ブラックスキャンダルのあらすじと第一話ネタバレ!?【心臓の弱い人は注意!?】

ブラックスキャンダルのあらすじとネタバレ!?第一話のキャストも紹介!

もし仮にあなたが、心臓の弱い人ならここから先のネタバレを見ないで下さい。

かなりの復讐劇が繰り広げられるからです。

もしあなたが、この先を見る勇気があるならブラックスキャンダルのあらすじと第一話のネタバレをご覧ください。

スポンサーリンク

ブラックスキャンダルのあらすじ!?

5年前のある日。

女優の藤崎紗羅(松本まりか)は、失意の底にいた。

全くの事実無根の不倫スキャンダルをねつ造されたのです。

謝罪会見をして無実を言おうとするも、なぜか身に覚えのない不倫相手が、やってきて謝る始末。

マスコミや世間から紗羅(松本まりか)は、酷い非難を受ける。

さらに、スキャンダルに心身ともに参ってしまった紗羅の母、自らの命を絶ってしまいます。

紗羅は、スキャンダルをねつ造した相手に復讐するために、顔と声を整形し、矢神亜梨沙(山口紗弥加)に成り代わるのです。

ねつ造スキャンダルに関わったすべての人に復讐するまで、彼女の復讐劇は止まらない。

ここまでが、ブラックスキャンダルのあらすじになります。

ここから先は、第一話のネタバレを紹介します!

ブラックスキャンダル第一話のネタバレ!

手術を終えて顔の包帯をはずす女。

顔と声を変えたこの女性。

もとは、藤崎紗羅(松本まりか)。

整形をし、矢神 亜梨沙(山口紗弥加)に成り代わったのです。

彼女の口からは、衝撃の一言が。

「私は罪も過ちも犯していない。」

5年前に、女優の藤崎紗羅(松本まりか)は不倫スキャンダルをなすりつけられて芸能界から追放されたのです。

事実無根のスキャンダルをねつ造したのは、社長の勅使河原、芸能第二部マネージャの花園 由祐子(平岩 紙)、全日テレビのプロデューサー、五色沼 仁(袴田吉彦)が関わっているよう。

