ブラックスキャンダル感想とネタバレ!第5話!【まさかの結末に、亜理紗も驚く、、、。】

ブラックスキャンダル感想とネタバレ!第5話!【まさかの結末に、亜理紗も驚く、、、。】

亜理紗は、復讐のためにチーフマネージャになろうとしています。

そんな亜理紗に、あるチャンスが訪れます。

勅使河原社長からある条件を満たせば、チーフマネージャに選ぶと。

その条件とは?

ブラックスキャンダル第5話の感想とネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル第5話の感想!

ブラックスキャンダル第5話の感想を紹介していきます。

今回は、まさかの結末でしたね。

そのまさかの結末をここで話してしまいます。

もしネタバレしたくなければ、下のネタバレからご覧ください

それでは、今日のブラックスキャンダル第5話の驚きポイントです。

2つあります。

  • 久保寺社長(=この人に気に入られればCM1本が決まるほど偉い人。)の趣味が赤ちゃんプレイ!
  • 久保寺社長がまさか息を引き取る。

この2つですね。

これまでのブラックスキャンダルの特徴は、亜理紗が毎回悪い人たちを懲らしめる場面で最期を締めくくるのです。

しかし、今回はまさかの社長がアクシデントで息を引き取る形になります。

この展開、「えっ!」と言葉に出してしまうほど驚きました。

今回は、亜理紗の「地球上から消してやる!」のいつもの言葉が聞けないのかと少し寂しい感じもしました。

でも、今回は驚きが多くてそれも忘れていました。

今回出てきた社長の趣味。

それが、赤ちゃんプレイ。

おむつを履いた社長が、ソフィアを追い回すのです。

追い回された女性は、おそらく一生のトラウマになるでしょう。

それぐらい怖いシーンでした。

想像してみて下さい。

赤ちゃん言葉を言う40歳ぐらいの男からホテルの部屋の中で追い回される場面を。

想像するだけで、とっても怖いですよね。

しかもトイレにこもり鍵をかけるのですが、無理やりこじ開けてきます。

もうホラー映画の1シーンのような感じ。

いつもと違う怖さに、今日は1人で夜中にトイレに行くのが怖くなってしまいました。

それほどに怖いシーンです。

以上、ブラックスキャンダル第5話の感想でした。

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル第5話のネタバレ!

ブラックスキャンダル第5話のネタバレポイントは、こちら!

  • 勅使河原社長の提案に驚く花園と亜理紗。
  • 亜理紗と純也。近づいたり離れたり。
  • ソフィアと加恋。社長に選ばれるのはどちら?
  • 社長の驚くべき行動。そして、悲しい結末、、、、。

ネタバレポイントを参考に、こちらをご覧ください。

勅使河原社長の提案に驚く花園と亜理紗。

社長が、亜梨沙と花園を呼び出します。

特別な話です。

芸能界に精通する久保寺社長のパーティーがあるとのこと。

社長の一声で、CMキャラクターが決まってしまいます

社長の勅使河原は、花園と亜理紗がお互いに今人気のタレントを連れていきCMの仕事をとるように指令を出します

CMを取ってきた方が、今後の芸能2部のチーフマネージャーにすると約束するのです。

その言葉に、驚く花園。

「そんな。あたしの立場はどうなるんですか?」と花園が言います。

「なんだ。自信がないのか?」と社長は言います。

花園が自分のマネージャだったころの記憶を思い出す亜理紗。

今度のCMを取るためのパーティーに亜理紗は、加恋を出させることにします

一方、花園は、ソフィアを指名するのです。

ソフィアは、現場で遅刻したり、先輩タレントに喧嘩を売ったり好き勝手なことばかりやっていました。

ソフィアの元へ夏恋が行きます。

元気がなさそうなソフィアに、加恋が心配します。

ソフィアは「お金必要だもん。お父さんが、女の人とそのままどっかいっちゃった。5人の妹と弟がいるの。みんなに、いっぱい食べさせるために頑張らなきゃ。」と自分のことを話始めるのです。

「日本全国どこでもハラスメントばかりで本当に腹が立つ。」とソフィアは怒りの原因を話します。

「でも、夏恋ちゃんに話聞いてもらえて、ちょっとスッキリしたかも!」とも言うソフィア。

事務所では、担当マネージャーの水谷が、ソフィアをなだめます。

しかし「金になる仕事入れて!」と怒るソフィア。

水谷は、「いきなり環境が変わって戸惑ってるんだよね。僕は少し休んだ方が良いと思う。」と言います。

そこへ、花園がやってきます。

花園は、「ソフィアは私が担当する。」と言います。

CMに出れるためにパーティーに参加するように花園は言います。

CMが決まれば収入は何倍にも増えるし。」と聞き、ソフィアはやる気になります。

亜理紗と純也。近づいたり離れたり。

亜梨沙は、エレベーターで純也を見かけるのです。

亜理紗が、去ろうとすつと純也が追いかけていき話しかけます。

俺は、後悔してない(=屋上でお互いに唇を重ねたこと)。沙羅のこと忘れたわけじゃないけど。君は、沙羅に似てる。雰囲気が。似てるとか言って失礼だよね。

純也が、言葉途切れに話します。

それを聞いて少し涙ぐむ亜理紗

その夜、亜理紗の自宅で亜理紗と唯菜が、屋上で唇を重ねたことを話に出します。

「正直不安だった。感触でバレちゃんじゃないかと思った。」と亜理紗が言うと、「もしかしてこのまま付き合っちゃうんですか?八神亜梨沙として。」と唯菜が聞きます。

しかし、自信を持って「私には復讐があるから。」と亜梨沙は言います

ソフィアと加恋。社長に選ばれるのはどちら?

