第1話あらすじとネタバレ!

「ぼくらは奇跡でできている」第1話のあらすじとネタバレを公開してきました。

周りには、無頓着な一輝(高橋一生)が、周りの人たちと関わる中で様々な問題を引き起こしていきます。

周りの人たちは、一回りも癖のある人たちばかり。

例えば、、、、

  • 才色兼備の“こじらせ”女性歯科医

  • プライベート重視の歯科助手

  • 一輝と教授との関係に嫉妬する准教授

  • 周囲と独特の距離を保つ“アリおたく”講師

  • 好きな人には、肉食系になる女子

  • 歯に衣着せぬ物言いの世話焼き家政婦

純真無垢な心を持つ一輝が、こんな濃いキャラクターの人たちを関わることでどんなストーリーが出来上がってくるのか?

一輝と育美の性格が対照的でした。

今後一輝と育美がどう関わっていくのか?

また一輝の言葉や行動で、どう育美が変わっていくのか?

楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です