陥れた人間達を、全員謝罪させる。

芸能事務所「フローライト」に、矢神 亜梨沙(山口紗弥加)はマネージャーとして働いています。

花園 由祐子(平岩 紙)が、部会を始めると言います。

部会では、花園 由祐子(平岩 紙)の怒りが爆発します。

芸能二部の売り上げが落ちているので、全員が全力で行動するようにと。

花園は、以前藤崎紗羅(松本まりか)を陥れた一人。

不倫スキャンダルの記事が流れた時、藤崎紗羅(松本まりか)の味方のふりをして真っ先に会見を開くといったのは、花園 由祐子(平岩 紙)。

昔のことを思い出しながら他のマネージャー仲間と歩く矢神 亜梨沙(山口紗弥加)。

芸能一部には、人気のタレントがいます。

それが、阿久津 唯菜(松井 玲奈)。

唯一、矢神 亜梨沙(山口紗弥加)が藤崎紗羅(松本まりか)と知る人物。

遡る事、10ヶ月前。

阿久津 唯菜(松井 玲奈)が、とあるアパートの扉を開けます。

そこには、憔悴しきった藤崎紗羅(松本まりか)がいました。

髪はぼさぼさ。

全く化粧っけのない血色の悪い紗羅(松本まりか)がいました。

阿久津 唯菜(松井 玲奈)は、5年前の記者会見のことで話があるので来たとのこと。

ある俳優と共演したと唯菜は言います。

その相手は、棚城 健二郎(波岡 一喜)。

紗羅(松本まりか)の不倫相手と報道された人です。

不倫をしていないのに、棚城 健二郎(波岡 一喜)は記者会見の席で「不倫をして申し訳ありません」と嘘をついたのです。

棚城 健二郎(波岡 一喜)は、唯菜(松井 玲奈)に「5年前の記者会見でフローライトの勅使河原と花園に言われて芝居をした」と言ったとのこと。

不倫謝罪会見での土下座は、棚城 健二郎(波岡 一喜)の演技だったのです。

その事実を聞き、紗羅(松本まりか)はどんどん呼吸が荒くなります。

5年前の記者会見。

藤崎紗羅(松本まりか)が謝罪会見を始めます。

事実無根であると言おうとしたまさにその時、、、

棚城 健二郎(波岡 一喜)が急に会場に入りこう言い出すのです。

「申し訳ありません。出来心だったんです。私は妻と娘がいながら藤崎さんと不倫してしまいました。」

衝撃の発言にマスコミ各社が写真を撮り質問攻めにするのです。

棚城さんの家族に申し訳ないと思わないのですか?

棚城さんは、認めているけどあなたは否定留守のですか?

マスコミは、完全に藤崎紗羅(松本まりか)を不倫を否定する悪者扱い。

誰も藤崎紗羅(松本まりか)話を聞きません。

呼吸が荒くなる藤崎紗羅(松本まりか)。

この謝罪会見が実は、仕組まれたもの。

別日に、新人女優の小嶋 夏恋(小川 紗良)がフローライトにやってきます。

犬飼 遊真(森田 甘路)が小嶋 夏恋(小川 紗良)に全日TVでドラマのドラマのオーディションがあるので勧めています。

オーディションで毎回よいところまで行くけど、最後でいつも落ちてしまうのです。

全日TVでドラマのドラマのオーディションが気になったので、矢神 亜梨沙(山口紗弥加)は、募集要項を読みます。

そこには、プロデューサーの名が。

五色沼 仁(袴田吉彦)。

紗羅(松本まりか)を記者会見ではめた人の一人です。

花園 由祐子(平岩 紙)が突然現れて「夏恋(小川 紗良)に受けさせても無駄よ」と言います。

夏恋(小川 紗良)は、「演出家が好きだから受けさせてください」と。

しかし、花園 由祐子(平岩 紙)は夏恋(小川 紗良)に言うことは無視。

「通販モデルの枠にしなさい」と言います。

亜梨沙(山口紗弥加)が、花園 由祐子(平岩 紙)のところへ行き、「受けさせてあげてください。私が担当しますので。」と言います。

「好きにしなさい。」と言い花園は、言いその場を去ります。

花園電話が鳴り出ると、五色沼 仁(袴田吉彦)から電話が。

今度のオーディションは、どんな人が来るのか?気になる様子。

「小嶋 夏恋(小川 紗良)が来る」と花園に言います。

五色沼 仁(袴田吉彦)は、ネットで写真を見ると「いつものをお願い」と言います。

花園は、「承知しました」と言い電話を切ります。

花園は、夏恋(小川 紗良)を呼び出して五色沼のところへ行くように言います。

その意味は、枕営業。

花園は、五色沼の連絡先を渡します。

夏恋(小川 紗良)は、呆然とします。

亜梨沙(山口紗弥加)と演技の練習をする夏恋(小川 紗良)。

全く練習に集中できない夏恋(小川 紗良)。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「演技以前の問題。花園から何かを言われた?」と聞きます。

「オーディションに落ちたらフローライトを辞めるように」言われたと夏恋(小川 紗良)は言います。

夏恋(小川 紗良)は、辞めたくないと言います。

亜梨沙(山口紗弥加)「夏恋(小川 紗良)さんは、どうして女優をするの?」と言います。

夏恋(小川 紗良)は、「藤崎紗羅(松本まりか)を見て女優になりたいと思いました。」と言います。

驚く亜梨沙(山口紗弥加)。

でも夏恋(小川 紗良)に必要なことを伝えます。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「あなたが、あと一歩で落ちてしまうのは、大切なものを知らないからです。」と言います。

教えてください。何を知らないのですか?