一方、花園は、ある男に、夏恋の写真を渡すのです。

パーティー当日、会場で加恋とソフィアが話します。

お互いにCMに出れるように頑張ろうと言うのです。

久保寺に多くのタレントたちが、話をかけます。

多くのタレントに声をかけられる久保寺。

しかし、久保寺から話をかける女優がいました

ソフィアです。

その場で、泣いていて声をかけるのです。

「寂しくて。故郷のことを考えると。」と泣く演技をするのです。

ふと久保寺は、ソフィアのことを知っていると言うのです。

化粧品のCMに出ている女優だと。

そこから久保寺とソフィアは、話が盛り上がるのです。

ソフィアと久保寺が、お互い貧しい家庭で育ったことに共通があったのです。

しかし、それは、花園の命令

作戦だったのです

ソフィアのマネージャーの水谷は、様子を見に来ます。

ソフィアのことが心配になって様子を見にきた水谷。

しかし、ソフィアが久保寺社長と話しているのを見て帰るのです。

ソフィアと久保寺が話しているところへ、亜梨沙と夏恋がやってきます。

亜理紗は、花園に「せっかくだから紹介していただいても良いですか?」と言うのです。

お互いに自己紹介をします。

しかし、花園が、話を遮り、他の女性に久保寺を手放すのです。

久保寺は、趣味が生け花

女性たちに質問をされていました。

そこへ、加恋が向かい生け花と焼き物の詳しい質問をし始めます

加恋が、焼き物の感想を言うと、久保寺がさらに話を聞きたがります

この作品を作った人は、凄く孤独なひとでは?とまで言うのです。

「この器を作ったのは、僕なんだ。」と久保寺が言います。

驚いた加恋は、その場を離れます。

しかし、久保寺が追いかけていきます。

久保寺は、少し怒っていました。

しかし、正直な意見を言う加恋を、尊敬するのです。

2人で話をするため外に行きます。

花園は、ソフィアに「久保寺社長の部屋に行きなさい。そしたら全てうまく行くから。」と言うのです。

しかしそのやばい花園の話を聞いていた人がいたのです。

巻田です。

盗聴器をソフィアのバッグに仕込んでいたのです。

もちろん亜理紗の命令です。

その頃、久保寺と2人になった夏恋。

「僕にこんなに自分の意見をはっきり言ってくれたのは君くらいだよ。別の場所で飲み直さない?」

「もっと2人でゆっくり話したいんだ。」

まさかの久保寺の言葉に驚く加恋。

そこへ亜里沙が現れます。

「私もご一緒して良いですか?」

夏恋みたいな子供より、私の方がよっぽど良いと思いますけど。

その言葉に、「面白いマネージャだね。」と言い久保寺は去ります。

夏恋がトイレから出ると、ウェイターが水を渡します。

少し立ち眩みがする加恋は、その水を飲みます。

そこへ花園が現れて、「どちらが選べれても、事務所の利益になることには変わりないんだから。正々堂々と戦いましょう。」と言います。

水を飲んだ夏恋は倒れるのです。

加恋がトイレで倒れていたことを花園に知らされるのです。

加恋の元へ行く亜理紗。

ソフィアが、酔ったふりをすると、久保寺が近づきます。

花園は、「よろしければお部屋でソフィアを休ませてもらえませんか?」と言うのです。

久保寺はソフィアを部屋に連れていきます

社長の驚くべき行動。そして、悲しい結末、、、、。

ソフィアが、目を覚ますと久保寺の声が。

久保寺は、「さあ、服を脱いで」と言うのです。

久保寺は、赤ちゃんの格好をして現れるのです。

目を見開いたまま驚くソフィア。

ソフィアは、バスルームへ逃げます。

ソフィアは、水谷に電話をします。

水谷は、ソフィアからの電話を聞き走っていくのです。

その頃、亜里沙が巻田に電話をかけてソフィアの様子を聞きます

すると、巻田から驚きの言葉が。

ソフィアの部屋から叫び声が聞こえると。

それを聞き、亜理紗も走ります。

久保寺は、ソフィアをバスルームから連れ出し、首を絞め始めるのです。

水谷がホテルへ駆けつけると、その様子を見た亜梨沙は水谷を追いかけます。

水谷が部屋に入ると、ソフィアを発見します。

水谷は、ソフィアを抱きかかえます。

ソフィアが指差す先を見ると、久保寺が頭から血を流していたのです。

「ソフィア、何があったの?」と水谷が聞きます。

ソフィアは、襲われて首を絞められたことを話始めるのです。

ソフィアが、自分を守るために久保寺を突き飛ばします

すると、久保寺は風呂に突っ込んでしまったのです。

久保寺は、一瞬起き上がりますが、倒れて込んでしまったのです。

そして、久保寺は、息を引き取るのです。

「どうしよう。私警察に捕まる!もうクロアチア帰れないの?こんなところに来るんじゃなかった。」