「あなた自身の可能性と不可能性です。あなたは、藤崎さらには絶対になれません。」

「あなたは、小島夏恋(小川 紗良)なんです。不可能を可能にできるのは、小島夏恋(小川 紗良)だけなんです。」

さらに、「他の誰かになるのではなく、小島夏恋(小川 紗良)という自分をよくを知って自分の可能性を信じることです。」と伝えるのです。

小島夏恋(小川 紗良)は、五色沼 仁(袴田吉彦)のいるホテルに向かいます。

小島夏恋(小川 紗良)は、五色沼 仁(袴田吉彦)から「君が女優として一皮むけるためにやらないといけないことだよ。」と言います。

犬飼は、偶然に夏恋(小川 紗良)と五色沼 仁(袴田吉彦)がホテルから出るのを見かけます。

犬飼が、亜梨沙(山口紗弥加)へ報告をします。

亜梨沙(山口紗弥加)は、他の人に黙っていてと言います。

五色沼 仁(袴田吉彦)から夏恋(小川 紗良)の電話がかかってきます。

「一次オーディションに合格したよ。明日もホテルも待っている。」と言います。

夏恋(小川 紗良)は、一回だけじゃだめなんですか?と聞き返します。

五色沼 仁(袴田吉彦)は、「一回だけじゃヒロインなんてとれないよ。やらなきゃできないよ」と言います。

夏恋(小川 紗良)は、失意の底に落ちます。

社長を見送るために五色沼と花園は、外に出ます。

社長が去ると、五色沼 仁(袴田吉彦)は花園に、「ヒロイン役はもともと決まっている。」と言います。

花園は、「分かっています。」と言います。

夏恋(小川 紗良)は、帰り道に偶然亜梨沙(山口紗弥加)と出会います。

夏恋(小川 紗良)は、泣きながら「五色沼 仁(袴田吉彦)といけない営業をした」と伝えます。

「軽蔑しますよね?」と亜梨沙(山口紗弥加)に聞きます。

亜梨沙(山口紗弥加)は、夏恋(小川 紗良)の言葉を聞いて「軽蔑はできません。覚悟を持って枕営業をしたなら軽蔑はできません。」と言います。

「ただもう二度と間違えないで下さい。夏恋(小川 紗良)さんの覚悟はお芝居だけにしてください。」

「あたしは、夏恋(小川 紗良)のマネージャーです。どんなことがあっても私は、あなたの一番の味方です。」

「もしこれから先あなたがお芝居をするうえで障害になるものがでてきてもマネージャーである私が取り除いて見せます。」

こう亜梨沙(山口紗弥加)は、夏恋(小川 紗良)に語りかけます。

その言葉に夏恋(小川 紗良)は、うなずきます。

五色沼 仁(袴田吉彦)は、夏恋(小川 紗良)に指定したホテルに行き部屋の鍵を開けます。

部屋に入ると暗くなっています。

中には、誰もいないと思いきや夏恋(小川 紗良)らしき人が、話をかけてきます。

そして、五色沼 仁(袴田吉彦)は、目隠しをされて抑制をされます。

パン一で立たれている五色沼。

本人は、目隠しをされているので何をされるのか分かっていないようです。

しかし、部屋にいた女性は、亜梨沙(山口紗弥加)。

亜梨沙(山口紗弥加)は、五色沼の姿をスマホで撮っているのです。

この様子は、あるところに送られました。

その会場は、阿久津 唯菜(松井 玲奈)が50周年記念のドラマの公開前の挨拶をする場面。

そこには、社長や局長といった偉い人たちが揃っています。

そして突然五色沼のとんでもない映像が、会場に流されます。

亜梨沙(山口紗弥加)は、突然五色沼に枕営業をしていたことをマスコミに暴露すると言い出します。

その言葉に、怒る五色沼。

枕営業の事実をどんどん暴露していきます。

映像が会場に流れているとは知らず。

マスコミは、どんどん盛り上がっていきます。

アプリで会場の様子は、放送されているのです。

50万人以上もの人が見ているのです。

部長、局長、専務が部屋に行くと、全員から怒られる五色沼。

今回の五色沼をはめるためにしたことには、亜梨沙(山口紗弥加)だけでなく阿久津 唯菜(松井 玲奈)も手伝ったのです。

「うまくいってよかった。これで五色沼プロデューサーも終わりですよ。」と阿久津 唯菜(松井 玲奈)は言います。

「いや。本当の地獄はこれから。」と亜梨沙(山口紗弥加)は言います。

五色沼は、謝罪会見を開くのです。

しどろもどろの五色沼。

しゃべることにどんどん自分の立場は、悪化。

五色沼は、地方の関連会社に飛ぶことになったのです。

亜梨沙(山口紗弥加)は、五色沼のもとへ行きます。

「もしかして地方に飛んでちょっとすれば騒動が終わると思っています?そんな簡単に終わらせませんよ。」

声を聞いた五色沼は、自分をはめた相手だと知ります。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「枕営業を強要したタレントを60人を月に1回ずつプライバシーを守りながら公開する。」と言います。

全員の動画が公開されるまでおよそ5年。

亜梨沙(山口紗弥加)の言葉に、動揺が隠せない五色沼。

土下座をして映像を公開するのを辞めさせようとします。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「どうして藤崎 紗羅(松本 まりか)を騙したの?」と聞きます。

五色沼は、「フローライトから会見を頼まれただけだ。ただあの会見は、驚いたよ」

五色沼は、さらに、「棚城 健二郎(波岡 一喜)が不倫を認めちまうから。あれは凄い視聴率だからなぁ~。」と言います。

五色沼の言葉は、亜梨沙(山口紗弥加)は切れます。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「痛みが分からないお前に教えてやるよ。潰されるのって痛いんだよ。」と言いながら、動画の公開ボタンを押します。

「一滴残らず地球上から干されて消えて。」

亜梨沙(山口紗弥加)の言葉に、五色沼は倒れこみます。

別の日。

夏恋(小川 紗良)に別の連続ドラマの出演が決まったことを亜梨沙(山口紗弥加)から伝えられます。

驚く夏恋(小川 紗良)。

社長は、「五色沼はフローライトとかかわりがないのか?」と花園に聞きます。

花園は、「もちろんです。私も知って驚いています。」と。

花園が、社長室を出ると、亜梨沙(山口紗弥加)を見つけます。

そして、花園は、「今回は、うまく行ったわね。でもあの子は、どの道長続きしないわよ。」と言います。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「これからの夏恋さん(小川 紗良)の努力次第です。」と。

亜梨沙(山口紗弥加)は、「預かった役者の人生を裏切ったり見捨てたりしません。」と言います。

亜梨沙(山口紗弥加)は、携帯の写真に載ったアルバムを開きます。

そこには、勅使河原(社長の息子)との写真を開きます。

実は、亜梨沙(山口紗弥加)と勅使河原 純矢は婚約をしていたのです。

しかし、不倫騒動が出ると、、、

勅使河原 純矢は、離れていってしまうのです。

「さら、ごめん。」と言い残して去ってしまったのです。

亜梨沙(山口紗弥加)は、ぞくっとさせるような目つきで鏡をみるのです。

スポンサーリンク

ブラックスキャンダルの第一話キャスト!