「弟たちが、飢え死にしちゃう。」

泣きながら叫ぶソフィア。

水谷は、「大丈夫。僕がなんとかするから。それよりソフィアは早く家に帰って。」と言います。

そして、ソフィアをその場から逃げます。

花園と亜梨沙が現場にやってきます。

久保寺が、息を引き取っているのを発見するのです。

「僕です。僕がやりました。自首します。」と水谷が言うと、「ソフィアは?」と花園が聞きます。

「先に帰しました。」と言うと、花園はソフィアを探しに行きます。

「本当?本当に水谷くんがやったの?」と亜梨沙が聞きます。

さらに、「ソフィアが何か知ってるんじゃないの?」と言う亜梨沙。

水谷は、警察に電話をかけるのです。

花園は、外でうずくまっているソフィアを見つけます。

「あんた、とんでもないことしてくれたわね。全部パァじゃないの。」

花園は、ソフィアに水谷が自首したことを告げます。

花園は、「良かったじゃない。大丈夫。私の言う通り仕事してれば、安全だから。」と言い、ソフィアを連れて逃げるのです。

その頃勅使河原社長は、ある男に会います。

10年ぶりの再会に握手を交わす二人。

「ちょっとした頼み事がある。」と勅使河原が言います。

水谷は、警察に連行されて行ってしまうのです。

その様子を、見届ける亜理紗と巻田。

ブラックスキャンダル第5話のネタバレでした。

第5話の登場人物!

ブラックスキャンダル第5話の登場人物を紹介していきます。

1人目は、矢神 亜梨沙(山口 紗弥加)

「フローライト」芸能2部の敏腕マネージャー。

所属タレントへのアドバイスと、目的の為なら手段を選ばない姿勢に、周囲からの人望も厚い。

亜梨沙は整形をしている。

前は、『藤崎紗羅』という名前で「フローライト」の看板女優だった。

復讐を果たすために整形をしたのです。

2人目は、藤崎 紗羅(松本 まりか)

「フローライト」に所属する元女優。

5年前に心当たりの無い不倫スキャンダルを捏造されて芸能界から追放されてしまう。

社長の息子である純矢は、婚約者だったが、騒動で別れることに。

スキャンダルねつ造に関与した人物に復讐をする為、顔を整形する。

3人目は、勅使河原 友和(片岡 鶴太郎)

フローライト代表取締役社長。

あらゆる手を尽くして売り込む手腕は本物で、10年でフローライトを芸能界のトップに押し上げた。

5年前の不倫騒動の時に、1億円を棚城に払い会見を作り上げた凶の一人。

4人目は、勅使河原 純矢(安藤 政信)

フローライト芸能1部チーフマネージャー。

5人目は、花園 由祐子(平岩 紙)

フローライト芸能2部チーフマネージャー。

元亜梨沙の現場担当マネージャーで、亜梨沙のスキャンダルをねつ造し、陥れた元凶のひとり。

今回は、自分のマネージャー生命をかけて亜理紗と対決する。

6人目は、小嶋 夏恋(小川 紗良)

フローライト芸能2部所属の若手女優。

亜梨沙が担当することになってからは出演本数を増やしている女優。

藤崎沙羅を尊敬している。

7人目は、阿久津 唯菜(松井 玲奈)

フローライト芸能1部所属の女優。

連ドラの主演やCM契約数5本を誇るトップ女優。

八神と結託し不倫騒動に関係した人達を陥れるための手伝いをしている。

でも唯菜の本当の目的はまだ分からない。

8人目は、巻田 健吾(片桐 仁)

八神亜梨沙を、疑い追いかけています。

しかし、亜理紗に弱みを握られて今は、亜理紗の言われるがまま。

9人目は、水谷 快人(若葉 竜也)

フローライトの新人マネージャー。

外人『ソフィア』をスカウト。

ソフィアはすぐにブレイクします。

ソフィアの行動に、いつも頭を下げる役回り。

10人目は、ソフィア(瑛茉 ジャスミン)

水谷にスカウトされてフローライトに所属する事になる外国出身の美人モデル。

CMもすぐに決まり人気がすぐに出るのです。

以上、10人になります。

ブラックスキャンダル第5話の登場人物になります。

【まとめ】ブラックスキャンダル第5話の感想とネタバレ!

ブラックスキャンダル第5話の感想とネタバレを紹介していきました。

今回は、亜理紗と花園の戦いでした。

しかし、最後はまさかの結末が、、、。

ソフィアが逃げてマネージャーの水谷が、警察が捕まる。

悪いことをした久保寺社長は、息を引き取ってしまうのです。

こんな展開誰が予想していたでしょうか?

次回は、自首をした水谷にスポットが。

次回も気になりますね。

ブラックスキャンダル感想とネタバレ!第6話!【裏切り×裏切り。勝者は?】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です