一人目は、矢神 亜梨沙(35)

山口 紗弥加さんが、演じます。

芸能プロダクション「フローライト」の敏腕マネージャー。

所属タレントへの的確なアドバイスと、目的の為なら手段を選ばない姿勢に、周囲からの人望も厚い。

亜梨沙は元々、『藤崎紗羅』という名前の「フローライト」に所属する女優だった。

しかし5年前。突然何の心当たりも無い不倫スキャンダルが原因で、地獄の底へと叩き落とされ、全てを失い、芸能界から追放されるのです。

二人目は、藤崎 紗羅(当時30)。

松本 まりかさんが、演じます。。

「フローライト」に所属する元女優。

5年前に心当たりの無い不倫スキャンダルを写真週刊誌に報じられてしまう。

紗羅は釈明会見を開こうとした矢先、不倫相手とされる俳優が謝罪会見を開き不倫を認めてしまう。

世間の容赦ないバッシングと炎上で一気に地獄の底へと叩き落とされた紗羅は芸能界から追放されます。

紗羅には、フローライト社長・勅使河原友和の息子、勅使河原純矢という大切な婚約者がいたが、その騒動で別れを切り出され去ってしまう。

母親も娘のスキャンダルを苦に自らの命を絶ってしまうのです。

スキャンダルねつ造に関与した人物に復讐をする為、顔を整形する。

『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトで働いている。

三人目は、勅使河原 友和(60)

片岡 鶴太郎さんが、演じます。。

フローライト代表取締役社長。

所属タレントに並々ならぬ愛情を注ぎ、父親の様に尊敬されている。

あらゆる手を尽くして売り込む手腕は本物で、10年でフローライトを芸能界のトップに押し上げた。

四人目は、勅使河原 純矢(38)

安藤 政信さんが、演じます。

フローライト芸能1部チーフマネージャー。

仕事も出来て人望も厚い。

五人目は、花園 由祐子(40)。

平岩 紙さんが、演じます。

フローライト芸能2部チーフマネージャー。

元亜梨沙の現場担当マネージャーで、亜梨沙のスキャンダルをねつ造し、陥れた元凶のひとり。

全日テレビプロデューサーの五色沼とは裏で繋がっており、若手女優を斡旋して仕事をもらっていた。

六人目は、小嶋 夏恋(21)

小川 紗良さんが、演じます。

フローライト芸能2部所属の若手女優。

容姿端麗で才能もあるが、毎回もう少しの所でチャンスを逃し続けている。

亜梨沙が担当することになってからは甘い考えを捨て去り、『芸能界で女優として生きていく』覚悟を決める。

七人目は、阿久津 唯菜(28)

松井 玲奈さんが、演じます。

フローライト芸能1部所属の女優。

連ドラの主演やCM契約数5本を誇るトップ女優。

八人目は、五色沼 仁(45)。

袴田吉彦さんが、演じます。

全日テレビのプロデューサー。

フローライトとは蜜月な関係で、若い女優やアイドルを食い物にしている。

九人目は、巻田 健吾(38)

片桐 仁さんが、演じます。

亜梨沙のスキャンダルを掲載した写真週刊誌『週刊星流』の記者。

十人目は、棚城 健二郎(35)

波岡 一喜さんが、演じます。

元フローライト所属俳優。

ねつ造されたスキャンダルの『亜梨沙の不倫相手』として報道された男。

1年の謹慎期間を経て、復帰して現在も役者として活動している。

十一人目は、犬飼 遊真(30)。

森田 甘路さんが、演じています。

フローライト芸能2部マネージャー。

3年前、花園から『アイドルグループを作れ』と命令を受け、オーディションを経て4人組ユニット『ミルキーロード』を結成する。

何度もメンバーの加入、脱退を繰り返しながらも、今年、ついに努力が実って大ブレイクを果たす。

以上、11人になります。

今後回を重ねるごとにキャストの内容を更新していきます。

【まとめ】ブラックスキャンダルのあらすじとネタバレ!

ブラックスキャンダルのあらすじと第一話のネタバレを紹介しました。

亜梨沙(山口紗弥加)の復讐劇の第一話の餌食になったのが、五色沼プロデューサーでした。

次回は、ねつ造されたスキャンダルの『亜梨沙の不倫相手』として報道された男である棚城 健二郎。

どんな復讐劇が見られるか今から楽しみですね!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です